お袋の夜間の不穏状態はずっと続いている。

数か月前までは、僕は2階で寝たいたが、
夜間心配なので、
隣の部屋に寝るようにした。

でも、不安状態から不穏になることが多いので、
少しでも安心するように、
今は同じ部屋に寝ている。

寝室

スマホで写真を撮ったので、
遠近が強くなっているが、
手前に僕が寝る。

奥にはお袋。
この時は、布団をかぶって寝ている。

介護ベッドを入れた。
電動で上下に動き、
頭、足を持ち上げることが出来る。

すぐ横には、ポータブルトイレが置いてある。



夜間、一時間おきに目を覚ます。

下着はリハビリパンツをはき、パット入れている。


以前は、夜中に起きるのは
声出しと徘徊で、
尿はリハパンの中にしていたが、
介護ベッドを入れてから、

トイレ!!!

と呼ぶようになった。
リハビリパンツの中で排尿が、
ポータブルトイレに座って
用を済ますようになった。

介護ベッドからポータブルトイレへの移乗は
介護職員研修で習って、
スムーズにできるようになった。


そのせいかな?


尿意が出て、声を出せば
僕が介助してすぐに済ませることが出来るので、
排せつを思い出したみたいだ。

その代わり、
12時から1時間おきに3~4回呼ばれる。

不思議に、ちょうど一時間。

熟睡しそうになると、呼び起こされてしまう。


おむつをしているから、中にしても大丈夫だ!
起こさないでくれ!!


は、絶対に禁句。
間違っても言わない。

介護現場、病院では時々出る言葉。

人としての尊厳を守りたい。
トイレで用を済ませられるのは
とても重要なことだ。

眠くて、時には起き上がれず
足に力が入らないこともしばしば。

でも、なんとか介助をしている。


それ以外にも、声出しが多い。
歩けないので、お尻をすった徘徊もある。

40~50年前に他界した、お袋の両親を

おとうちゃ~ん
おかあちゃ~ん


と一生懸命呼んで探す。

もう亡くなった、というと、
なんで私に知らせてくれなかったんだと、
わめき、悲しむので、
生きていて実家にいることにしている。

親父の仏壇にお線香をあげることはなくなった。
あれだけ毎日、お水とお菓子を供えて
泣きながら仏壇に向かっていたのに、
記憶の中に親父はいなくなり、
自分は子供の時に返ってしまっている。




僕は、毎日眠れない日が続いている。


8日に診察があり、
夜間の状況を記録した用紙を渡した。
(クリックすると大きくなります)

夜間見守り  

Dr.もこの状況を見て、
僕の体を心配してくれた。


今、認知症の薬、精神薬は飲んでいない。
睡眠薬と、他の病気の薬だけだ。

睡眠薬が全く効かない。

前回の診察の時に、睡眠薬を2種類処方され、
どちらが効果があるか見るように言われた。

また、種類の違う薬なので
両方飲んでも構わないとも言われた。

ベルソラム錠と、ユーロジン錠。
どちらも、大きな差はない。
(上の表の2行目が薬です)

2錠を飲ますのは抵抗があり
どちらかにして、
夜間起きる時間を記録した。


今回の診察で、ユーロジン錠の代わりに、
ルネスタ錠が処方された。

まだ二日だが寝てくれることはなく、
トイレと、声の張り上げは続いている。



いくら薬を変えても、
効かない気がする。
飲んでも飲まなくても同じ気もする。

でも、夜寝てくれることで僕も寝られるので
薬に頼ってしまう。



昼間、ボーっとして、ふらつくことがある。
朝どうしても起き上がれず、
立ち上がるのに、時間がかかることも。
気持ちが悪くなり、吐き気も出ている。


今月、まだ変わったばかりなのに、
本業の仕事で、納期間違えと発注ミスの
非常に大きなポカがあり、
青くなってしまった。

注意力散漫だ。



家族会のお手伝いも、相変わらず受けているし。


花子さんのこともある。



ここまで書いたら、
今の自分は
大変な状況なのだと気が付いた。

書くことによって、改めて見直せた。

毎日の流れで、
つい気が付かないで過ごしている。



何とかしないと。



さて、晩御飯。
鶏肉、つくねを入れて、かぼちゃを煮てみた。
焼鮭。
お酒は高知の酔鯨。

かぼちゃ煮 

ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ