昨年12月1日付で、
お袋の介護度の見直し申請を行った。


昨日、新たに要介護5で認定書が届いた。


昨年の4月に要介護3から要介護4と
認定されたばかりだ。
その時は、僕はまだ2階に寝て、
お袋から呼び出し電話があると、
真夜中でも、1階に行って、お袋の世話をした。

その後、電話も使えなくなり、
2階から1階の隣の部屋に寝て、
今は、同じ部屋で布団を並べている。

昨年の要介護4と認定された時の日記を見ると、
介護負担が大きく変わっている。

介護度の変更基準は、介護負担の大小だ。

夜間の介護が比べようもなく大きくなっている。



今はデイサービス5回と、ヘルパーさん3回。
月に一度のショート。
介護用品のレンタル。

要介護4では単位が足りず、
12月は自費でサービスを使うようだった。

でも、認定が12月1日からなので、
要介護5の単位でサービスを使える。

自費の負担が少なくなりありがたい。



今回要介護5になり、
利用できる単位数が多くなったので、
デイサービスをもう1回増やし、
週6回にしようと思う。

デイサービスのない日は、
一日中寝ている。
体を動かすことがない。

デイに行けば、
周りの人との触れ合い、
軽い運動、
レクリェーションがある。

デイに行くのは全く抵抗がないし、
ない日は朝から、

お迎えに来るの?

と、一日中訪ねている。

健康維持のため、
デイサービスを利用させてもらい、
大変助かっている。



在宅から、特別養護老人ホームへの入居を
考えることがある。

夜間の介護負担が非常に大きく、
僕の体力に不安がある。

もし何かあったら、大変だ。


また、お袋の不安感が強く、
24時間、誰かしらが
そばで見守っていないといけない。

僕が夕食で2階に上がってる少しの時間でも、
僕を探し回り、
這いずりながら、徘徊を繰り返す。

玄関の土間に降り、
ずっとドアを叩いて叫んでいる。

じっと座っていることが出来ない。
いつも動き回る。

多動だ。

お尻とかかとをついての徘徊なので、
お尻には褥瘡ができ、
かかとはヒビ割れから、褥瘡になりそう。



お袋のためにも、
在宅より特養の方が良いのではないかと
アドバイスを受ける。

皆さんが僕の体を心配してくれる。



でもな~~


認知症になった親父を病院で看取り、
認知症の妻を、長期間入院させている。

この上、
お袋までを、施設にお願いするのか。


なんだか、情けないし、切ない。


僕なんかよりもっと大変な状況で、
在宅で介護している人がたくさんいる。



まだ、特養の入居申し込み書を送れないでいる。


ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ