講演会のお知らせ
3月13日(日)  京都府南丹市
京都府南丹市 


一週間ほど前から
花子さんは、下痢が続いている。
 
最初は、吐いてしまい、下痢も重なった。

病院なので、すぐに検査。
ノロウイルス、インフルエンザはないらしい。

でも、微熱が続き、
下痢が止まらない。
 
 

始めのころ、
食事のストップは出てなかったので、
僕が、夕食介助。

にこやかに、食べれていた。
でも、無理してはいけないので、
残念ながら、半分でやめる。


自粛。


下痢が止まらないので、
3日前から、胃に負担がないように、
食事ストップ。
 
 
 
点滴になった。
 
 
 
今日、Dr.から説明を受ける。


下痢はようやく治まり始めている。
下痢止めの薬が処方される。


今の状況から、他の薬はすべて中止になった。

認知症の薬(メマリー)
抗精神薬(ワイパックス)
眠剤(アモバン)
血圧、
胃腸薬;。

今の花子さんには、もうこれらの薬は必要ないだろう。
僕も同じ考えだ。



しばらく(一週間くらい??)の間は点滴だけで様子を見る。
食事(ミキサー食だが)の再開は当分
 
 
ない。
 
 
積極的な治療は


 
しない。
  
 



口から食べ物を入れることなく、
間が開くと、
 
 
食べることを忘れる。
 
 
 
そのまま点滴になることもあるらしい。



でもな~

僕が行って名前を呼ぶと、
視線を合わせる。

ほっぺたに手を当てて
さすりながら
声をかける。


呼び戻すと、
笑顔が出る。

話しかければ、
ちゃんと応える。


医療の終末期と、
家族の終末期は、
地球一周分くらい
離れている。
 
 
 
まだ、元気だよ。


下痢が治まり、
僕が介助すれば、
食事の再開なんて、
すぐに出来る。

ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ