昨日、花子さんは入院していた
消化器内科の病院を退院した。
そして、今までの認知症専門病院へ再入院。

下痢は治まって、普通便が出ている。
今はゼリー食だが、
飲み込みは問題ない。

認知機能は、今回の病気から
かなり落ちてしまったが、
話しかけて、振り向かせれば、
笑顔は出る。


良かった。


認知症以外からくる、
内科、外科等の症状は、
落ち着かせたい。

言葉には出せないが、
下痢の苦しみ、
体の乾き、
寝ているだけの状態、

辛かったと思う。

訴えることが出来ないので、
少しでもわかってあげて、
辛さから解放させたい。


朝から病院へ行き、
退院手続き。

ストレッチャー付きの介護タクシーに乗り、
転院。


再入院だが、
一度退院になったので
新規入院の扱いで、
書類をすべて整え、
検診。

病棟に入ったのは
昼食の時間になってしまった。


さっそく食事介助を行う。

前の病院ではお茶もゼリー状だったが、
ポカリスエットの、とろみ付きにしてもらった。

問題なく飲み込む。
一つも残さず、すべて完食。


久しぶりの顔を見に、
ケアワーカーさん、看護師さんが
のぞきに来て、ご挨拶。

花子さんも笑顔を振りまく。


食べられるようになり、
体力が回復すれば、
また、散歩も再開できる。


無理なく、
少しづつ。




平成26年4月から精神科病院への入院に対して、
法律が変わった。
「医療保護入院者の退院促進措置」

平成26年3月以前に入院した人は
適用にならない。

4月以降の入院からだ。

花子さんは新たに入院なので、
この法律が適用されるらしい。

精神科病院の長期入院を避けるため、
入院期間を区切り、
期日が来たら、
医師、看護師、退院後生活相談員、本人または家族が出席して、
「医療保護入院者退院支援委員会」が開かれる。

その場で継続的な医療の必要がない場合は、
在宅、施設、療養型病院へ移すのを検討。

退院促進のための法律だ。

花子さんの場合は、3か月の期間を区切られた。
3か月後に会議。

Dr.から、

花子さんはすでに終末期に入っているので、
積極的な治療、リハビリはしません。

治療をしないということは、
精神科病院に入院の必要がないので、
この病院から、他に移るようになります。

と言われた。


家に帰って、ネットで、
厚生労働省、精神科学会、病院協会、等々
夜中まで見た。


難しい話になるので、
このことは、また今度。


今日は、下痢が治り、退院できたことを喜ぶ。



では、僕の晩御飯。
1階にはお袋もいなく、花子さんは病院。
一人っきりで、
作る意欲も消えかかっているが、
ここに乗せるという張り合いで
毎日作り続けている。

大根と鶏肉の煮物。
鮭の塩焼き。
お酒は広島の酔心。

大根と鶏の煮もの 


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
今日は花子さんと僕の結婚記念日


40年 ☆ ルビー婚
 


もう40年か~
あっという間だ。


花子さんと知り合ったのが19歳の時。
23歳で結婚。

波乱万丈を繰り返して、

44歳でうつ病の診断があったのが
もう一つの人生の始まり。
52歳の時に、
若年性アルツハイマー型認知症の確定診断。
 あくまでも、我が家の場合

現在、共に63歳。



約20年ごとに大きな転機があった。

誕生から20年までは、成長と青春の時代。
次の20年は、出会いと充実の生活。
そして、ここまでの約20年は、
成熟(程遠いかもしれないが)と闘病。


若いころは苦悩、
厳しい仕事と、苦しい現実もあった。
悩んでもがいていたこともある。


でも子供にも恵まれ、
ようやく安定した生活ができるようになる。

その後始まった、病気との闘い。

辛く、悲しいことの連続だった。



でも、振り返ると、
なぜか不思議に、辛かったことが思い出せない。

こんなことがあったな~
と言うのは浮かんでくるが、
あのころの嘆きは湧いてこない。

楽しかったことはたくさん出てくる。


季節が変わったとき、
公園に行ったとき、
家族会での仲間、楽しみ。
親友達とのなごみ。

いつも、楽しい思い出が出てくる。
笑ったことや、美しい風景が目に浮かぶ。

思い出しながら、
涙ぐんでしまう。

そして今を感謝する。



花子さんの食事介助に行くと、
時々、隣のベッドにに寝ているおばあ様が
話しかけてくれる。


幸せですね。

僕をさしているのか、
花子さんに向かって言っているのか。

昼間、幸せそうに歌をうたってますよ。  

花子さんに、

そうか、幸せなんだ。
 
と話しかけると、
顔をしわくちゃにして笑顔を出す。

良かったね。


頬に手を当てて、目いっぱい撫でる。

それを見て、

いいわね。
 
と言って、涙ぐんでくれた。
目頭を押さえてる。 

ぼくも一緒に、うるっとしてしまった。


幸せだと思われるのは嬉しい。



さて、晩御飯。
花子さんはお休み。

僕は、牛肉と牛蒡の卵とじ。
お酒は愛知県の義侠。

牛肉とごぼうの卵とじ  

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

お袋の他界の記事を読んでいただき、
たくさんの方から、
お悔やみ、僕の体調の気遣い、
コメント、メール、電話を頂きました。

ありがとうございます。

返事はできていませんが、
皆様の温かい励ましを受け止めています。

もちろん、コメントを控えた方もいらっしゃると思います。
アクセス数とランキングで、
気にかけて頂いている方がたくさんいることは
わかります。

力を頂いています。


ありがとうございました。



お袋の告別式の前後は、
どうしても睡眠が浅かった。

寝つきはすごくいい。
横になったら、すぐに寝てしまう。

でも、夜中、2時と5時にいつも目が覚める。
考え事をしてしまい、
寝ることが出来なかった。


告別式が終わった翌々日から、
風邪を引いてしまった。

喉が腫れて、飲み込みがきつい。


皆さんが心配して下さったとおり。


やはり、年だな~


ゆっくり休んだので、
ようやく、復活しつつある。

もう大丈夫です。




その間も、
花子さんの病院には
出来るだけ行っていた。

これは、僕のために。


やっぱり、花子さんの食事介助の時は、
僕にとっても、安らぎの時間だ。

僕が食べさせれば完食。
今の病院は、内科の病棟なので、
認知症の人の食事介助は
あまり得意でない。

食べないとすぐに終わりになってしまう。


でも、消化器の治療は専門だ。


前の認知症病院では、
下痢が出たら、
食事はすべてストップ。

ここは、検査の結果
異常が出なかったので、
口からの食事は、少量でも継続している。

1/4から1/2、
今は、ゼリー食全量になった。

全量ゼリー食 

  全粥ミキサー 160g
  鮭の南蛮漬け
  菜の花おひたし
  白桃ネクター
  高栄養ゼリー エブリッチ

見た目はいまいちだが、
メニューは、おいしそう。



Dr.は、花子さんの症状を見ながら
薬を調整してくれている。

3日前から、
「塩酸バンコマイシン散」(抗生物質)が
処方された。


これを飲み始めてから、
なんと!!!


下痢が止まった。
普通便になった。



昨日、Dr.と面談した。

ようやく下痢が止まり始めました。
もう少し様子を見て、
退院も考えていきます。


退院と言っても、
前の、認知症専門病院へ戻ると言うこと。

でも、食べることが出来て、下痢が止まれば、
最悪のことを考えないで済む。


食べ物を、腸から吸収できず、
下痢になるということは、

経鼻経管栄養 (鼻から管で、胃に栄養を入れる)
胃ろう (胃に穴をあけて、栄養を入れる)

もできないということだ。

もともとこ、この2つの延命治療は
行わないと決めている。

延命治療さえも、できないということ。

点滴で、数か月の命を見守るということになる。


まだ笑顔も出て、
反応もある。

豊かな感情は残っている。

食べることが出来ずに、この表情を奪うことになる。



耐えられない。



今日だって、こんな表情で
反応してくれるんだから。

2016.04.07  

元の病院へ移れば、
特養への道もある。

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ