昨日、花子さんは入院していた
消化器内科の病院を退院した。
そして、今までの認知症専門病院へ再入院。

下痢は治まって、普通便が出ている。
今はゼリー食だが、
飲み込みは問題ない。

認知機能は、今回の病気から
かなり落ちてしまったが、
話しかけて、振り向かせれば、
笑顔は出る。


良かった。


認知症以外からくる、
内科、外科等の症状は、
落ち着かせたい。

言葉には出せないが、
下痢の苦しみ、
体の乾き、
寝ているだけの状態、

辛かったと思う。

訴えることが出来ないので、
少しでもわかってあげて、
辛さから解放させたい。


朝から病院へ行き、
退院手続き。

ストレッチャー付きの介護タクシーに乗り、
転院。


再入院だが、
一度退院になったので
新規入院の扱いで、
書類をすべて整え、
検診。

病棟に入ったのは
昼食の時間になってしまった。


さっそく食事介助を行う。

前の病院ではお茶もゼリー状だったが、
ポカリスエットの、とろみ付きにしてもらった。

問題なく飲み込む。
一つも残さず、すべて完食。


久しぶりの顔を見に、
ケアワーカーさん、看護師さんが
のぞきに来て、ご挨拶。

花子さんも笑顔を振りまく。


食べられるようになり、
体力が回復すれば、
また、散歩も再開できる。


無理なく、
少しづつ。




平成26年4月から精神科病院への入院に対して、
法律が変わった。
「医療保護入院者の退院促進措置」

平成26年3月以前に入院した人は
適用にならない。

4月以降の入院からだ。

花子さんは新たに入院なので、
この法律が適用されるらしい。

精神科病院の長期入院を避けるため、
入院期間を区切り、
期日が来たら、
医師、看護師、退院後生活相談員、本人または家族が出席して、
「医療保護入院者退院支援委員会」が開かれる。

その場で継続的な医療の必要がない場合は、
在宅、施設、療養型病院へ移すのを検討。

退院促進のための法律だ。

花子さんの場合は、3か月の期間を区切られた。
3か月後に会議。

Dr.から、

花子さんはすでに終末期に入っているので、
積極的な治療、リハビリはしません。

治療をしないということは、
精神科病院に入院の必要がないので、
この病院から、他に移るようになります。

と言われた。


家に帰って、ネットで、
厚生労働省、精神科学会、病院協会、等々
夜中まで見た。


難しい話になるので、
このことは、また今度。


今日は、下痢が治り、退院できたことを喜ぶ。



では、僕の晩御飯。
1階にはお袋もいなく、花子さんは病院。
一人っきりで、
作る意欲も消えかかっているが、
ここに乗せるという張り合いで
毎日作り続けている。

大根と鶏肉の煮物。
鮭の塩焼き。
お酒は広島の酔心。

大根と鶏の煮もの 


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ