花子さんが申し込みをしている
特別養護老人ホームへ伺い、
相談員の方と面談をしてきた。

3月に待機の順番が一桁になり、
近づいてきたので、
病院に症状の確認電話があった。

だが、ちょうど下痢が止まらず
治療の最中だったので
治まってから相談をすることにしていた。
 
 
その後、治療のために転院。
快方に向かい、また元の認知症専門病院へ再入院した。

再入院だが、扱いは新規入院と同じになり
新制度の医療保護入院となった。

新制度の入院は、3か月後(人によって違います)に
退院 促進 支援委員会にかけられ
継続入院か、退院して地域に戻り、
地域援助事業者につなげる(厚労省通達)
ことになる。
 
( これらのことはブログに詳しく書きました
  ただし、「地域援助事業者」という言葉は
  初めて使います  )

 
3月にDr.から特養の順番が回ってきたら、
施設入所になるといわれた。

でも、その時は、
花子さんは医療措置が必要な段階で
特養への入所は命を縮めることになると、
僕の考えを伝えた。

その頃はまだ旧制度の入院。
入院期間は定められていない。

でも、再入院で新制度の扱いになり、
3か月後に病院から 
出されて 退院促進をされてしまう可能性がある。



僕は、今の病院に引き続き入院をして
治療をしてもらうことを望んでいる。

ただ、退院支援委員会で
国の方針として、
精神科の治療は行わないので退院が必要と
強引に 決められた場合のことを考えて
特養に相談に行った。


また、僕自身も、もし特養が受け入れてくれるなら、
そこで生活するのも、ありかなと思うようになった。



相談員に現在の状況を説明する。
 
食事の前、夜間に痰の吸引が必要なこと。

今は呑み込みの心配から、ゼリー食になり、
全介助が必要なこと。

座った状態だと食べ物が口からこぼれ、
喉まで届かないので、ベッドに寝たままで、
頭に角度をつけ食べさせている。


声かけをすると笑顔が出て、
時々、反応をする。
表情豊かに応える。

 
 
等々、隠さず、現状をそのまま伝えた。
 
 
特養の相談員の方は、
僕の話をうなずきながらじっくり聞き、
答えが返ってきた。
 
食事の前に毎回痰の吸引ですと、
できる職員がいません。
 
また、看護師は昼間はいますが、
19時になると帰るので、
夜間の対応が難しいです。
 
今の状態だと誤嚥性肺炎を繰り返す
恐れがあります。
 
病院への入院と退院が繰り返されます。

病院へ3か月以上の入院になると、
退所扱いになり、
治っても戻ることができません。
 
もし食事ができない場合でも、
特養では点滴はできません。
 
点滴液をストックしていませんので、
週に1度来る訪問医に処方して頂かないと
いけませんので、処置ができません。
 
食べれなくなった時、
特養では、自然に亡くなっていくようになります。
 
スリブリさんのご要望にはお応えすることができません。

大変申し訳ないのですが、
空きが出ても声掛けするのは難しいです。

 
 
断られてしまった。
 


在宅に戻り、介護保険を使った事業所の利用???
  非常に厳しい。

療養型病院への転院????
  看取りを考えながら?

有料老人ホーム??
  そんなに金がない。

受け入れてくれる特養、老健を探す?

今の病院へ継続入院をお願いする?


どうしたもんじゃろうのう~
 (とと姉ちゃん風に)

 
気を取り直して、晩御飯。

カジキマグロのバター焼き
大根と豚肉の煮物(前日作った残り)
お酒はニッカウイスキーの竹鶴

カジキマグロ 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ