ブログをやっていて本当に良かったと思う。
たくさんの方から、コメント、メールで
アドバイスを頂く。

おそらく、多くのブロガーの方は、
いつも感じていると思う。


花子さんの肺炎から嚥下障害の記事で、
たくさんの方からコメントをもらった。


すべてのコメント、メールが、
僕の介護について気が付かせてくれる。

介護の仕方、心構えを教えてくれる。

これは、このブログを始めてから現在まで、
いつも思っていることだ。



花子さんは、すでに3週間
口から飲み込みをしていない。

寝たままだ。


筋肉の衰えは、
3日間使わないと、すぐに出てくる。

足は痩せ細ってしまった。

当然、飲み込みの筋肉は衰えていると思う。

このまま来週の嚥下機能検査を受けても、
良い結果が出ると思わない。

今の状態で受けるのが
正確な判断かもしれないが、
あえて、悪い状態で受けさせたくない。

飲み込みが厳しいという結果が出て、
口からの食事禁止に結び付けたくない。

少しの運動機能回復で、
食べることは、問題なくでききると思っている。



まだ、


若い。


7月の誕生日で、64歳になったばっかり。


飲み込み、運動機能の回復力は、十分ある。



コメントで口腔ケアをしているかとの問いがあった。
食べることが出来なくなっても、
僕が行ったときは、
必ず、ズポンジブラシで歯を磨いている。

歯にたまった歯垢を、すべて取っている。



介護している奥様を、
嚥下機能訓練をして、食べられるようになったとの
コメントもあった。


口腔ケア、嚥下機能リハビリで検索をしたら、
たくさんの情報があった。

写真、絵だけではなく、
動画もある。


僕が毎日おこなっている、
歯みがき、
口内の、拭き取り、
顔、唇、喉のマッサージとクリームぬり、
体の起こし、手足の運動。

それに少し手を加えるだけで、
口腔嚥下機能訓練になる。
 
歯の汚れを取る歯みがきだけではなく、
頬、あごのの内側、
唇、舌への刺激が大事らしい。


口腔ケアホームページ

この中の、口腔機能訓練のページをコピーして。
4日前から行った。

マッサージで唾液を出させ、
口腔内をスポンジマッサージで刺激を加ええると、
唾液を、
ゴクンと飲み込む。

喉の動きから、
肺には入っていない。

たった4日間の、素人リハビリでも、
飲み込みの改善がある。



少しでも良い状態で検査を受けさせたい。
口から食べることを残したい。


今日は家族会があり、
いつもは懇親会だが欠席をして、
車を飛ばして、病院へ。


8月3日の検査に向けて、
出来るだけの努力をする。



少しだけ前向きになれたので、
僕の晩御飯をアップ。

大根煮と、焼き魚、冷蔵庫に残ってたもやし。
(写真が溜まりすぎて、
 季節の物、採れたて夏野菜ではないが)
お酒は、広島の酔心


大根煮 

ブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


一昨日が、嚥下機能検査。
昨日が、退院促進委員会。

これまでの日記で、日にちを伝えました。
その後どうなったか
気にされている方がいるかもしれません。

ご報告。



まず、嚥下機能検査。
結論から、

検査日の予約だけでした。


介護タクシーを頼み、
車椅子に乗せて、花子さんを専門病院へ。

2時半の予約だったけど、
あらかじめ、外来の順番になるので、
時間がずれるかもしれないと言われていた。


大幅にずれて、3時40分にようやく呼ばれる。


診察室に入り、
検査内容の説明を受ける。
何枚かの書類にサイン。

そして、検査日の予約。

8月3日に入れて頂く。

これで終わり。


あっけなさにびっくり。
今の病院の相談員から、
場合によっては、
入院して精密検査があるかもしれないと言われていた。

食べることができるかの判断。
緊張して、待合室の椅子に座っていた。


でも、通院でOK。
当日は、30分で検査が終わり、
その場で結果を伝えてくれるそうだ。

緊張感が説かれ、
ちょっと、拍子抜け。



その日は、花子さん、朝からまた微熱が出ていた。
息遣いを診た看護師さんが、
途中で痰の吸引をしてくれた。

帰る間際も含めて、
合計2回も。



この病院は、3月に大腸炎で1か月入院したところ。
担当看護師さんは違うが、
きめ細かさでは信頼していた通り。

介護タクシーを呼んで、
病院へ戻る。




そして、昨日は、
医療保護入院の下の、
退院促進委員会。


担当医、看護師、支援委員(いつもの相談員)
4名で、今後のことを話し合った。

一時間かけて、
Dr.と話をした。

かなり、中身の濃い議論。

花子さんの症状のとらえ方の違い。
 医療面では終末期かもしれないが、
 家族として、まだ感情があり、人として生きている。

口からの食事の摂取。
 肺炎を繰り返している現状からは
 経口摂取はできないとのこと。
 僕は、リハビリをしながらでも、
 食べることをできるだけ維持したい。
 嚥下機能検査の結果を待つ。

国の制度の変更とその趣旨、説明。
 そこには本人と家族の気持ちはなく、
 制度が変わったとしても
 すぐに従うのは家族として納得できないし、
 対応もできない。



花子さんの退院とは違うところまで話し合う。


介護家族の気持ちをわかってほしいと思い、
話を広げてしまった。

Dr.も僕の質問に、正面から答えてくれた。



これまでの通り、
主治医からは、

今は認知症の治療はないので、
精神科の病院に入院する必要性はなく、
施設、療養型病院へ移ることを考える。
在宅は、今の花子さんの状態と、
僕の状況を見て勧めない。
(主治医は、以前、僕の精神医療の主治医でもある)


特養からは、今の症状から入所を断られた。

その後、別の特養3か所を訪問して症状説明と、
入所可能かを聞いた。
これまで20か所以上見学をしたが、
絞っていた3か所。

この症状でも入所可能との返事をもらって、
6月末に申込書を送っている。

その特養の順番がわかるのが、
8月上旬。

その状況を見た上の判断ということで、
次の退院促進委員会が
3か月後に設定された。



二つとも決定は先延ばしになった。


結論は急がない。
考える時間が増えて良かった。


予知ができず、
早い速度で変わる花子さんの症状には、
それに合わせた対応が必要と思う。


ブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

今日も病院へ行ってきた。

これは、
僕が花子さんの笑顔を楽しみにしているので、
しょうがない。
自己満足の世界かな。


病室に入ると、
目を見開いて、
空を見ている。

お父さんだよ


話しかけても、
上の空。

頬に手を当て、
何度か呼んでいるうちに、
こっちの世界に戻ってきた。

笑顔が出たので、
満足。


爪が伸びている。
足の小指の爪は、
黒く内出血をしている。

足をバタバタして、
引っ掛けてしまったのだろう。



看護師さんに頼んで、
爪切りを借りる。


花子ちゃん、
爪を切ってあげるよ。



以前、親指の爪が剥がれてしまったが、
半年間で、ちゃんと再生している。



人の生命力を感じる。



右足の中指に、変形している爪がある。
厚くなって、爪切りの隙間に入らない。

角からカットしながら、
何とか整える。


手指の爪を切り始める。

足の爪を切っているときも押さえていたので、
声出しが始まった。

しかめっ面をしている。

花子ちゃん、
嫌なんだ。



そしたら、一瞬声が止まって、

頷いた。


言葉も出なくなり、
感情を訴えることが難しくなっているのに、
ちゃんと意思表示をする。


毎日、一瞬の奇跡を感じる。


何もできなくなっているのに、
意思を表す。


今の僕にとっては、
わずかな奇跡が起こることが、
喜びだ。



病棟を出たとき、
偶然、看護部長と会った。


この人は、入院した時から花子さんを見守ってくれている。
病棟科長の時から、ずっとお付き合い。

昔、キャラバンメイト研修のとき、
僕が介護体験を話したのも、
会場から聞いている。

長いお付き合いだ。


花子さんが頷いたことを話したら、

そうなんですよ。
私が話しかけても、
返事をしてくれます。

管理職になっても、
いまだに、診てくれてるんだ。


立ち話だが、
僕が今思っていることを話した。

明日、嚥下機能検査があるんです。

それは、是非受けてください。
検査をして、
どのようにすれば食べることができるか。
何だったら、食べれるか。
助言があります。


花子さんは食べる意欲があるので、
良い方法が見つかります。



実は、嚥下機能検査には、
少し、後ろ向きだった。

もう食べることはできないと、
最終結論を、突き付けられる気がしていた。


トライしてみるかな。


では、晩御飯。
僕は食べないといけない。
お酒を飲みながらの、気分転換。

スズキのムニエル。
お酒は、広島の酔心。

スズキのムニエル 


ブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


昨日Dr.と面談をして説明を受けた。

熱は下がり肺炎の症状もなくなったので、
明日から抗生物質は終わりにして、
点滴だけにします。


そうですか。
良かったです。
ありがとうございます。


ただ、誤嚥しにくい食事形態(ゼリー食)にしたけど
誤嚥したということは、
食事をさせることは、できないと言うことになります。
食事を再開しないということで納得してもらえるのか、


エッ!!

もしくは、他の病院で嚥下機能検査をして、
食べさせる可能性があるかを確認したうえで、
食事を再開しても大丈夫と言う判断が出た場合、
再開するかになります。


検査をお願いします。
早急にしてほしいです。

今も面会で笑顔が出ました。
食べさせないことで、点滴だけにして、
そのまま見守るだけと言うのは避けたいです。


ご主人だとそうおっしゃると思っていました。
では紹介状を書きます。




Dr.との面談は40分近く続いた。

治療、進行状況、検査、医療保護入院、制度等々

今回の肺炎とは別に、すでに27日に
退院促進委員会の面接が予定されている。

その話まで及んだ。


認知症の本人と、介護家族の気持ちを、
心を込めて話した。
 
 
厳しい状況になっている。




面談後、相談員の方が、
検査をする病院へ電話をしてくれた。

26日に予約を入れた。




今日も病院へ行ってきた。

点滴につながれている。


花子ちゃ~ん

ちゃんと振り向く。

蒸しタオルを借りた。

花子ちゃん。
顔を拭くよ。


顔から、首筋、胸元まで拭く。

ほら、さっぱりした。
気持ちいいね~


なんと、

うなずいた。
しかも、微笑みながら。

ちゃんとわかってるんだよ。
感情はしっかり残っている。

20180723 

何かを話したいんだ。
大丈夫。

僕も、ちゃんとわかってる。

ブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

花子さんが肺炎になって、1週間たつ。

熱は下がってきた。
37度2分前後。

微熱は出ているが、
顔色、唇、口内の血色は良い。

早期の治療のおかげだ。
感謝している。



痰の吸引も少なくなっているそうだ。
痰より唾液の吸引が多くなっている。

唾を飲み込むことができないので、
口からあふれ、詰まる恐れがある。

顔を横向けにして、
タオルを当てているが、
体は元気なので、
足の蹴飛ばし、
体勢の修正ができ、
いつも仰向けになる。

体を横にしたままは、
好きな体勢ではないので
我慢できないようだ。


いつも仰向けだが、
褥瘡(皮膚の擦れ)はできていない。



起きているときは、絶えず声が出ている。

あ~
う~~


うめき声だ。


体は元気そうに見える。


お父さんが来たよ!!


というと、僕のこともわかり、
笑顔を出す。



でも、点滴は外れていない。



看護師さんに聞いたところ、

薬を飲ませるのに、
とろみを強くした水に混ぜて
飲ませているらしいが、
怖さがあるとのこと。



3月に起きた下痢から、
慎重に食事を開始して、
ようやく、美味しそうに食べてくれるところまできた。

1週間口から食べていないので、
飲み込む機能は、衰えていると思う。



花子さんの主治医は、
毎週水曜日に、大学病院からくる。
常勤ではない。

経過観察、治療方針、食事の再開等は、
すべて主治医の指示が必要らしい。


今日、主治医に話を聞きたくて、
診療時間に合わせて病院へ行ってみた。

残念ながら、今週は主治医の出勤日が変更になっていて
今日は休みで、金曜日に来るらしい。

金曜日14時に面談の予約をした。



口から食べるのを、早く再開させたい。
少量のお茶でも構わない。
口の渇きを浸す程度でもいい。
スポンジで濡らすだけでも構わない。
 
 
まだ1週間は点滴が続くだろう。
それは、承知している。


病院へ無理なお願いはしない。
多くの患者を診てきて、
これまでの経験から、
今の症状、状況、嚥下機能、たくさんの症例から
どのような治療が良いか判断をしてくれる。

終末期(大嫌いな言葉だ)の段階に
入っているので、慎重な対応で臨んでいる。


でもな~
家族として、
すごく、



はがゆい。


ブログランキング
に参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

前回の日記で、
花子さんに、立ち上がり、歩行練習を
していることを書いた。
 
そうしたら、
その日の内に、
家族会の戦友からメールがあった。

その方も、若年性認知症の奥様を
介護している人だ。
 
奥様が入所している、
特養の専門職の方から
以前聞いたのを思い出して、アドバイスを頂いた。
 
立位、歩行の練習は、長い間歩いていない人が
再開する場合、ご本人が脚や膝にかかる体重負荷の
過多がわかりませんので、性急に運動量(歩数や
歩行距離の目標等)を増やさず、ほどほどの所で
行うことが重要だそうです。

できれば、リハビリ専門職(PT等)の助言や指導を
得るといいです。

認知症者の場合、言葉でのコミュニケーションができず、
歩行時での負荷の感じ方(キツイとかラクとかの感覚)を
介助者に語れないので、特に注意する必要が
あるようです。
 
特に女性は加齢と共に、男性に比べて骨が脆弱に
なっていやすいので、筋力に見合わない過負荷が
かかり続けていると、疲労骨折的に大腿骨骨折などを
まねく場合も、時にあるようですので。

老婆心から、以上ご参考までお伝えしておきます。


アドバイスを頂いて本当に良かった。
 
転倒、疲労には十分気を付けて、
横に椅子を置いて、休みながら行っているが、
元気そうな歩きを見ていると、

つい、もう少し。
 
と思ってしまう。
 
ゆっくり、慎重に!
 
と言うのを、いましめねば。



夕食介助に行っているが、
花子さんの、呑み込みは良くなってきていた。

20160701夕食 

他の人と同じおかずを、
ミキサーにかけて、ゼリーで固めている。

お粥も、ミキサーにかけてドロドロ状。
寂しいので、いつも、アンパンマンふりかけをかける。
そのままだと、粉が気管に入るので、
良くかき混ぜる。

お粥は飲み込むように食べるが、
ゼリーで固められたおかずと、
デザートの果実ゼリーは
ちゃんと噛んで飲み込む。
 
しっかり噛んでいる。

 
車椅子が直角だと口からこぼれるので、
頭を下げて、斜めにしている。

以前書いた通りの方法。
変わっていない。

食べ物が喉の方に滑るので、
そのまま、ゴックンと飲み込む。

スムーズに食べられるようになった。

今日も、順調でした。
完食で、お茶は2杯飲みました。

 
と、報告して、ベッドに寝かせて、
病院から出る。
 
 

それが、前回日記を書いた12日のことだ。

笑顔もたくさん出たので、
機嫌よく日記を書いた。
 
 
 
翌日、「認知症サポーター養成講座」の
講師を頼まれていて、電車に乗って向かっているとき、
病院から電話。

携帯の発信先に病院が出ると、
いつも、ドキッとする。
 
電車内なので、電話に出てはいけないが、
病院からの電話は、緊急連絡が多い。

幸いすいていたので、
席を立って、車両連結のところまで行き、
電話に出る。

内科医の○○です。

今日の朝から、花子さん、
39度3分の熱が出ました。

痰も多く出てからんでいます。

肺炎の恐れがあります。

今日からしばらく禁食にして、
点滴にします。
抗生物質も入れて治療をします。


わかりました。
よろしくお願いいたします。


講演は16時に終わり、
すぐ家に帰って、車で病院へ。

どうでしょうか。

熱は下がってきました。
今、38度です。
レントゲンを撮ったところ、
肺炎になっていました。

しばらくは今の治療を続けます。


昨日、私が食事介助をしました。
スムーズに食べることができました。

肺に入って誤嚥性肺炎になったのでしょうか。


昨日のがすぐに肺炎になることはないです。

これまでのが溜まって、今回出てきたと思います。





肺炎。



ここんとこ体調もよく、
咀嚼、嚥下も良かった。

まさか、今、肺炎になるとは。

しばらく点滴になる。

せっかく良くなり、
今後のことも、色々と、
熟慮を重ねてきたが。


 
今日も病院へ行ってきた。
熱は37度3分まで下がっていた。

唇、顔色もよく、
目つきははっきりしていた。

痰は絶えず出て、喉にからんでいる。
でも、自分の咳で出すこともできている。



点滴はつながれている。



快方には向かっている。



がんばれ。
良くなってくれ。







調子が良いからと、
安心して希望を持つと、
いつも、反動がやってくる。

こんなことを繰り返しながら、
見守るしかない。




気分転換で、晩御飯。
庭にゴーヤがたくさんなってきた。
今年の夏は、
何回ゴーヤちゃんぷるを作るかな。
 
花子さんに、食べさせたい。

ゴーヤちゃんぷる 



ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
まずはお知らせ

<神奈川県にお住まいの方>

認知症の人と家族の会 神奈川県支部で
「家族支援プログラム」が開催されます。

初期から中期の、介護家族のためのプログラムです。
同じ立場の方々と、何でも話し合える仲間を作る事と、
早い段階で認知症の正しい知識を持つ事を目的として
います。


講習開催期間 2016年8月~2017年1月  
       毎月1回 計6回開催。
場所     桜木町 横浜市健康福祉総合センター
募集人員   18名  残り少なくなってきました
締切     7月15日(金)
追記 締め切りが過ぎましたので受付終了しました。
    ありがとうございました。

対象者    ・初期から中期の認知症の介護をして
        いる介護家族
       ・6回参加できる方
受講料    無料 ただし、会員向けプログラムなので、
          未会員の方は年会費5000円
        ( 会員になると、本部、支部より会報が
          届けられ、つどいにも参加できますの
          でたくさんの情報が得られます)
 
6回の受講テーマ、日時、申込書は下記に詳しく載っています。
毎回、医師、社会福祉士、作業療法士、家族の会会員が講師
を務めます。
僕も、第4回に出席して、花子さんの介護体験の話をする予定
です。
 
    家族支援プログラム2016


< 茨城県にお住まいの方 >


茨城県鹿島病院認知症疾患医療センター
認知症講演会

鹿島病院
  
テーマ  若年性認知症の本人・家族の悩み・
     困難・抱える問題
日時   7月21日(木) 13:30~15:45
会場   鹿島勤労文化会館
入場無料

詳細はこちら
  ↓
鹿島病院認知症疾患医療センター
 



お知らせばかりですみません。
さて、本題。


僕が花子さんの食事介助に行ったときは、
必ずベッドから立たせて、歩行練習をしている。

4月に再入院をしたときは、
主治医から、

花子さんは終末期で、回復の見込みがないので
リハビリは行わない

と言われた。

大腸炎で転院し、
治って今の病院に戻ってきたときは、
長期間点滴だけで、食べていなかったので、
痩せ細っていた。

このまま寝たきりになるだろうと、
誰もが思った。

でも、僕はあきらめなかった。

少しでも栄養と思い、
カステラを食べさせていたのが見つかり、
食べ物の持ち込み禁止になった (^_^;)


布団を蹴飛ばす力はあるので、
行くたびに、屈伸運動と、
曲げから足を押せえ、反発力を見ていた。

僕の体を押しのけるように、力がついてきた。

ベッドから立たすことを始めた。
(看護師さんにみつからないように)

足の力はあるが、バランスが取れない。
ふらついてしまう。

でも、何度か繰り返すと、
軽く支えるだけで、立てるようになった。

そこから、腕を抱え、2歩、3歩とあるく。
強く支える必要がある。

何度も繰り返し、
軽く支えるだけで、病室内を歩けるようになった。

その頃から、
わざと、看護師さんが見えるところで
歩かせる。

立てるんですね。

足の力は強いので、
支えれば大丈夫みたいですよ。

歩行も、100歩くらいなら大丈夫。
慎重に、ゆっくりと。 
 
転ぶことだけは絶対避ける。

そのうち、廊下を歩かせてみたい。


食事はベッドで、頭部を持ち上げてた食べさていたが、
僕が行ったときは、
車椅子になった。

病室から、デイルームに移る。
むせもなく食べられる。

その様子を見て、
昼食も、車椅子になったようだ。



今日行ったら、
作業療法士の方が来て、

今日、立ち上がりを始めました。

報告してくれた。



僕は、

ここまでできるから、こうしてほしい。

と言う要望は、
あまり言わない。

毎日病院へ行って
花子さんに話しかけ、
笑顔を呼び出す。
歩けることも、証明する。

そうすると、僕の介護を見て、
看護師さんの方が試してくれる。
 
すれ違う時に、
花子さんに話しかけてくれる。

今日、笑ってくれました。

と報告してくれる。
 
 

今日は、車椅子から降ろして、
普通の椅子に座らせた。

ベッドで座位を保つのは難しいが、
背もたれがあれば、座っていられる。

これは、まだ看護師さんに見せてない。
もう少し安定したら、
大きな声で、

花子ちゃん、ちゃんと座れるね。

と言って、見せるつもり。

今日の花子さん
椅子に座っています。

2807122 
2807121

困った顔から笑顔へ。
 
やっぱり車椅子より
普通の椅子の方が、健康的に見える。


さて、晩御飯
 
トンテキ、
隣にあるのは前の日の残りの里芋煮。
お酒は秋田の両関

豚テキ


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
まずはお知らせ

<神奈川県にお住まいの方>

認知症の人と家族の会 神奈川県支部で
「家族支援プログラム」が開催されます。

家族支援プログラム2016 

初期から中期の、介護家族のためのプログラムです。
同じ立場の方々と、何でも話し合える仲間を作る事と、
早い段階で認知症の正しい知識を持つ事を目的として
います。


講習開催期間 2016年8月~2017年1月  
       毎月1回 計6回開催。
場所     桜木町 横浜市健康福祉総合センター
募集人員   18名  残り少なくなってきました
締切     7月15日(金)
締め切りが過ぎましたので受付終了しました。
ありがとうございました。


対象者    ・初期から中期の認知症の介護をして
        いる介護家族
       ・6回参加できる方
受講料    無料 ただし、会員向けプログラムなので、
          未会員の方は年会費5000円
        ( 会員になると、本部、支部より会報が
          届けられ、つどいにも参加できますの
          でたくさんの情報が得られます)
 
6回の受講テーマ、日時、申込書は下記に詳しく載っています。
毎回、医師、社会福祉士、作業療法士、家族の会会員が講師
を務めます。
僕も、第4回に出席して、花子さんの介護体験の話をする予定
です。
 
   < 茨城県の方 >

茨城県鹿島病院認知症疾患医療センター
認知症講演会

鹿島病院
  
テーマ  若年性認知症の本人・家族の悩み・
     困難・抱える問題
日時   7月21日(木) 13:30~15:45
会場   鹿島勤労文化会館
入場無料

詳細はこちら
  ↓
鹿島病院認知症疾患医療センター
 


日曜日に、お袋の百か日法要が行われた。
僕と弟、息子夫婦、姉の子、
5人でお寺に行き、読経をしていただいた。

ネットで検索してみると、百か日法要は
「悲しみに泣きくれることをやめる日」らしい。

あっという間に100日が過ぎ、
その間、お袋の法事、手続き。
花子さんの介護、
仕事、
家族会のお手伝い。

毎日手帳には予定がびっしりで、
悲しみに浸ることが出来なかった。
 
毎朝、お線香をあげ、仏壇の中の
親父とお袋の位牌、写真。

欠かさず話しかけて、
感謝と、
見守ってくれることをお願いする。

そのひと時が、心休まる時間にもなっている。


頑張らねば


と、自分に叱咤激励。
 
 
さて、晩御飯
里芋豚肉を煮てみた。
手羽元焼き
お酒は秋田の両関

里芋煮 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ