まずはお知らせ

<神奈川県にお住まいの方>

認知症の人と家族の会 神奈川県支部で
「家族支援プログラム」が開催されます。

家族支援プログラム2016 

初期から中期の、介護家族のためのプログラムです。
同じ立場の方々と、何でも話し合える仲間を作る事と、
早い段階で認知症の正しい知識を持つ事を目的として
います。


講習開催期間 2016年8月~2017年1月  
       毎月1回 計6回開催。
場所     桜木町 横浜市健康福祉総合センター
募集人員   18名  残り少なくなってきました
締切     7月15日(金)
締め切りが過ぎましたので受付終了しました。
ありがとうございました。


対象者    ・初期から中期の認知症の介護をして
        いる介護家族
       ・6回参加できる方
受講料    無料 ただし、会員向けプログラムなので、
          未会員の方は年会費5000円
        ( 会員になると、本部、支部より会報が
          届けられ、つどいにも参加できますの
          でたくさんの情報が得られます)
 
6回の受講テーマ、日時、申込書は下記に詳しく載っています。
毎回、医師、社会福祉士、作業療法士、家族の会会員が講師
を務めます。
僕も、第4回に出席して、花子さんの介護体験の話をする予定
です。
 
   < 茨城県の方 >

茨城県鹿島病院認知症疾患医療センター
認知症講演会

鹿島病院
  
テーマ  若年性認知症の本人・家族の悩み・
     困難・抱える問題
日時   7月21日(木) 13:30~15:45
会場   鹿島勤労文化会館
入場無料

詳細はこちら
  ↓
鹿島病院認知症疾患医療センター
 


日曜日に、お袋の百か日法要が行われた。
僕と弟、息子夫婦、姉の子、
5人でお寺に行き、読経をしていただいた。

ネットで検索してみると、百か日法要は
「悲しみに泣きくれることをやめる日」らしい。

あっという間に100日が過ぎ、
その間、お袋の法事、手続き。
花子さんの介護、
仕事、
家族会のお手伝い。

毎日手帳には予定がびっしりで、
悲しみに浸ることが出来なかった。
 
毎朝、お線香をあげ、仏壇の中の
親父とお袋の位牌、写真。

欠かさず話しかけて、
感謝と、
見守ってくれることをお願いする。

そのひと時が、心休まる時間にもなっている。


頑張らねば


と、自分に叱咤激励。
 
 
さて、晩御飯
里芋豚肉を煮てみた。
手羽元焼き
お酒は秋田の両関

里芋煮 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ