前回の日記で、
花子さんに、立ち上がり、歩行練習を
していることを書いた。
 
そうしたら、
その日の内に、
家族会の戦友からメールがあった。

その方も、若年性認知症の奥様を
介護している人だ。
 
奥様が入所している、
特養の専門職の方から
以前聞いたのを思い出して、アドバイスを頂いた。
 
立位、歩行の練習は、長い間歩いていない人が
再開する場合、ご本人が脚や膝にかかる体重負荷の
過多がわかりませんので、性急に運動量(歩数や
歩行距離の目標等)を増やさず、ほどほどの所で
行うことが重要だそうです。

できれば、リハビリ専門職(PT等)の助言や指導を
得るといいです。

認知症者の場合、言葉でのコミュニケーションができず、
歩行時での負荷の感じ方(キツイとかラクとかの感覚)を
介助者に語れないので、特に注意する必要が
あるようです。
 
特に女性は加齢と共に、男性に比べて骨が脆弱に
なっていやすいので、筋力に見合わない過負荷が
かかり続けていると、疲労骨折的に大腿骨骨折などを
まねく場合も、時にあるようですので。

老婆心から、以上ご参考までお伝えしておきます。


アドバイスを頂いて本当に良かった。
 
転倒、疲労には十分気を付けて、
横に椅子を置いて、休みながら行っているが、
元気そうな歩きを見ていると、

つい、もう少し。
 
と思ってしまう。
 
ゆっくり、慎重に!
 
と言うのを、いましめねば。



夕食介助に行っているが、
花子さんの、呑み込みは良くなってきていた。

20160701夕食 

他の人と同じおかずを、
ミキサーにかけて、ゼリーで固めている。

お粥も、ミキサーにかけてドロドロ状。
寂しいので、いつも、アンパンマンふりかけをかける。
そのままだと、粉が気管に入るので、
良くかき混ぜる。

お粥は飲み込むように食べるが、
ゼリーで固められたおかずと、
デザートの果実ゼリーは
ちゃんと噛んで飲み込む。
 
しっかり噛んでいる。

 
車椅子が直角だと口からこぼれるので、
頭を下げて、斜めにしている。

以前書いた通りの方法。
変わっていない。

食べ物が喉の方に滑るので、
そのまま、ゴックンと飲み込む。

スムーズに食べられるようになった。

今日も、順調でした。
完食で、お茶は2杯飲みました。

 
と、報告して、ベッドに寝かせて、
病院から出る。
 
 

それが、前回日記を書いた12日のことだ。

笑顔もたくさん出たので、
機嫌よく日記を書いた。
 
 
 
翌日、「認知症サポーター養成講座」の
講師を頼まれていて、電車に乗って向かっているとき、
病院から電話。

携帯の発信先に病院が出ると、
いつも、ドキッとする。
 
電車内なので、電話に出てはいけないが、
病院からの電話は、緊急連絡が多い。

幸いすいていたので、
席を立って、車両連結のところまで行き、
電話に出る。

内科医の○○です。

今日の朝から、花子さん、
39度3分の熱が出ました。

痰も多く出てからんでいます。

肺炎の恐れがあります。

今日からしばらく禁食にして、
点滴にします。
抗生物質も入れて治療をします。


わかりました。
よろしくお願いいたします。


講演は16時に終わり、
すぐ家に帰って、車で病院へ。

どうでしょうか。

熱は下がってきました。
今、38度です。
レントゲンを撮ったところ、
肺炎になっていました。

しばらくは今の治療を続けます。


昨日、私が食事介助をしました。
スムーズに食べることができました。

肺に入って誤嚥性肺炎になったのでしょうか。


昨日のがすぐに肺炎になることはないです。

これまでのが溜まって、今回出てきたと思います。





肺炎。



ここんとこ体調もよく、
咀嚼、嚥下も良かった。

まさか、今、肺炎になるとは。

しばらく点滴になる。

せっかく良くなり、
今後のことも、色々と、
熟慮を重ねてきたが。


 
今日も病院へ行ってきた。
熱は37度3分まで下がっていた。

唇、顔色もよく、
目つきははっきりしていた。

痰は絶えず出て、喉にからんでいる。
でも、自分の咳で出すこともできている。



点滴はつながれている。



快方には向かっている。



がんばれ。
良くなってくれ。







調子が良いからと、
安心して希望を持つと、
いつも、反動がやってくる。

こんなことを繰り返しながら、
見守るしかない。




気分転換で、晩御飯。
庭にゴーヤがたくさんなってきた。
今年の夏は、
何回ゴーヤちゃんぷるを作るかな。
 
花子さんに、食べさせたい。

ゴーヤちゃんぷる 



ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ