昨日Dr.と面談をして説明を受けた。

熱は下がり肺炎の症状もなくなったので、
明日から抗生物質は終わりにして、
点滴だけにします。


そうですか。
良かったです。
ありがとうございます。


ただ、誤嚥しにくい食事形態(ゼリー食)にしたけど
誤嚥したということは、
食事をさせることは、できないと言うことになります。
食事を再開しないということで納得してもらえるのか、


エッ!!

もしくは、他の病院で嚥下機能検査をして、
食べさせる可能性があるかを確認したうえで、
食事を再開しても大丈夫と言う判断が出た場合、
再開するかになります。


検査をお願いします。
早急にしてほしいです。

今も面会で笑顔が出ました。
食べさせないことで、点滴だけにして、
そのまま見守るだけと言うのは避けたいです。


ご主人だとそうおっしゃると思っていました。
では紹介状を書きます。




Dr.との面談は40分近く続いた。

治療、進行状況、検査、医療保護入院、制度等々

今回の肺炎とは別に、すでに27日に
退院促進委員会の面接が予定されている。

その話まで及んだ。


認知症の本人と、介護家族の気持ちを、
心を込めて話した。
 
 
厳しい状況になっている。




面談後、相談員の方が、
検査をする病院へ電話をしてくれた。

26日に予約を入れた。




今日も病院へ行ってきた。

点滴につながれている。


花子ちゃ~ん

ちゃんと振り向く。

蒸しタオルを借りた。

花子ちゃん。
顔を拭くよ。


顔から、首筋、胸元まで拭く。

ほら、さっぱりした。
気持ちいいね~


なんと、

うなずいた。
しかも、微笑みながら。

ちゃんとわかってるんだよ。
感情はしっかり残っている。

20180723 

何かを話したいんだ。
大丈夫。

僕も、ちゃんとわかってる。

ブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ