花子さんの主治医は、
一週間に一度、
毎週水曜日に病院へ出勤する。

前回の面談から一週間。
今週24日も面談を入れてもらった。

肺炎の症状を聞く

熱は下がりましたが、36.7~37度の
微熱は続いています。

血液検査をしたところ、
炎症反応(CRP)は0.5で下がってきています。
白血球は、17,500です。
まだ高い状態が続いています。
もう1週間、抗生物質の投与を続けます。



先週聞きそびれたこと、
そして、聞いておかなければいけないことを質問した。

今水分補給の点滴だけになっています。
これからも、経口摂取はせずに
点滴だけとのことですが、

余命はどのくらいでしょうか。


すでに7月から点滴になっています。
途中、経口もありましたが、
わずかな量なので、十分な栄養になっていません。

あと、一か月と診ています。

エッ!!
一か月ですか。


その人の持つ体力によって違いは出ますので、
断定はできませんが、
これまでの経過からそのように診れます。


僕には全く想像できない。
こんなに表情が豊かなのに、
あと一か月の命なんて。



何も食べさせなく、
点滴だけで死なせるのは、
どうしても我慢できません。

誤嚥から詰まらせてしまうリスクは
私が背負いますので、
少しでも口から食べること。
味を楽しませることはできませんか。

私たち医師は、病気を治すことに努力をしています。
命の危険がわかっているのに、
食べさせることはできません。


このまま何もせずに点滴だけで死なせて良いのか。

延命措置は望んでいません。
それは、認知症の進行から意識もなくなり、
寝ているだけの状態を想像していたからです。

これまでも、頑張って、生きてきたので、
胃瘻や経鼻経管栄養などの
延命措置はしないと決めていました。

でも、まだ感情があり、生きる力がある今、
何もせずに看取ってよいのか。

だけど、、、
止めることが出来ない、
認知症の進行を考えた時、
延命が適当なのか。

毎日、絶えず考え、
気持ちが揺れ動いています。

認知症の発症からすでに12年経っています。
胃瘻をする意味があるのかです。
ただ、これは家族の判断です。

ご主人がどうするか決めた時は
そのようにします。

このまま点滴を継続する場合は、
最後までこの病院で看取りをします。

他の方法を選択する時は、
精神科の病院での入院は限界がありますので、
療養型病院へ移っていただくようになります。




ひと時も頭から離れることなく、
絶えず、絶えず考えている。


今日の夜、息子夫婦と会う。
今週初めに、会ったばかりだが、
日々変わる状況を話す。


家族会の先輩達に電話をして、
話を聞いてもらった。
明日も会う予定。

ほかのDr.、専門職からもアドバイスをもらう。

今月の12日以降、5か所の療養型病院を回った。
今日も午後に1か所予約を入れてある。

このブログを通じて、たくさんの方から
コメント、メールを頂いた。
僕にとって、大きな支えになっている。
すごく感謝をしています。


来週の水曜日も、
Dr.との面談を入れた。
週に一度が歯がゆい。

緊急性が必要。

それまでに結論を出す。



昨日も花子さんのところへ行ってきた。
今も、口腔ケアと、口腔ストレッチを行っている。

相変わらずの笑顔を見ながら
話しかけていると、
涙がにじんでくる。


ブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ