今日からようやく、
栄養補給が始まった。

鼻からの水分補給は
白湯だけだったのが、
5%のブドウ糖液に替わる。


でも、ブドウ糖液。
ビタミン、タンパク質は、まだ先。


徐々に、徐々に。



とは言いながら、どうしても気が焦る。
おそらく、来週まではこのままで、
栄養分が入るまでは、
しばらく、時間がかかる。



状況は、かんばしくない。


昨日、39度2分まで熱が上がった。


酸素が不足しているので、
マスクをつける。



栄養補給の鼻の管。
食事以外のときは延長され、

胃の開放

嘔吐の危険がある場合、
胃の中にまで管を入れ、
胃液等を出す。

ベッドの横にパックがある。
僕は、尿道カテーテルが入ったのかと思って、
チューブの先をたどったら
経鼻栄養の管につながっていた。





なえてしまいそう。





ゆれる





でも、

花子ちゃん

と呼ぶと、

う~ん。

と言って、僕を見る時がある。



今まで寝ていたのに、
呼びかけると、
言葉にはならないが、
会話ができる。



まだ、若い。
反応もしめす。




僕たちだって、
3か月間、
水分補給だけで断食したら、
意識はもうろうとなり、体は動かない。


同じ状態。


栄養さえ入れば。





だが、、、つらい






2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ