今年も、
たくさんの方にお世話様になりました。

色々な場面で支えていただき、
励ましをいただきました。

ありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

今日病院へ行ったら、
ベッド横のサイドテーブルに、
写真入りのクリスマスカードが置いてあった。

開けてみると、
赤い帽子をかぶった花子さんを真ん中にして、
病院スタッフが着替えをして、
サンタさんの服、ひげ。
看護師さんは、トナカイの着ぐるみ。
ドクター、理学療法士に囲まれている。

クリスマスカード1  

 
花子さんは、「クリぼっち」ではなかったようだ (^.^)


一週間前には、ボランティアの人が来て、
ホールで音楽会。
車椅子に乗って見学をした。

音楽会 

僕も時間を合わせて行く。

音楽好きの花子さんは、
わずかだが、ちゃんと反応していた。


2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
昨日のクリスマスイブは、
親友の家のクリスマスパーティーに
呼ばれ行ってきた。

17時半ごろ、友人からメール。
毎年恒例の、
親友6家族で集まる新年会の打ち合わせ。

何通かやり取りをしていて、

スリブリは、今日はどうしてるの?

この前テレビで、一人ぼっちのクリスマスを
「クリぼっち」と言って、多いらしい。
うちもそれだよ。

じゃあ、今からおいでよ。

すぐに電話もあり誘われた。


いつもだったら断るんだけど、
なんか、昨日は、なんとなく寂しくて、

誰か遊んでくれないかな~
話をしたいな~

なんて考えていた。


その前、13時に花子さんの病院へ行き、
様子を診る。

19日から始まった鼻からの水分補給だが、
前日から、熱が37度9分まで上がり、
誤嚥性肺炎の疑いで、
またストップになっていた。
 
 
一進二退 が続いてる。
 
 
がっかりして病院から出る。



病院、仕事、他にも抱えていることがあり、
ここ数か月
気分が落ち込み
もろくなっていた。

寂しく感じていた時に、
なんてグッドタイミングの電話。

誘いに甘えて、行くことにした。



親友の家は、3駅先で30分くらいで行ける。
四世帯同居家族。

90歳の要介護3のお母さん、
友達夫婦。
息子夫婦に子供2人。
一軒に7人同居だ。



出てきたケーキ、ピザは、スポンジ、生地から手作り。
ローストチキンは、
横浜で有名な鶏肉屋さんから買ってきたらしい。

ケーキもピザも八等分で、ちょうどいいよ。


などと、気を使われる。



部屋はクリスマスの飾りつけがしてあり、
サンタの帽子と、トナカイのカチューシャをつけて
記念写真。

クリスマス1


みんなで、プレゼント交換。
お母さんには、おしゃべりする人形が渡された。
介護人形だ。

クリスマス2





いや~

日本的な、平和で幸せいっぱいのパーティーだ。
こんなクリスマスがあるんだ。
すごく暖かい。

輪に入れてもらい、
喜びを分けてもらう。



この友達夫婦とは、
結婚前、20歳の夏に、
4人で鳥取・山陰を
車で、超貧乏旅行をした。

車に寄り掛かった花子さんの
水着写真を見せてもらった。

若く、かわいい。

家にはないので感激。


23歳の時に、4人で、韓国に行ったこともある。
かみさん二人の、
チマチョゴリの写真も出てきた。



楽しかった思い出を話していると、
懐かしく、
そんな時もあったのかと、
涙が出てきた。



感謝。


2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

先月下旬から、
花子さんのリハビリを担当してくれる、
理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)と、
連絡ノートを作った。
 
連絡帳

これがすごく役に立っている。

テーブルサイドの引き出しに入れてある。


OT、PT、STからは、
その日に行ったリハビリが書かれる。
看護師とは違った目線で、
体の状態が書いてある。

僕も病院へ行った時は、
僕がおこなったリハビリを書く。

お礼の一言の時もあるが、
書いていただいた後には返事を添える。
 

このノートで、リハビリの各担当と、
日時を合わせ、
僕のリハビリを見てもらう。

手を添えてもらい、
マンツーマンで、指導。

リハビリの目的を合わせることで、
方法がわかり、
適切なマッサージ、運動が出来る。


何よりも、僕の気持ちが伝わり、
向き合ってくれることが嬉しい。
 
 
来月からリハビリの時間が少なくなる。
3人の担当からは、
少なくなっても家族が来たときにできるリハビリを。

と言うことで、
ベッドからの起こし方、座り方を教えてもらっている。

ちょうど一年前に、
介護職員初任者研修の通学をし、
資格を取った。(旧ヘルパー2級)

実務で使っていないので、
忘れていることが多い。


昨日は、側臥位(そくがい)から仰臥位(ぎょうがい)
仰臥位(ぎょうがい)から長座位(ちょうざい)
長座位(ちょうざい)から端座位(たんざい)
を行った。(^.^)
(クリックすると説明あり)

ベッドの端に腰掛け、足を下げて、15分座らせた。(端座位)

やはり、寝ているより体を起こした方が、
活気も出てくる。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


先週、病院から医師との面談予約が入り、
今日、行ってきた。


花子さんが今の病院へ転院したのが9月8日。
3ヶ月目の面談だ。

医師から、

最近はっきりしていることが多くなってきましたね。

栄養が入ったことによって元気になってきたのを感じます。

ただ、体重が減ってきています。
今27.1kgです。


リハビリで座らせたり、車椅子に乗せ始めたので、
運動量が多くて、体重が減ってきたと思います。

リハビリの算定もあり、

年明けの1月6日から、
リハビリが3分の1ぐらいに減ります。
これまで毎日二人入っていましたが、
週に2~3回、一人になります。

OT、PT、STが入っていますが、PTだけになります。

ようやく反応が良くなってきたので、
これからリハビリの効果が出ると思っているのですが。


今はリハビリをして体重が減っているということは
体に負荷がかかっています。
体重を減少させないように、
過度な運動は控えます。

今は中心静脈栄養なので、
最低限のカロリーだけしか入っていませんので、
運動によって体重が減るのはわかります。

ただ家族としては胃ろうを望んでいます。
胃ろうで栄養が入ることによって
体力もつきリハビリの効果が出ると思います。

中心静脈栄養から、経鼻経管栄養、胃ろうには
移れるのでしょうか。

熱もなく落ち着いてきていますので
来週から経鼻経管で水分を入れる予定にしています。
様子を見ながら時間をかけて進めます。

胃ろうまでいけるかは何とも言えないです。

感情も出てきたので、栄養が入ることで
体力もついてくると思います。

あまり過度の期待を持たない方が良いです。
家族が過度に期待すると患者のストレスになります。



過度な期待じゃなく、
元気になって欲しいという気持ちだけなんだが。


リハビリに充実している病院だが、
厚生省の指導で、算定日数が決められている。

花子さんの場合は呼吸器の疾患として
算定が決められている。
調べたら日数は90日だ。

それ以降は点数化が少なくなり、
病院としてもお金が入らなくなる。

 
介護保険の締め付け同様、
ここでも本人の回復力に向けてのリハビリより、
日数で決められたリハビリ期間と言う枠がある。



でも、前の病院で
8月末の時点で
余命1ヶ月と宣告された。

それが、まだ生きている。

反応も良く、笑顔も出て、呼ぶと振り向く。
口を閉じることもできるようになった。

良かった。



2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

言語聴覚士(ST)に
僕の口腔ケアを見てもらった。


ネットで口腔ケアを調べると
たくさんの情報サイトが出てくる。
そこから、「口腔機能訓練」を選び印刷。
前の病院のときから、
参考にしてケアをしている。


ユーチューブでも、
動画で方法が紹介されている。


多くの情報を参考にするが、
直接教わってないので、
どうしても自己流。

STに予約をして見てもらうことにした。



花子さんのところへ行ったときに
毎回使う、七つ道具を出しながら、
いつものケアを見てもらう。



まずは唾液腺マッサージを行い、
口腔周囲筋ストレッチを行う。

外側のマッサージを終えたところで意見を伺う。


マッサージが力強くて、
スピードも速すぎると思います。

ご主人のペースで行うのではなく、
花子さんの表情を見ながら、
ゆっくりと行った方が良いです。

男の力で、自分のペースでマッサージをしていた。
STさんのやり方を見せてもらった。

僕と比べると、
やっているのかわからない
ゆるさと、遅さ。


頬のマッサージとともに、
頭部、首、頚椎のマッサージも始めた。

口腔ケアは、口だけではなくて、
首から上の筋肉も大切です。

頭はたくさんのツボがあるので、
マッサージをすると気持ちよくなってくれます。

花子さん、
叫びが収まって、
目がトロンとしている。

ご主人も疲れたときに
マッサージを受けるといいですよ。
私もマッサージのお店に行きます。
どこをどのようにすれば
気持ちが良いのかわかります。

体験するのも大切です。

僕の手に添えてもらいながら、
力加減と、ゆるさを教えてもらった。


口の中に移る。
口腔内ストレッチ

いつものように
スポンジ歯ブラシを使って見てもらう。

スポンジに水を含ませ、
唇を濡らしてから始めるといいです。
これから口の中に歯ブラシが入るのを
知らせることができます。

スポンジに水を含ませてなかった。
唾液で歯ブラシが濡れるので
良いと思っていた。


歯ブラシの使い方、
口腔内のマッサージ、
ガーゼを使っての掃除は
OKが出た。



次が、聞きたかったとこ。

僕は、長い金属スプーンを使って、
舌と頬の内側をマッサージしている。

かなり強い力で、舌に刺激を与えている。
舌の動きを高めよう考えている。

口腔ケアには、
アイスマッサージという方法がある。

凍らした綿棒、氷水につけたスポンジブラシを使い、
舌を刺激する。

呑み込みの反射を刺激する方法だ。

病院では氷が使えないので、
スプーンの冷たさを利用している。


でも、これは僕が考えた方法。
これが良いのか。



STは、スプーンを見ながら考え込んでいた。

スプーンの形状から
やり方としては良いと思います。

でも、金属なので、
噛んだ時に歯に影響がないのか。
無理して気持ち悪くなることがないか。

たまに舌を強く押すと、
えずくこともあります。

それは危険です。
それで嘔吐すると、
口から肺に入り、
肺炎になります。

口の中からの刺激ではなく、
頭から首の付け根の
頚椎の周りをマッサージをすると
飲み込みも良くなります。

頚椎のマッサージも教えてもらった。


強い刺激が加われば良いと思い、
力まかせにケアをしていた。


お願いして、
これから毎週土曜日の午後、
一緒に口腔ケアをすることになった。




誤嚥性肺炎の予防、

そして、

先は長いが、
食べられるように
なりますように。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ