2月20日から続いていた発熱が
3月4日に下がり始め、
6日から、ようやく36度台になった。


3月3日にDr.と面談。

明日(4日)中心静脈のカテーテルを抜きます。
熱が出始めてから抗生物質を入れましたが、
これだけ長期間、熱が下がらないのは、
感染した菌が残っているかもしれません。

残っていると、いくら周りから叩いても、
菌が抜けません。
カロリーは入らなくなりますが、
末梢点滴の水分だけにして様子を見ます。


4日にカテーテルを抜き、
検査に出したところ、
菌があったそうだ。

やはり中心静脈からの感染だった。
再び起きてしまった。
 
 
高熱の体力消耗は大きい。
活気もなく、青白い顔が続いた。
 
 
万が一のことも考えるほどだった。



熱が下がると、
また、元気が出てきた。

声も出るし(大きなわめき声だが)
呼ぶと振り向く。

昨日は、

花子ちゃん、
お父さんだよ。
わかる?

と言ったら、

笑顔が出た。
奇跡の復活だ。

290307 

もっと、顔をくしゃくしゃにした笑顔もあった。

1ヶ月ぶりの笑顔に再会した。


まずは一安心。

まだまだ。


ただ、次の段階へ進むのがまた遠のく。

中心静脈栄養で感染が2度出た。
どのようにするのか。



前々から、10日にDr.との面談が設定されている。
3ヶ月ごとの定期面談。

転院して6か月。
医療療養型病院なので、
当初、6か月目に退院となっていた。

どんな話があるのか。



前にリハビリ担当との間に作った、
連絡ノートのことを書いた。

これがすごく役に立っている。

僕が病院へ行ったときは、
毎日、様子を書き、
要望、
僕の気持ちを書いている。

それが看護師に伝わり、
Dr.の耳にも入っている。

3日の面談も、
僕が心配しているのが伝わった。

療養型病院のDr.は、
受け持ち病棟、患者数がすごく多い。

家族の願いを伝える貴重なノートだ。


さて、晩御飯。
鰈の煮付けを作ってみた。
熱燗で一杯。

鰈煮付け

2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ