花子さんが疥癬(かいせん)の診断を受け、
ちょうど1週間。

昨日は1週間目の検査があった。


幸い、陰性。
ダニは見つからなかった。

でも、皮膚の下に空洞部分をつくり、
そこに、ダニの卵があるかもしれない。
卵は検査では見つからない。

あと2週間、
今の、カーテン隔離が続く。

来週もう一度検査をして、陰性になるか。
そして、3週目にもう一度検査。

そこでダニが見つからなければ、
ようやく、完治。

あと2週間は不自由な思いをさせないといけない。

290728 

スマホで自撮りをした写真。


僕は、青いビニールの長袖エプロン。
両手は、手袋。

花子さんは、しっかり僕を見ている。
 
顔や手足の先には湿疹はない。
 
顔なんて、毎日お風呂に入るので、
血色もいいし、つやつやしている。
髪も黒くてサラサラだ。

でも、脇から背中にかけて
湿疹が大きく広がっている。


今は話しかけながら、口腔ケアだけ。
ベッドの横に座らせる、端座位は行っていない。

起こして座らせるには、全身を抱え込まないといけない。

あまり刺激を与えない方が良いと思い、
座らせていない。


花子さんは座っているとき、
両足を、大きく貧乏ゆすりをする。

スタッフの人は、
けいれんと思うほど。
 
貧乏ゆすりは、
良い運動。
 
それができないな~
 
 
カーテンで覆われているので、
外も見えない。

季節の移り変わりも感じられない。
寂しいな~



これまで時々起こっていた
37℃から38℃の発熱は出ていない。

痰の吸引も少なくなっている。

疥癬以外は健康。

これだけが、幸いだ。


さて、晩御飯。
鶏のもも焼き。
前日の残りのチゲ豆腐と、ほうれんそうのお浸し。
お酒は神戸の瀧鯉を、ぬる癇にしてみた。

鶏もも焼き 


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
花子さんが、65歳の誕生日を迎えた。

  昔々、10代・20代のころ、
  65歳の人は、
  お爺さん、お婆さんと思っていた。
  でも、その年になってしまった。

  「65」という数字が信じられない。

  まあ、若い連中は
  僕たちが10代のときに思っていたのと
  同じように見ているのだろう。

  こんなことを書くこと事態、
  年寄りの始まり、

  ひとりごと。

65歳になった。


今から13年前、

52歳の時に、
アルツハイマー型若年性認知症
と確定診断された。

当時、ネットで検索しても、本を読んでも、
若年性アルツハイマーの余命は
7~8年と書かれていた。


でも、まだ生きている。


昨年7月、
誤嚥性肺炎から、末梢点滴(水分だけ)になった。
8月下旬に、Dr.に余命を訪ねた。

あと1か月と言われた。


でも、まだ生きている。


65歳の誕生日に
病院のスタッフからもらったバースデーカード。

1週間前に、ケーキを渡され写真を撮ってくれた。

バースデーカード  


細い糸を綱渡りのように歩っている。

今は、一時期の細い糸が、
タコ糸になり、麻ひもか。
綱は来るのかな。

不安定な状態に変わりない。
僕が、バランス棒になるから。


毎日病院へ行って、
疥癬(かいせん)の状態を見ている。

顔や手足は異常がない。
わきの下から背中にかけて、
発疹が出ている。


時々、かゆみと痛みを訴えるように、
顔をしかめ、声を出し、手足を動かす。

足を突っ張るようにするので、
看護師さんにお願いし、
ベッドの柵 (以前からベッドから落ちないように
        前後左右4点柵をしている)
の足側に、カバーをかけるようお願いした。

柵の間に足を入れてしまい、
力まかせに動かすと、
骨折の危険がある。


次の検査が金曜日

治まってくれるのを願う。


さて、
気分直しに晩御飯。
写真はたくさんたまってるんだけど、
どうも  酒 
  料理の写真を載せる気が
しなくて。


じゃがバターと、肉野菜炒め。
お酒は、神戸 瀧鯉。



ジャガバター  

ジャガイモ、ピーマン、ナスは庭で収穫

ジャガイモ収穫 

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
午前中、病院から電話があった。
Dr.から。

皮膚に湿疹が出ていたので、
検査をしました。

顕微鏡検査をしたところ、
疥癬(かいせん)でした。


  以前、記事で、6月頭に病棟内で疥癬
  発生したと書いた。
  予防注射もした。

  疥癬とは、ダニが皮膚表面の角質層に
  寄生して起こる感染症。
  ここに説明
  抵抗力の弱い人に起こりやすい。
  ダニが皮膚にトンネルを作り、
  そこに産卵する。
  強烈なかゆみと痛みがある。
  家族、介護職の人にも感染することがある。

感染の恐れがありますので、
病室で、カーテン隔離になります。

ご家族が来ていただくのは構いません。
ただ、体に触れるようでしたら

エプロン手袋をしていただきます

塗り薬で処置します。
毎日入浴をして、洗い流しながら
患部を診ます。

検査を3週間続けて行い、
陰性になるのを診ます。

1カ月間カーテン隔離と、
感染が拡がらない対応をします。


6月初めに病棟で発生して、
収束に向かっていた。

花子さんの病室には発症した人がいなく、
感染が拡がらないのを願っていた。

今になって起こるとは。


4日前に病院へ行ったとき、
看護師さんから、入浴のときに
あせものような湿疹があったと
知らせてもらていった。

昨日行ったときは、

明日、皮膚科の先生がみえるので、
検査をしてもらいます。


と聞いていた。


夕方、いつものように、
病院へ行った。

まず、DR.から説明を受ける。


看護師さんから、面会の際の注意。
エプロンの着用、手袋装着。
外すときには、外を内側にしてたたみ、
接触面を触らないように教えてもらう。

体に触れず、見守りだけなら
エプロンの必要はない。

でも、僕は、行くたびに口腔ケアをする。
これをしないと、口の中が汚れでいっぱいになるし、
嚥下、健康状態を保つためには、
必ず必要。


腕の拘縮 (両腕が体の内側に「く」の字に固まり、
動かなくなる) も始まりかけているので、
伸縮運動も行なわないといけない。



全身を覆うブルーのビニールエプロンと、
両手に手袋。


テレビドラマでよく見る格好。
空気感染はないので、
キャップとマスクはしてないが。



機嫌は良かった。
呼べば応える。

認知症が進行した人は、
痛み、かゆみの感じ方が少ない。

それだけでも幸い。

でも、全くないわけではない。
やはりかゆみから、
落ち着かない表情も見せる。



7月21日
今日は、花子さんの誕生日だ。


作業療法士の人と、
3時に予約をしていた。

誕生日のお祝いで、
車椅子に移り、
病棟内を散歩。


たぶん、
みんなから、
おめでとうの声掛けもあったろう。

屋上に行き、記念写真のつもりだった。



よりによって、
誕生日だというのに、
最悪のプレゼント。



65歳の記念日。



こんなに頑張っているのに、


なんでかな~~



わずかな幸せをくれてもいいのに。



かなしい


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。
 
   ↓       ↓ 
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
月曜は、
午前中、認知症の人と家族の会の
「若年認知症の本人と家族のつどい」
午後は、
講演会 ← クリック
 (講演された岩佐さんのブログだが、
  僕が、花子さんを見ている後姿と
  同じような写真があるので、
  すぐにわかるかも。

  毎日花子さんの病院へ行って
  食事介助をしたのは、一年前。
  すごく久しぶりに、お手伝い。
  楽しく、嬉しかった。)

両方とも司会をした。


火曜は、介護相談員の研修で、
90分の講演。
そのあと、横浜で一人呑み。

花子さんのところへ、
2日行けなかった。



今日は、午前中、
花子さんの病院の最寄り駅の、
日本年金機構の事務所で、
算定基礎届の調査。
 (総務課の人はわかるかな)

 
終わってから、昼飯を食い、
そのまま花子さんの病院へ。

こんな時間に行くことはないんで、
看護師、ケアスタッフ、
皆さんに声をかけられた。


5日前に、尿の出が悪く、
尿道カテーテルを取り換えた。

熱も、38,2℃まで上がっていた。

抗生物質の投与で治まりはしたが、
心配な材料があった。



でも、今日は、熱も下がり、
笑顔で迎えてくれた。


午前中に入浴もあったらしい。

中心静脈栄養でカテーテルが入っているが、
週に2回、シャワー浴がある。


髪も、洗いたてでさらさらしている。

入院なので、
髪染め、化粧はまったくない。

でも、黒髪が保たれている。
( 今日は、携帯を忘れてしまい、写真なし )

口腔ケアと、顔、頭部、肩のマッサージを行い、
ベッドの横に座らせる。
僕もいつものように、横に座る。



先週から今週にかけて
忙しくて張りつめていたが、



安らぎの時間。



家に帰って、早めの晩飯。
酒を飲みながら、野球観戦。

ベイスターズも勝ったし、
いうことはない。

では、晩御飯。
庭で採った玉ねぎと豚肉炒め。
野球観戦には、枝豆と、焼鳥とビール。
 (ビールは作っている間に吞み終わってしまったが)
お酒は、貰い物の久保田萬壽。

IMG_2798.jpg 


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 
 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
僕が花子さんのところに行った時のリハビリ。
 
まず、ベッドのギャッチアップ。

29.7.10.1 

ベッドの背中を約75度に上げる。
体の横に、枕、パットを入れて、
体位の固定。

拘束じゃないですよ。
横に倒れないように、安定させる。

いつも両手には管を抜かないように、
ミトンの手袋。
でも、僕が行った時は、
まず、はずす。

花子さんの表情は硬いかな。
話しかけて、やわらげる。

ここから、口腔ケア。

歯磨きをして、濡れティッシュで
口内の掃除。

口の周りと、頬、唾液腺のマッサージ。
15~20分かかるかな。

仕上げに顔にクリームを塗る。



ゆっくりと手足の伸縮運動。
まだ、大きく伸ばすことはできる。
でも、普段は胸元に腕がある。

拘縮を避けたい。

 
次は端座位。
ベッドの柵を取って、端に座らせる。
この時も、枕、パットで体幹維持。
体が倒れないように、補助を入れる。

足元には、牛乳パックで作った、
台を2段。
高さの調整。


29.7.10.3 

以前は体が横に傾いてしまったが、
今は簡単に枕で抑えると、
固定している。

話しかけると、
機嫌よく笑顔で応えてくれる時も。

窓からは、外の景色。
29.7.10.2 

部屋が変わって、環境が良くなった。
景色を目でとらえる。

新緑、鳥、行きかう車、遊んでいる子供。


横に座って、肩に手をやり、
話しかけて、ほほを撫で、
しばしの楽しい時間を過ごす。


幸せって何だろうかと
いつも思う。


旅行に出かけ、
美味しい物を食べ。
音楽、映画に感動し、
未来を語り、
共に過ごす。



でも、今は横にいてくれるだけで

幸せだ。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ