花子さんの経鼻経管栄養は
引き続き、順調だ。

朝、夕各400kcalが入っている。
発熱することもない。
痰の吸引も少なくなった。
パックにたまった尿もきれいで
量も適当だ。


でも、



また、



疥癬(皮膚につくダニ)が再発。



なんで???




前の病院で、7月21日に疥癬が発症。

1か月間、治療を行う。

8月18日検査の結果、陰性(治る)になり、
完治と言われる。


その後、急に始まった
9月1日の転院。


ネットで調べると、
疥癬は陰性になってから、
2カ月後に再検査をして
ダニの卵、幼虫がないかを確認となっている。


その時はまだ転院したくないこと、
そして、再発を心配して
もう一度聞いてみた。

大丈夫との回答。


病院同士でも確認し合い、
受入OKということで決まった。


転院してから、湿疹はあって薬をつけていた。

でも、軟膏で治る湿疹。
何ともない。



栄養も入り
Dr.と次の方針を検討していたのに。


10月10日に携帯にDr.から電話。

脇の下から胸にかけて湿疹が広がり
皮膚科の診察を受けたら
疥癬が発症しました。


すぐに病院へ行く。


17時に着いて、
ギリギリDr.と面会。

疥癬と診断が出ました。
前の時、陰性になったけど
おそらく、くすぶっていて再発したのでしょう。

前回陰性になってから
1ヶ月半経っていますが
又出るということはあるのですか。


ここでは疥癬は出ていないので
ずっとうずくまっていて
活動し始めたと思います。

今日個室に移動しました。
飲み薬、塗り薬を始めました。
2週間後に再検査をします。


鼻からの栄養がうまく行っているので、
胃瘻の検討に入ろうかと思いましたが
疥癬の間は移動ができないので
それまでの間は経鼻栄養にして、
胃瘻ができるかの検査はしばらく先になります。



また花子さんに辛い思いをさせてしまう。
悲しくなる。


皮膚表面に残っていたなら、
痒さはあったと思う。

認知症の進行から
異変や痒さを伝えられない。



花子さん、ごめん。




Dr.は胃瘻を具体的に考えてくれていた。






今の病院で感染対策が始まった。

花子さんは個室に移される。

僕は以前のように面会時は
エプロンと手袋。

ベッドの横のテーブルには、
色々なものが置かれた。

塗り薬、消毒綿。
専用の血圧計、体温計、酸素計、聴診器。
清掃用具。

部屋で使った衣類、タオル、シーツは
ポリ袋に入れ、そのままでは外に持ち出さない。


疥癬を持ってきてしまい、
申し訳なく感じる。


他の病室に広がらなければ良いのだが。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ