FC2ブログ
認知症ケア学会
から
講演依頼があり
行ってきました。

場所は、永田町の砂防会館、

201907274 

700人の定員に、
1000人の申し込み。

大テーマは、

「認知症のある方の食べる力を取り戻そう!
〜作業療法士が伝えたい食の支援・
  家族が望む食の支援~」

201907271

僕に与えられたのは

「介護者の体験談 思い・悩み・願い」

201907273  

1時間の講演と、
30分のパネルディスカッション。


いつもの講演だと、

地域に助けられたこと
忘れても 心は生きてる 認知症


二つのテーマで話している。


今回は、食の支援であまり経験がない。

規模が大きいのと、
慣れてないテーマなんで
緊張もあった。


僕が話せるのは体験談。

花子さんの介護を少し入れ、
入院時の拘束、
毎日行って食事介助、
胃ろうの選択、
口腔ケア、
ケアからお楽しみゼリーまで結びつけ。

パワーポイントを新たに作り
講演してきました。


どのように伝わったか
分かりませんが、
話しているうちに
熱く語ってしまった。


お礼のメールが何件か
入っていたので、
まあいいかな。


1000人の参加者は、
会員は参加費3000円を
払っています。

満足して、持ち帰ってもらえただろうか。

一緒に講演した
作業療法士の佐藤さんの話が
良かったので、安心はしてますが。

201907272 

ご褒美に、
浜松町で降りて、
一人呑み。

講演の後は
毎回だな~

201907275 

201907276

(facebookより転載)


2ヶ所のブログランキング
に参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
今日は花子さんの誕生日。
67歳になった。

67歳か・・・
複雑な気持ち。

まだまだ人生を楽しめる年齢でもある。
早すぎる、今の状況。


だが、精いっぱい生きてきた。
今も戦っている。


余命一カ月と言われ3年たち、
36倍も生きている。

頑張っている。


今日の誕生日は一緒に迎えられなかった。

認知症の人と家族の会の
関東地区のブロック会議があり
昨日から泊りがけで
栃木県まで出かけていた。


行く前に、息子夫婦にラインで頼む。

7月21日はお母さんの誕生日。
出張で行けないんで、
行ってあげて。

前日も行かれないから
口腔ケアも頼む。


夜、星子さんからメール

行ってきました!

写真も送ってくれた。

201907211 

息子は介護職なので、
ケアは慣れている。

壁には、施設が作ってくれたカードが
貼ってある。
コメントも手書きで書かれていた。

201907215 

「昭和27年7月21日生まれ
 いつまでもお元気に
 お過ごしください。
 おめでとうございます」


もう少し、かわいく写っていればよかったのだが 笑

でも、施設の心遣いが嬉しい。


息子夫婦にお祝いされて、
嬉しかったと思う。



栃木県での会議

関東地方1都6県の各支部の世話人が
86名集まった会議。

1日かけて、熱い議論が交わされた。

皆さん、ボランティア。

介護家族として、
本人と家族のために
真剣に考えてくれていることが
伝わってくる。

ありがたいです。

とてもうれしい。

201907214 

201907213

明日も家族会のお手伝いがある。

遅くならないようにして、
花子さんの所へ行ってくる。


2ヶ所のブログランキング
に参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
認知症の人と家族の会神奈川県支部で、
講演会を開催しました。

20190715つどい 
(定員100名のオーバーが
 予想されたので、お知らせできず
 すみませんでした)

講師は、
レビー小体型認知症のご本人で
「私の脳で起こったこと」の著者、
樋口直美さん。

テーマは
「認知症」ってなに?
〜変化した医療と介護の常識〜



ご自分の体験を踏まえて、
レビー小体型認知症のお話し。

これまで知っていた、
レビー小体型認知症の症状。

幻視、レム睡眠、薬剤過敏、パーキンソン症状・・・
教科書で知っていることが、
当事者の言葉の中から
改めて気づかされることが多かった。

1時間45分に渡る講演。
お疲れだったと思います。
とても貴重な時間を頂きました。


講演会は午後、
午前は10時から 12時まで、
本人と家族のつどいが開かれた。

家族の部の司会は僕が担当。


なんと!!突然現れた!!!
 
丹野智文さん

前日、鎌倉の講演会にも参加され、
今日は時間を見て来てくれました。


ご本人たちは、
音楽療法の先生をお呼びして
レクリエーション。

家族は13人が参加して、
神奈川県支部の、杉山孝博代表の
アドバイスを受けながら、
日頃の悩みや期待を話す、つどい。

短い時間の中でも、
充実したひと時をすごせた。


丹野さんは家族、ご本人、両方への参加。


終わった後の懇親会には、
樋口さん、丹野さんも参加してくれました。

20190715 

2019071501 

2019071502 
 
(ここまではFBより転載)
 
終わってから、
まだ面会時間に間に合ったんで 

花子さんのところへ 
 
明るい顔で迎えてくれた。

2019071503 
 
先日の二宮町での講演会が
地元紙「タウンニュース」で取り上げられました。

    ↓
https://www.townnews.co.jp/0606/2019/07/12/488945.html
 

さて、久しぶりに晩御飯
自給自足の料理
ピーマンと茄子、豚肉の味噌炒め
ニンニク焼
キュウリとトマトのサラダ
豚肉以外は庭で採れた。

豆の煮ものは家族会の方から頂き物

お酒は、お土産でもらった、
新潟の越の誉、大吟醸無濾過原酒、新潟限定


20190714 

2ヶ所のブログランキング
に参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 

19日に講演会があります。
日時 : 7月19日(金)
     14時~16時
場所 : 横浜市磯子区洋光台
      洋光台地域ケアプラザ
20190719洋光台
講演会のお知らせです。

日時 : 7月19日(金)14時~16時
場所 : 横浜市洋光台地域ケアプラザ
     (横浜市磯子区洋光台)
テーマ: 認知症の方を介護する家族の話から考える
      ~忘れても心は生きてる認知症~
申込 : 045-832-5191 小島

地域以外の方でも構わないと了解をもらいました。
ご興味のある方はどうぞおいで下さい。
20190719洋光台 
(クリックすると大きくなります)
 
 
 
昨日は、僕の住む地区で、
「認知症をみんなで支える地域支援連絡会」があって、
家族会に参加依頼があり出席してきた。

地域の、医療、地域包括、消防、郵便局、
交通機関、介護事業所、家族会等々、
120名の方が参加した。

認知症徘徊の方の発見協力機関として、
郵便局、薬局、地域包括の方の講演の後、
グループワーク。

地域で認知症の人を支える動きがあり、
とてもうれしい。


会議が終わった後、
入り口で、花子さんが
以前、お世話になっていた病院の
相談員の方と、3年ぶりに再会。


顔を合わせて、
僕のあいさつが、

まだ、生きてるよ!

その病院では、
そのままだと
余命一か月と宣告され、

生きていてほしい。

という強い思いから転院した。

沢山の危機的な症状から
そのたびに復活し、
今がある。


58歳の時に認知症の進行から、
一番激しい症状を起こしていた時期に
お世話になった病院。

優しいスタッフの対応で、
落ち着きを取り戻した。

とてもお世話になり、
大好きな病院だ。
(今の老健も、このグループの施設)


相談員の方から、

ブログ、ずっと見てますよ。
花子さんのあの笑顔が見れて、
嬉しいです。


見てくれているんだ!!

スリブリさんに会えて
良かったです。



この日の連絡会では、
地元という事もあり、
沢山の方と挨拶ができた。


ミニ相談も受けたし。


終わってからその足で、
花子さんの所へ。

最近調子が良い

一時期苦しんだ咳もないし、
リハビリの効果か、
体幹もしっかりしている。

20190704 

ツーショットが撮れないので、
エレベーターの鏡越し。

201907042 

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ