講演会のお知らせ
3月13日(日)  京都府南丹市
京都府南丹市 


花子さんの下痢はずいぶん長引いている。
まだ食事ストップで、点滴のままだ。

何も食べていないが、
水のような下痢が出ているそうだ。


水分のみで、栄養分は全くなし。
ほほがこけてきた。


僕が行ったときは、
毎回、口腔ケアをしている。

歯には黄色くカスが溜まり、
舌は苔が生えたようになっている。


花子さんは歯ブラシを入れると、
素直に大きな口を開ける。

認知症が進行すると
歯みがきを出来なくなることが多いが、
これはありがたいことだ。

歯ブラシとスポンジブラシを使って、
きれいにお掃除。

あっという間に、すっきりする。




Dr.との面談は、
もう一つ話があった。


花子さん、
ようやく特養(特別養護老人ホーム)の
順番が回ってきそうだ。

入院した時は、200番、
5年たって、ようやく一桁。

12月に10番台になったということで、
特養の相談員の方が
花子さんの様子を病院に見に来た。
 

その時は車椅子。
椅子から落ちたり、不意に立ち上がっても大丈夫なよう、
安全ベルト(拘束帯)をつけていた。

特養の相談員が一番気にしていたのが、これ。
施設では、車椅子、ベッドのベルト等、
一切の拘束が出来ない。

ベルトを外しても大丈夫かを心配していた。



そして、先月末、
病院に電話があり、
順番が近づいたので、様子を聞いてきた。


本来ならうれしいことだ。



でもな~~



ちょっと、遅すぎたかな~


今の花子さんは、
ナースステーションの横の部屋に移され、
寝たきりだ。

毎日、食事の前に3回、
痰の吸引をしている。

夜中には、唾液が泡のようにあふれるので、
吸引をして口の掃除をしている。


肺炎、今回の下痢、微熱、チアノーゼ・・・
医療的処置が必要になっている。

看護師の見守りが必要な状態だ。
異常があった場合、すぐに対応をしなければならない。



今病院から特養に移ると、
命を縮めることにならないか。

胃ろう、経管栄養等の延命処置は
希望していない(今のところだが)

だが、痰が絡んでの窒息、誤嚥性肺炎など、
病気からくる症状はおさえたい。

特養にも看護師はいるが、昼間だけだ。
緊急事態の時は、病院へ転送され、
どうしても、対応が遅れる。



少しでも食べることができ、
運動もして、

与えられた命を、
今の限りの中で、
全うさせたい。



特養からの電話を受けた、
病院の相談員の人に、
僕の気持ちを伝えた。
 
相談員からDr.に話してもらった。 
  
 
 
だが、病院としては、

今の国の方針が、
入院から、自宅、施設に移すようになっていること。

すでに5年の長期入院になっている。
 
特養への入所の順番が回ってきたら
退院から施設入所、
ご主人(僕のこと)もそれを望んでいた。

今は認知症の薬、精神薬も処方されていなく、
病院としての治療はなくなっている。

今の時点で特養に移らないと、移る機会をなくす。

等々の話があった。

直接相談したいので面談を申し込んでいた。



僕の思っていることはすべて伝えた。



Dr.から次のような話があった。


今の食事ができない状況から
食事を再開して落ち着いてから
特養と相談してみる。

順番が回ってきたとしても、
点滴をしている状態で移すことはない。
 
食事ができるようになった時点でご主人の判断になる。
移って下さいとは言わないが、
国の方針は在宅、施設になっている。
花子さんの場合は、新しい制度の入院ではないので、
「医療保護入院退院支援委員会」にかかることはないが、
積極的な医療がない段階では、
退院を進めるのが原理原則になる。
 
ご主人が移ることを受容できるかが一番大事なところ。
医療体制の中で延命(痰の吸引、点滴)を
したいということであれば、
どうしても移るようにとは言わない。

食事が再開できた時点で、
特養の相談員を交え、
もう一度話し合いましょう。

その時点で特養が受け入れるということであれば、
移ることを検討する。

その時に特養の介護体制も確認をする。



今は食事もとれず最悪な状態だ。
食事が出来て落ち着いたら考えると言うことに
納得した。




ただ、Dr.は、
これだけ食べられないのが続くと、
食事にはならず、
点滴が続く可能性もある。

とも言っていた。





今日も、笑顔がたくさん出ていた。



さて、晩御飯
牛すき、お酒は広島の酔心

牛すき 

ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/10(Thu) 20:44 |  |  | 【編集
スリブリさんが納得できることが1番ですね。
いつの日かお別れのときはやってきますが、そのときに悔いが少なければ・・・と祈っています。

まだまだ先のことだと思いますが、スリブリさんが受け入れられる道が開けますように!
2016/03/15(Tue) 19:52 | URL | miki | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可