花子さんの下痢が始まったのが、2月26日

点滴の始まりは、2月28日

その翌日2月29日の昼から、腸の負担をなくすのと、
菌を追い出すために、食事ストップ。

その間、ノロ、インフルエンザ、等の検査をしたが、
陰性で異常なし。

下痢の原因はわからず。



点滴をしている18日間、
口からは水分、食べ物は全く入っていない。
カロリーは摂っていない。

整腸剤を飲むときに、
わずかにスプーン一杯の水だけだ。

手足は痩せて、頬もこけてきた。
このままだと食べる行為を忘れ、
下痢が治っても、点滴のままになる。



水分を取っていないのに、
下痢は止まらず、
毎日、茶色の水便が出ている。

時には、パットで取りきれない量が出るらしい。



何も食べていなく、
点滴だけなのに、
なぜ???


点滴の水分が腸から吸収され、
便になるらしい。



15日にお袋の病院の後、
花子さんのところへ行った。

相変わらず下痢便が出ている。

Dr.はいなかったので、
看護師さんにお願いした。

もう2週間以上下痢が続いています。
この下痢の原因が何なのか、
検査と治療をしてほしいです。
消化器内科の専門病院で
診察をしてもらえないか先生に伝えて頂けませんか。

花子さんの入院している病院は、
認知症専門病院。

内科医も常駐しているが、
どうしても専門でないのと、
病院に検査設備がないので。
詳しく調べることはできない。

送迎は僕がやるので
精密検査をお願いした。



翌日16日、
Dr.から電話があった。

今日、花子さんが嘔吐をしました。
下痢も止まらないので、
提携病院の方で診て頂こうと思います。

明日こちらに来られますか。


昨日看護師さんに精密検査をお願いしたばかりです。
私も専門病院で診察していただいた方が
良いと考えていました。
よろしくお願いいたします。

電話を頂いたDr.は花子さんの担当医ではなかったので、
僕の希望はまだ伝わっていなかったようだ。

そのDr.から、認知症で起こる内臓の動きの変化も
聞くことが出来た。
そのことも踏まえて、精密検査をすることになった。



昨日、17日、
9時に病院へ行く。
介護タクシーを呼んでもらっていて、
ストレッチャーに移す。

僕一人の付き添いかと思ったが、
看護師さんも一緒についてくれた。

点滴をしているのと、現状の説明をするので、
車に乗ってくれた。



病院へ着いて、すぐ検査。
CT、レントゲン、血液、心臓、ノロウイルス・・・
手際よく検査が進む。


Dr.に呼ばれる。

一通りの検査をしましたが、
ノロ、クロストジウムはありませんでした。

画像から小腸、大腸に炎症が診られます。
炎症を示すCRPが7.20になっています。
正常値は0.3以下なので大きく上がっています。
ただ、CRPが上がると白血球も上がるのですが、
これが3.0と低いです。(正常 3.3~9.0)
免疫が下がっています。

入院をして、精密検査をした方が良いと思いますが
どうしますか。

下痢のために口からの食事が出来なくなっています。
治療をしていただきたいので是非お願いします。


明日、腸の内視鏡検査を入れておきます。
土曜に結果をお知らせできるので来ていただけますか。


お願いします。


花子さんの転院が決まった。
消化器内科への入院だ。



下痢さえ治まって、食事が再開できれば
また元気を取り戻す。

体は痩せてしまったが、
意識はしっかりとある。

以前よりもはっきりしている。


病院の廊下でストレッチャーに乗っているときも、
横から

花子ちゃ~ん


と呼ぶと、
首を曲げて僕の方を向き目を合わせる。

今、治してもらうから
良くなるよ。


と話しかけると、ニコニコ笑顔を出す。
もちろん病気の症状のことはわからないが、
優しい声掛けを聞くと笑ってくれる。

看護師さんの話しかけにも反応が良い。




お袋、花子さん・・・
僕が介護をしている二人が、
ベッドに寝たままで、
点滴につながれている。


頼むよ。
良くなってくれよ。


ブログランキング
に参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

コメント
最善を尽くして・・・
天命を待つのみですね。
どうぞ治療で良い方向に向かわれますように。

心労が重なってしんどいですね。
どうぞどうぞご自愛くださいますように。

祈っています。
2016/03/18(Fri) 21:44 | URL | miki | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/19(Sat) 00:10 |  |  | 【編集
ふたり共がんばりました。

スリブリさんもがんばりました。

もうそのまま…天寿を全うさせてあげ、受け入れてあげた方が本人達は幸せではないですか?

がんばれがんばれと、何をされてもわからないおふたりに…スリブリさんのエゴは酷だと思います。
2016/03/19(Sat) 09:17 | URL | バナナ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/19(Sat) 10:13 |  |  | 【編集
はじめまして。
私は若年性アルツハイマーの彼を昨年看取りました。
スリブリさんのお母さまも花子さんも
スリブリさんと少しでも長く一緒にいたいから頑張ってくださっていると思います。

心からそう思います。

2016/03/19(Sat) 10:41 | URL | マービン | 【編集
エゴだとか、そう思うのはご自分の家族や血縁者でないからそう簡単に思えるのですよ。
自分を生んでくれ育ててくれた母親、何十年も苦楽を共にしてきた配偶者、心から大切な人が苦しむ姿を見ると助けてあげたいと思うのが性でしょう。
スリブリさんは認知症の症状からくる衰えに関しては積極的治療は考えていないとおっしゃられています。
吐血や下痢は今のところは原因がわからないとの事ですよね。だから治療を優先させていらっしゃるのです。
苦痛に悶えて亡くなるのと、衰弱からの自然死は痛みも苦しみの度合いも違うでしょう。
私は幼い頃に母を病気で亡くしました。病気(ここでは内科的疾患をさします)で亡くなる姿は今思い出しても辛いです。だから、個人的にはスリブリさんとお母様、奥様を応援します。
2016/03/19(Sat) 11:09 | URL |  | 【編集
お母様と奥様のご回復をずっとお祈りしています。

スリブリさん

応援しています。


一緒に暮らす介護度5の認知症の母も今でも 私達家族と目が合うと笑顔を見せてくれます。出来事は忘れても心はまだまだ誰よりも純粋です。

私が大病を患い後遺症をもつ身になり心配をかけたので 母の認知症を悪化させた親不孝な娘ですが 祈りながら頑張ろうと思っています。

どうぞ ご自愛ください。

2016/03/19(Sat) 19:08 | URL | らな | 【編集
こんばんは。
奥様もお母様も大変な状況で、スリブリさんも本当に辛いですね。

介護は先が見えないものといいますが、本当にいろんなことがおきますね。
どうするのが一番良いのかなんて、誰にも分かりません。


でも奥様、お母様はもちろんですが、私はスリブリさんの身体が一番心配です。
講演会などの活動ももちろん大事ですが、どうか無理なさらず。関係者もこんな切羽詰まった状況なのに、無理をして欲しいとは思ってないはずです。

必要な時にはいつでもお二人のそばにいられて、スリブリさんが元気なお顔を見せてあげられるように、
どうかゆっくり休む時間もつくってくださいね。
2016/03/20(Sun) 00:56 | URL | mikomona | 【編集
「がんばれがんばれと、何をされてもわからないおふたりに…スリブリさんのエゴは酷だと思います。」 ……この部分にヒヤッと冷たさを感じました。
私は全く介護の経験も無く、周囲にも見聞きしたりする事の無い者ですが、当事者様のお気持ちを思うと、涙が出ました。
この部分だけは無くして欲しかった。
2016/03/20(Sun) 06:45 | URL | ゆう | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可