お知らせです。

茨城県鹿島病院認知症疾患医療センターで
講演会があります。

テーマ  若年性認知症の本人・家族の悩み・困難・
       抱える問題

日時   7月21日 13:30~15:45
会場   鹿島勤労文化会館 
申し込み 鹿島病院認知症疾患医療センター事務局
       0299-82-1271

鹿島病院
(クリックすると大きくなります)


もう一つ

テーマ 高齢者医療と介護の今後を考える3
     ~ 精神薬の使用【ゼロ】を目指す
        特養から学ぼう ~
日時  7月17日 13:00~17:00
会場  神奈川県相模原市
     ユニコムプラザさがみはら
資料代 1000円
申し込み 神奈川オルタナティブ協議会
       al_kana2014@yahoo.co.jp

僕は行かれませんが、精神薬の過剰投与に
関心がある方は是非どうぞ。

高齢者介護
(クリックすると大きくなります)


さて、本題
今日、認知症の人と家族の会神奈川県支部のつどいに
参加してきた。

神奈川県支部では、介護者向けのつどいを
いくつも行っているが、
今日は、
「ターミナルから看取った介護家族のつどい」
終末期を迎えた介護家族15人、
看取って間もない家族2人が参加した。

僕はこの神奈川県支部の世話人を受けている。
担当は若年性認知症。

若年性認知症のつどいでは、
司会進行、本人のサポートを行ってるが、
今回のつどいは、介護家族として
参加をさせてもらった。

3月にお袋を看取り、
終末期と言われている花子さんを介護中。

皆さんの気持ちを聞きたいのと、
僕の状況を話したくて、
初参加だ。


若年性認知症のつどいでは、
初期から中期の方が多く、
病気の受け止め、
介護の方法についてが多い。

でも、ターミナルのつどいは、
終末期の対応、
胃ろう、経鼻経管栄養、
合併症、
看取りの場所等、
深刻で、誰もが迎えなければならない
辛い状況の話が出る。

神奈川県支部の代表の、
川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生は
どのつどいにも必ず出席される。

杉山先生から、
医療的なアドバイスをもらって、
心が落ち着く人も多い。



つどいが終わって、
男3人で、飲みに行く。

一人はKSさん。
副代表で、今月2日に奥様を看取ったばかりの方。
56歳で若年性認知症と診断され、
16年間の介護をやり遂げた方だ。


もう一人はKMさん。
今回のつどいの司会者。
この方も、若年性認知症の奥様を長年介護している。
しかも、在宅で。

48歳で発症し、現在63歳、花子さんと同じ年。
もう15年の介護だ。

寝たきりになって、
食事から、痰の吸引、排せつ、褥瘡の手当て、
介護サービスを使いがら、
すべてを一人で行っている。



お二人とも尊敬する先輩で、
たくさんの助けを頂いて、
僕の介護がある。

これまでも何度も飲みに行き、
多くの話を聞いている。



今月に看取ったばかりのKSさんが話してくれた。

特養に入っていたが、
誤嚥性肺炎から病院へ移った。

これまでも厳しい状況で、
いつ最期を迎えても、おかしくないと言われていたそうだ。

病院から戻るとき、
Dr.からあと、1週間と言われた。

Dr.の診察通り、1週間目で危篤状態なった。

KSさんはすぐ特養へ行き、そばに付き添った。
それから、2日間奥様は頑張った。

その間、
KSさんは、奥様の横で、

知り合った時のこと、結婚、
2人の生活、子供、旅行、楽しかった思い出、
ず~っと話し続けたそうだ。

2日間、ずっと。

楽しかったな~
良かったな。


と話した時、
奥様はわずかにほほ笑んだ。

わかるのか。

手を握った。

そして、その日に旅立った。


奥様は、絶対にわかっている。
KSさんに、感謝の気持ちと愛情を伝えて
この世を去ったと思う。


KMさんが言った。

もし生まれ変わったら、
誰と結婚する?


俺は、やっぱり今のかみさんだな。

KSさんも、

俺も、かあちゃんと結婚したいな。


2人とも15年の介護をしてきて、
辛いことがたくさんあった。
認知症にならなければ、
もっと楽しいことが待っていたはず。


恨んでないのか?



こんな残酷な病気は恨む。
でも、奥さんを恨んではいない。

2人とも、生まれ変わっても今の奥さんを選ぶ。



僕もだ。



では、気を取り直して、(昨日の)晩御飯。 
ニジマスのホイル焼き。
焼ニンニクと、冷奴。
お酒は、千葉の寒菊銘醸、幻の花。

ニジマス 


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

コメント
3人の方々がとても羨ましいです。
今回二度目のコメントを致します。
私の両親は他界しており、私は天涯孤独の59歳の者です。
今、急に、「医者から癌の疑いで精密検査が必要と言われたとパパに報告したら、心配してくれるどころか『金が減る』と嫌な顔をされた」 と、泣いていた母の姿を思い出しました。
私は子供の頃から絶対結婚しないと決心して現在に至っております。
生まれ変わるとしたら、あなた様方御3人様たちのような両親のもとに是非生まれたいと思いました。
2016/06/26(Sun) 01:18 | URL | ゆう | 【編集
本を買いました
スリブリさんのところをまず読みました。
ブログを読んでいるので 行間にあるものをいろいろ考えました。
文章というものは難しい。
最初のページでとてもいいお写真があったことがとてもうれしかったです。
2016/06/28(Tue) 06:25 | URL | gavo-22 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可