経鼻経管で、白湯を入れ始めてから1週間たつ。
まだ栄養補給までは行っていない。
1回100ccのお湯が、一日3回。

おそらく連休明けの20日ごろから、
点滴と併用しながら、
少しづつ、栄養分を入れるのだろう。
 
僕はすぐにあせってしまうが、
すべて、病院の判断に任す。

目標は、
経鼻経管栄養から、体力をつけて、
胃ろう造設。
そこから、嚥下機能訓練をして、
口から食事ができるようにする。

今回は慎重に考える。



痰の吸引が、頻繁に行なわれている。
1時間に、1度は看護師さんが来て
吸引している。

喉がゴロゴロ鳴っているので、
吸引をお願いするが、
10分もしないうちに、
また、痰が絡み始める。



毎日病院へ行って様子を見ている。


花子ちゃん、
お父さんだよ。
わかる?


5回に一度くらい、
声の方向に視線を向ける。
焦点が合う。

10~20回に一度、

うん

と言う。

奇跡が起きた時は、
頬を目いっぱい撫でて喜ぶ。

以前は、そのあと必ず笑顔が出たが、
最近は、笑った顔を見ることがない。



でも、
極端に落ちていない。

3ヶ月間、水分点滴だけで
栄養を摂っていないので、
反応は鈍くなっている。

まだ体力は感じる。

あ~あ~

だが、声は力強い。
生命力はある。


前の病院で言われた、
余命1ヶ月が近づいてきたが、
当分、大丈夫そうだ。



今の病院はリハビリに熱心で、
入院した翌日から、
作業療法士が付き、
20分のリハビリが始まった。

体を起こし、
ベッドのふちに座らせ、
体幹を保持させる。

そのままの状態は難しく、
支えないと倒れてしまう。
背中に軽く手を当てると、
座ることが出来る。

手足の屈伸もする。

まだ拘縮はない。
(手足の間接が固くなり、動かなくなる状態)
伸縮は大丈夫そう。

これだけでも、転院して良かったと思う。
 
 
 
花子さんの今の姿を
写真で見せたいが、
もうしばらく我慢。
 
僕は、ここに乗せる写真は、
笑顔と決めている。
 
辛い写真は載せたくない。

鼻からの管が取れ、
笑顔が出た時、載せます。
 
必ず来る。
 
 
以前コメントで、

花子さんが元気な頃の写真を見たい。

とありました。


調子に乗って、特別にアップ。

34歳の花子さん 
34歳の時の花子さん。
 
39歳の花子さん 
25年前、
2人とも39歳のころ。
 
3人ともあまり変わらない。
(息子に了解なしで載せてしまった。
 文句言われたら、消します。)
  
 
 
忙しい中、
先週は、講演が2回もあった。

こんな時と、思われるかもしれない。

でも、これが、
僕自身への励ましになってる。

介護家族が抱える思いを、
伝える場を与えてもらい感謝している。

 
毎回同じ話だが、
最近、ある場面の話をすると、
涙が出てしまう。

講演者が泣くなんて、
とんでもないことだが、
何度話しても、感情が入ってしまう。

来週もあります。
認知症介護ブログでは、
読者、応援共にトップの
岩佐まりさんと一緒です。

160925講演会 

定員190名、先着順になります。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
 
コメント
写真
要望に、お応え頂き、有難うございます!
34歳の頃も39歳の頃も知的なキリッと引き締まったお顔立ちの美人な方に感じました。奥様とても素敵です。
拝見させて頂き、嬉しいです!
2016/09/19(Mon) 09:29 | URL | ゆう | 【編集
女優
お美しい❗スリプリさんが愛して愛するはずですね。でも、御別れは…
2016/09/19(Mon) 14:42 | URL | ルー | 【編集
花子さん お綺麗ですね!!知的で美人で 本当に素敵です。

これからも治療がスムーズにすすまれますようにお祈りしています。


母もショートステイを利用する機会を増やして なんとか一緒に暮らさせていただいています。笑われるかもしれませんが 介護度5の母の認知症が回復する望みを持ち続けています。


不安定な天候が続きますね…どうぞ お体を大切になさってください。



2016/09/19(Mon) 21:58 | URL | らな | 【編集
亀の歩みでも、花子さんの体力の回復を願っています。まだまだお若いんですもん、きっと大丈夫!

それにしても昔の花子さん、とっても綺麗で素敵ですね!幸せなご一家なのが写真から伝わってきます。スリブリさん自慢の奥さんなのがよく分かりますよ(*^^*)
2016/09/20(Tue) 09:01 | URL | 悠里 | 【編集
美人
花子さんお美しいですね。
女優さんかと思いましたよ。
私も花子さんの笑顔が見られることを心から願っております。
スリブリさん相変わらずご多忙のようですが、体調を崩しやすい季節ですから、休養は充分にとってお体大事になさってくださいね。
2016/09/20(Tue) 12:20 | URL | スコシ | 【編集
初めてコメントいたします。
スリブリさんのブログは6年半前から拝見しているので、実ははじめましての感じはしません。
主人は、2010年2月51才の時に若年性のアルツハイマー型認知症と診断されました。夢を実現させようとタレントの養成所に通い始めた20才と、青春まっただ中の17才の2人の娘と、保育園看護師の私45才の3人での大好きなパパの介護が始まりました。
そんな時スリブリさんのブログに出会い、そこから、nobiさんはじめたくさんの方々のブログを拝見させていただき、公的支援のことを知り安心することができたり、私たちだけではないと励まされたりしながら泣き、笑い、どうにかこうにか今日まで頑張ってきました。
在宅で看たいという私の希望をかなえてくれ、自分の夢を捨てそばにいてくれて介護に、そして金銭的な援助もしてくれている娘たちですが、次女の大学の卒業式の日、2人で写真を撮ったのを最後に立ち上がれなくなり、その後、寝たきりになってしまいました。
胃ろうなど延命はしないと決めていたのですが、最近むせこむこともあり、吸引機等も準備し始めました。その場になったら延命拒否…なんて決断をできるのかと思い悩み始めた矢先、スリブリさんのブログを久しぶりに拝見し、今回の決断を知り私は心が揺れ動いています。
お忙しいところ、長文の上自分勝手なコメントですみません。
ただ、スリブリさんの決断はやっぱり、いつでも、素晴らしい(ここで使っていい言葉か…すみません)と思いました。
それを伝えたくて、思わずコメントしてしまいました。
そして、花子さん、本当に素敵です。
2016/09/20(Tue) 17:29 | URL | manami | 【編集
スリブリさん、失礼なコメントごめんなさい。
偉そうに、決断が素晴らしいだなんて…
一人で色々な事を決断しなくてはいけなくて、それがはたして正解だったか、間違えだったかその度に悔やみながら、それでもまた決めて進まなくてはいけなくて
悩んだ時、スリブリさんや皆さんのブログは私にとって励ましてくれたり後押ししてくれたり
そんな力でした。
だから、今回のこと、スリブリさんの考えはやっぱり私にとって素晴らしいバイブルで、ここから先、究極の選択もあるでしょうが、きちんと自分で決めていくまた一つの道しるべになりました。
文章が下手ですみません。
いつもありがとうございます。
2016/09/20(Tue) 19:59 | URL | manami | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可