3日前、
花子さんのところへ行ったとき、
准看護師さんがちょうど来て、
検温を行った。

パジャマのボタンの間から、
脇の下に体温計を入れる。

あれ?
赤いオデキがあるけど、
虫にでも刺されたのかな。

本当ですね。

パジャマをめくってみると、
なんと、

左の胸から肩、背中にかけて、
赤く腫れた、ブツブツがいっぱいに広がっている。

准看護師さん、部屋を出て
担当看護師さんを呼んできた。

水泡もできてますね。
ヘルペスかもしれません。


私が午前中検温をしたときは、
反対側だったので、
気が付きませんでした。

花子さんはベッドに寝たきりなので、
褥瘡防止のため、
1日に8回、体位変換をする。

唾液と痰が溜まるので、
必ず、左右を変え、
横向きにして寝る。
 
壁にはスタッフにわかるように
理学療法士が作った、ポジショニング図が
貼られている。
 
ポジショニング 
  ( 9月の写真なので、
    痛々しいけど、ご勘弁を
    今は、もっと元気 )

腫れは、胸の片側だけに出ているので、
左を下にしていると気が付かないようだ。
 
担当医が来た。
 
薬を出します。
 
すぐに、皮膚科医が来た。
 
帯状疱疹ですね。

1日に4回の服薬が始まった。
 
 
 

僕は帯状疱疹になったことがないので、
家に帰って、すぐに調べた。



子供のころにかかった水疱瘡のウイルスが
神経節に残り、
何年も潜伏している。
 
免疫力が低下したり、大きなストレス、過労から
神経節から出て、活動を再開する。
皮膚に、帯状の水ぶくれを作る。
体の左右どちらかに出てくる。

水ぶくれから、かさぶたになるまで
3週間から1か月かかる。

腫れが出るまでは、チクチクした痛みが出る。
水泡が出るころは、刺すような鋭い痛みに変わり、
衣類と触れるようなわずかな刺激にも、
ピリピリと強い痛みを感じる。
 
人によっては、腫れは治っても
痛みだけは、いつまでも続くことがある。
 
 
  
なんということだ。


 
花子さんは、痛みを訴えることが出来ない。

かゆみ、苦痛があっても、
声を出し、助けを求められない。

手を、意思通りに動かすことも難しいので、
触れて、苦痛を和らげることもできない。
 
痛みによっては鎮痛剤を出されるが、
頼めない。


顔をしかめ、
呻くことだけだ。
 

ただ、ただ、耐えるだけしかない。
 
 

これまでの厳しい状況を、
一生懸命我慢して、
生きることを頑張っているのに、
 
なおかつ、

こんな試練を与えるとは。。。
 

 
悔しい!
 

 
情け容赦ない神を恨む。




2ヶ所のブログランキング
に参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/30(Sun) 23:24 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/31(Mon) 23:21 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/05(Sat) 21:20 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/08(Tue) 08:48 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可