僕が花子さんのところへ行くのは、
いつも、17時から18時の間。
そこから、約一時間いる。

看護師さんとはコミュニケーションを取っているが、
時間が遅いので、Dr.、リハビリスタッフと会えない。

昨日、雪の中、14時に病院へ行ってきた。

Dr.、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、と話が出来た。
言語聴覚士(ST)は仕事中で、目で挨拶をした。


Dr.に、胃ろう造設までたどり着けるかを聞いた。

延命処置はしないと思っていたが、
悩み悩んで、胃ろうをお願いした。
決めたからには、早く造設をしてほしい。

体力をつけさせたい。

今の病院は、医療療養型病院。
入院期間も、3ヶ月から6か月となっている。

その後は、転院、施設、または在宅。
それには、胃ろうでの栄養管理が一番良いと思う。

Dr.から、

今はまだ中心静脈栄養でもう少し体力をつけます。
今の状態だと、腸が栄養吸収できません


胃ろうはできるようになるのでしょうか。

いつになるかはっきりとは言えませんが、
そのために準備をしています。


胃ろうをあきらめていないというのを聞いて安心した。


PT、OTとも話をした。
リハビリが重要だと思っている。

2人が毎日花子さんのリハビリをしてくれている。

ベッドの横に座って、
姿勢を見ています。
発熱がなく、調子の良いときは、
30分くらい車椅子に移乗して、
デイルームで過ごしてもらってます。


エッ!車椅子に座らせてもらってるのですか。



しばらくして、
リハビリが始まり、
車椅子に乗せてくれた。

中心静脈点滴がつながっているので、
無理かと思っていたが、
スタンドに点滴剤を吊るして一緒に移動。
デイルームに移った。

安定した座り方が保持できないので、
腰、肩がずれてしまうが、
そのたびに位置調整。

声は出し続けている。
わめき声だが、
嬉しい言葉と、勝手に理解。

窓からは、雪景色が見える。

花子ちゃん、
今日は雪が降ってすごく寒いんだよ。
でも、白くてきれいだね。

座れてよかったね。
楽しいね。

反応がなくても、ずっと話しかける。


理学療法士が付いてくれて、
状態を確認する。

ついでに、雑談も。
これが大事。

花子さんの元気だったころを話す。


思いもかけず、
車椅子の花子さんを見ることが出来た。

回復が見られる。


これだけでも、転院して良かったと思う。


2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
コメント
よかったですね!!

嬉しいです!!


本当に よかったですね!!
花子さんのお写真楽しみにしています。

ずっと お祈りしています。


2016/11/25(Fri) 14:29 | URL | らな | 【編集
よかったですね( ✌︎'ω')✌︎
本当にうれしいです。
すりぶりさん本当によかったです。
2016/11/27(Sun) 03:34 | URL | まろきち | 【編集
良かったですね。
スリブリさん
車椅子に乗って、声も出て良かったですね。
スリブリさん
ちゃんと食べていますか?
奥様が点滴でも、スリブリさんの夕食の写真がないと心配です。
2016/12/02(Fri) 14:37 | URL | らら | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可