2月3日は僕の診察。
大学病院へ行ってきた。

ずっと以前、
社交不安障害で通院していた。

すっかり良くなって卒業。

ただ、昨年10月頃から、
また通院が始まる。



診察が終わり、昼食を済ます。
その日は節分。

どこかで豆まきをしていないかと考えていた。
やってなくても元々。

関東のお伊勢さまと言われている、
横浜総鎮守「伊勢山皇大神宮」へ行ってみた。

人が流れている。


なんと、2時から節分祭の看板。
鳥居をくぐったのが、ちょうど2時。

年男年女が、紋付き袴で座っている。

神主さんが祝詞を唱え、
雅楽の生演奏、巫女さんの舞い。
玉串を捧げ、厳かな雰囲気。

後方からずっと見ていた。


式典が終わって、
豆まき。

豆が入った袋を頂いた。

「鬼は外」の掛け声はなく
「福は内」「福は内」だけ。


ラッキーだったな~

外での豆まきは初めての体験。
豆まきは邪気を祓うとのいわれ。

溜まっているものをすべて取っぱらいたい。




そこから花子さんの元へ。

熱は36度9分。

安定してきた。


うれしい。

僕の気持ちも安らかになる。


口腔ケアをする。
痰が乾燥して、舌、口蓋(口の中の上)に、
こびりついている。

指にガーゼを巻きぬぐい取る。
花子さんは、僕の指を噛むことなく
素直に、やらせてくれる。

これは、珍しいことなんです。
介護者にとって、大変な作業。

ありがたい。



一日ですごく溜まる。

これが残ることによって、
雑菌が繁殖し、
肺炎になってしまう。



20分かけて、丁寧に、掃除。


だから、毎日行くようになるんだな。
喜びでもある。


ドアの前をDr.が通り過ぎた。
すぐに追いかける。

先生。
お陰様で熱が下がりました。


来週から、また中心静脈を始めます。

ありがとうございます。
よろしくお願いします。



今の末梢点滴だけでは栄養が入らない。
熱が下がったのなら、
すぐにでも栄養補給をしてほしい。

看護師さんに話していたのが、
Dr.にも伝わったようだ。


一安心。


これで、元気もついてくれるだろう。



家に帰って、一人で豆まき。


玄関、窓を開け、大きな声を出す。

伊勢山皇大神宮とは違う。

「鬼は外」
「鬼は外」
「福は内」

鬼の追い払い。
そうすれば、福もやってくる。


さて、晩御飯。
鰤の照り焼きと、里芋を蒸した。

スーパーで魚を買うと、2切れでワンパック。

翌日は、鰤の塩焼きと、湯豆腐。
お酒は、息子夫婦が正月成田山へ行ったお土産。
千葉県東薫酒造の干支ボトル。

鰤の照り焼き 

鰤の塩焼き 


2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/06(Mon) 22:37 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可