4月1日、2日と、石川県小松市へ姉のお墓参りに行ってきました。
僕のところは、3人兄弟、1歳上の姉と、5歳下の弟がいます。

13年前、姉は脳溢血で急死しました。
そのとき4歳の娘がいました。
ご主人は、人はいいんだけど、全然頼りない男。
まだ小さく、一人では育てられないと言うんで、
そのときから、今現在まで、僕の父母に預けっぱなし。

  (1月29日の日記に書いてあります。
   http://suriburi.blog37.fc2.com/blog-date-20060129.html

預る条件として、
親子の絆が切れるといけないので、土日は二人で過ごしてほしい。
といったら、土曜に会いに来て、連れて行き、日曜にまた帰ってくる。
13年間ズ~ット守ってる。
親としてやってるのは、それだけ・・・
中途半端な立場にいる、娘がかわいそう・・・


今年13回忌なんだけど、義兄は何もしなかった。
うちの両親がどうしても気がすまないというので、

お墓参りをに行く。
という。
お墓は、義兄の実家、小松の先祖代々の場所。
弟として、僕も行くことにしました。
一緒に、成田にいる弟夫婦も、子供を連れて行く。
うちはかみさんと二人、
両親は、高校1年になった娘を連れて、総勢8人。
義兄は行かない <`ヘ´>


両親は日帰りのつもりだったんだけど、
どうせ皆で行くなら、加賀温泉にでも泊まってくるか!
ということで、行ってきました。

お墓参りできてよかった。
両親も皆で行けて、
手を合わせて涙ぐんでた。

色々あったけど、また後ほど。


ブログランキングに参加しています。
もし良かったら応援クリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif

テーマ:家庭内事情
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
人間関係は難しいですね。
色んな事が有りますね。
人間関係は、血の繋がった人でも有りますからね。
年を行くほどしがらみが有ったりほんまに厄介ですね。
でも姪御さんは、幸せですね。
おじい様おばあ様に育てられてきっと素敵な女性になられるでしょう。
なって頂きたいですね。
家族で温泉は、良かったですね。
心も身体もあったまってのんびりと行きましょうね。
2006/04/03(Mon) 15:13 | URL | mamaru | 【編集
mamaruさん
家族水入らずで
のんびりしてきました。
安宅の関がある、
安宅神社に行ってきました。
弁慶が、勧進帳を読んだところ
ここで、難関突破のお札を頂いてきました。
色々な難を乗り越える。
難関突破はここだけらしい。
2006/04/04(Tue) 00:15 | URL | スリブリ | 【編集
みなさん色々事情を抱えているんでなって
思いました。
まだ4歳じゃ切ないですね。
でも家族で行けてよかったですね。
お姉さまのお導きかもですね(*^^)
2006/04/04(Tue) 18:35 | URL | 朔 | 【編集
「人生いろいろ」
なーんて歌が浮かんじゃった。
たとえば、何が姪御さんに一番の環境かなんて、誰にもわからないし、その頼りないオヤジが育てたとして、彼女、どんなふうになっちゃってたんだろうとか。
結局、今がベストなんですよ。
スリプリさんのお家って、三世代じゃないですか?
今の子どもたちは、老人がいる環境はゼッタイ必要だと思うのね。
でないと、老人がきたないとか、お荷物扱いしたりしちゃうこともあるらしいし、人生の先輩に教わることはたくさんあるもの。
ほんと、姪御さんは素敵な家族に恵まれたね。
2006/04/04(Tue) 21:06 | URL | yell | 【編集
朔さん
そうそう、
おふくろが、お墓の前で
あなたのおかげで、皆でこれることが出来ました。
って言ってた。
思わず、ジ~ンとしてしまった。
2006/04/05(Wed) 00:52 | URL | スリブリ | 【編集
yellさん
そんな風に言ってもらえるとうれしい。
ありがとう。

そうだな~
あっちの家で、
旦那と二人だったらどうなってただろう。
今の姪っ子は、
すごく内気だけど、
素直に育ってる。
良かったのかな・・・

79歳のお袋は、
子育てして、かなり体がきつそう。
でも、張り合い、生きがいになってる。
親父が元気なのも、
みなもとは、姪っ子かも
2006/04/05(Wed) 00:58 | URL | スリブリ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック