昨日病院へ行くと、
ちょうど看護師さんが血圧を測っていた。
 
どうですか。
 
熱が下がらないんです。
今日は40度まで上がりました。
今は、39度9分です。
 
血圧は、135-65、
酸素 100、心拍数110、
他は正常です。

今、DR.を呼んできます。

Dr.がすぐに病室へ来てくれた。

熱が下がりません。

レントゲンを撮りましたが、肺はきれいです。
痰も出てないので、肺炎ではないようです。

インフルエンザも陰性でした。

今、中心静脈点滴を行っていますが、
そこからの感染の疑いがあります。
培養検査に出しました。
 
長期間カテーテルを入れているので、
感染することがあります。

中心静脈のカテーテルは抜きました。
末梢点滴に変えました。

抗生物質、熱を下げる座薬を入れています。

2、3日熱が下がるか様子を診ます。
 
 

一番心配していた誤嚥性肺炎はなかった。
肺炎だと経管栄養(鼻、胃からの管を通して入れる栄養)が
なくなってしまう。


熱が出た時に嘔吐をしました。
経管栄養は難しいかもしれません。
今の状態だと、点滴が良いように思います。
 
熱が下がったらまた相談させてください。

 
 
 
 
 
培養検査の結果が出ていないが、
とりあえず、原因がわかってよかった。

誤嚥性肺炎でないのを聞いて安心した。

でも、中心静脈カテーテルの感染も
危険な状態に変わりない。
心配は続く。



末梢点滴は、腕に針を刺して点滴を行う方法。
水分だけで必要な栄養分は入らない。
転院前、前の病院で行っていた方法で、
余命1ヶ月と言われた。

中心静脈栄養は、首、足の付け根等の
太い血管にカテーテルを刺し、
そこから栄養を入れる。

 (※ 安心介護より。 生きていくのに必要なカロリーをしっかり摂るためには、濃度の高い輸液を注入することになります。しかしその際、末梢の細い血管からでは静脈炎を起こしやすくなってしまいます。そのため、太い血管で血液量が多い中心静脈に細いカテーテルを挿入し、エネルギーを補給します。これによって、より早く多くの栄養を届けられます。中心静脈栄養は、体に必要な栄養を確実に正しく摂取することができます


必要な栄養をコントロールしながら
入れられるメリットがある。

でも、合併症、血栓などのデメリットがある。
その中でも、僕が一番心配していたのは、
感染症だ。

血管にカテーテルを刺して、直接栄養分を入れる。
チューブ、カテーテルの周りの皮膚、輸液の接続部の汚染等々、
また、輸液交換時の、清潔、消毒の徹底が求められ、
わずかな雑菌でも入ると、直接血液に入ってしまう。

敗血症の恐れもある。
熱が下がるまで気が抜けない。


これから病院へ行ってくる。


下がってますように。


2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

コメント
心配ですね。
スリブリさんもご無理をなさらないように。
2017/01/31(Tue) 17:42 | URL | くぅ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/01/31(Tue) 20:52 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可