「全身性障がい者ガイドヘルパー養成研修」を受け、
資格を取得した。


この資格は、車椅子の方の外出を
サポートするために、
技術、知識を身につけることを
目的とした研修だ。
( 障害者総合支援法に基づく資格で、
  市区町村により異なります )


脳血管障害、脳性マヒ等の肢体不自由な人、
また、
認知症で、車いすで移動する人の介助もおこなう。



花子さんの車椅子の移動、
家族会で、ご本人のサポート、

そして、将来のために
  ( 64歳だが 笑 )
ガイドヘルパーとして、
障がいを持った人の、
外出のお手伝いができればと
思っていた。



3月に申し込み、
5月の研修の枠にもぐり込めた。

この研修もそうだが、
目の不自由な方のための、
「同行援護者研修」も、混んでいる。


座学では、
全身性障害の基礎知識、
障害を持った人の心理、
移動介助の注意事項を勉強。


実習では、
ベッドからの車椅子への移乗、
食事介助、水分補給の仕方。

実際に車椅子に乗り、
街に出ての実習、

盛り沢山だった。


車椅子を押すことはあっても、
長時間乗ることはない。

道路の凸凹、
段差にぶつかったときの衝撃、
傾斜して、波打ってる道の不安定さ。
坂道の恐怖。

乗ってみなければわからない。


そして、
これまで力任せに動かしていた車椅子、
自分の都合での移動。
ベッドからの乗り移り。
介護の姿勢と、手の使い方。


基礎を知ると知らないのでは、
大違い。

勉強になった。


研修を終えて、
神奈川県認定の証明書をもらった。


横浜市ではガイドヘルパー養成研修受講料が
1年以内に、1度でも仕事をすれば、
補助されて、全額戻ってくる。

仕事としては、今は難しいな~



さて、
今日は、ОT(作業療法士)と時間を打ち合わせ、
車椅子に乗って、
屋上に行く予約をしていた。

2時に病院へ到着。


なんと、
花子さん、37度5分の熱。

屋上へ行くのは中止になった。


ベッドから車椅子に乗せるのだけを
教わりながら、やってみた。

体についている3本のカテーテルに、
細心の注意を払う。


習ったばっかりだし、
花子さんの癖はつかんでる。

スムーズにできたので、
ОTさん、感心している。


心の中で、

プロだぞ!!

と叫んだね。


来週、再来週、
あと2回、実地をしてから、
僕一人で車椅子に乗せ、
部屋から出れそうだ。



高熱にはならないが、
時々、微熱がある。


たのむ。
落ち着いてくれ。



晩御飯は、ニンニクだらけの鰹の刺身。

鰹  

2ヶ所のブログランキングに参加しています。
それぞれに応援クリック、お願いします。

   ↓       ↓
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可