今の病院の看護師、ケアスタッフは
花子さんに寄り添ってくれる。

皆さん、いつも声掛けをする。

170825-1 

花子さんの表情の変化を感じ取り、

かわいい、

すごくかわいい~~


65歳で、ターミナルの段階の花子さんに
話しかけてくれる。

花子さんの担当になって、良かった。

とまで、つぶやいてくてた。

花子ちゃん、
お父さんの方も向いてくれよ


と声掛けした。

170825-2 


OTさんとの交換日記

交換日記 

8月25日
左手にタオルを持たせてあげたところ、
口元に手を持って行く様子がありました。
その後、タオルをかんでいました! 笑
声掛けに対する反応が良かったです。

8月26日
訪室した時、なみだをながして泣いておられました。

返信 

8月26日
リハビリありがとうございます。
認知症から脳の委縮があり、
理解は少なくなっていますが、
まだ感情は残っています。
少しでも長い間、
維持されることを願っています。



花子さんは、

本当に

喜怒哀楽、

出来る範囲、
感じるわずかな瞬間。

精一杯、僕たちに表わしている。



この大好きな病院、スタッフから
転院するかも知れない。

前に、療養型病院の入院期間は
6か月と書いた。 ここ

4月から、7か所の病院の面談を行っていた。

病院によって、
治療、療養、リハビリ、期間、入院費用・・・

考え方、方針が
全く違う。

面談して、見学させて頂くと、
印象に差がある。



その中で、良いと思った療養型病院、
1箇所だけを選び待機をさせて頂いた。


今の病院の相談員が確認電話を入れたところ、

待機の順番が回ってきたので、
今月から来月始めに、
転院になるかもしれないという。


また、辛くて厳しい選択になる。



ずっと、悩んで苦しんでいた。


でも、


信頼している、
杉山孝博Dr. 
家族会の戦友・世話人。
息子夫婦。


相談しながらアドバイスを受ける。


決めるのは、僕だ。


転院がきまったら、前向きに受けることに


決めた。




このところ数回の日記で、
たくさんのコメント、メール、電話を
頂きました。


皆さん、応援してくれているんだな~ 


ありがたいです。


では、晩御飯。

新秋刀魚。
やっぱり内臓がうまい。
にら玉と、枝豆。
お酒は地元
 神奈川県の銘酒 相模灘。

新さんま 

完食
食べ終わり 

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
コメント
良い笑顔ですね。

私の大事な人も食事がとれなくなってきています。
それでも なんとか 声をかけたりなだめたりしながら食べてもらってます。
それでも ほんの数口ですね。

痩せが目立ち ふっくらとした顔も頬がこけてきました。

それでも 経口摂取にこだわる私はどうなんだろう・・・

その人にも まだまだ感情は残っています。
それでも 食べてくれない。。

どうして お腹が空かないのか・・
わからない事ばかりです。
2017/08/29(Tue) 21:25 | URL | アニ | 【編集
感謝
初めてコメントさせて頂きます。
52歳で母が若年性アルツハイマーと診断され、私自身も母の発症と全く同じタイミングで、26歳で難病の診断を受けた者です。
スリブリさんのお母様と同じ強皮症です。
母も私も、発症から2年経ちました。

介護と言えるほどの内容ではないですが、気持ちが追いつかずネット検索をする日々。
スリブリさんのブログを見つけ、1ヶ月近くかかりましたが過去の日記から順に全て読ませて頂きました。

今日に辿り着くまでのお二人の歩いてこられた道を、ブログを通して覗かせて頂き、
本当に胸がいっぱいになりました。

様々なことに直面し、葛藤されながらも、愛ある行動 愛ある選択をされ続けているスリブリさんの姿。
花子さんの笑顔のお写真から、その愛がしっかりと伝わっているのだなと感じられます。
私も、スリブリさんと花子さんのお姿から
自信を奮い立たせることができそうです。
ありのままを綴ってくださり、ありがとうございます。

どうか、これからも愛に溢れた日々を送られること
小さくともたくさんの奇跡がスリブリさんと花子さんに訪れることを心から祈っています。
2017/08/31(Thu) 09:58 | URL | a.w | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可