FC2ブログ
花子さんのところに行ったとき、
スマホからユーチューブを出して、
音楽を聞かせる。

  
童謡、小田和正、1970年代のヒットソング
いろいろ選びながら、
耳元に置く。

疥癬で個室の時は、大きなボリューム。
2人部屋の時は控えめ。
今は、四人部屋。
耳に近づけて、
周りに迷惑にならないように流す。
 
 
認知症専門病院にいた時から聞かせていた。
  ↑
その頃のことをリンクしようとして検索したら、
 ちょうどユーチューブを聞かせていた記事がこれ。
 その頃の写真が載っていた。
 たった、3年前。
 なんて良い表情をしてるんだ(涙) 
 クリックすると飛びます。 )



ユーチューブで聴かせる音楽を選んでいたら、
偶然、カーペンターズが出てきた。

花子さんと一緒に住んだ頃、
ステレオを買って、
花子さんが最初に買ったレコード。

カーペンターズ ←これ


懐かしく思って聴かせてみた。

そうすると、表情が変わった。

なんと、僕の方を見て、ニコッとした。

しばらくすると、泣き顔。



驚いた。

奇跡だ。



ブログ仲間の岩佐さんが、
お母様にヘッドホンで
音楽を聞かせた記事があった。


そうだ。

確か、昔、カセットに録った覚えがある。


家に帰り、カセットを見つけた。

机の中を探すと、
引出しの一番下の奥に、
カセットテープレコーダーが出てきた。


中に入っていた電池が
漏電している。

出して、よく掃除をし、
電池を入れたら動いた。
再生できる。

スマホを買った時についていて、
しまってあったイヤホンを接続。

ちゃんと音が出る。


今日病院へ行き、さっそく聞かせる。
 
300224


残念ながら笑顔は出なかったが、
目が空中で何かを探すように動く。

泣き顔は出た。
 
 
認知症の人は
音は最後まで、聴こえているという。

返事はできなくても、
こっちの言葉は伝わっている。
 
心地よい音には穏やかに反応する。


もっと早くから聞かせればよかった。
 
 
どこかに、いろんな音楽が録音された
カセットテープは売ってないかな。
 
 
では、花子さんの調子が良いので、
晩御飯。
豚の生姜焼きと、焼酎黒霧島。
ニンニクの漬物が美味い。
 
生姜焼 


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
コメント
3年前の花子さんの写真拝見しました。
「かわいい!」とても良い表情されてますね^ - ^
私も主人の面会に行くときは、タブレットを持参して
youtubeから懐かしい曲を引っ張り出して聴かせています。由紀さおりさんの「夜明けのスキャット」「手紙」
あべ静江さんの「みずいろの手紙」紙ふうせんさんの
「冬が来る前に」などなど…他にもたくさん懐かしい曲、特に言葉を交わす事は無いけど、私はベッドの横に座って、主人の顔を見ながらただ一緒に聴いて過ごします。それだけでも心が安らぎ、この時間がこれからも少しでも長く続いて欲しいと願うだけです。

2018/02/25(Sun) 18:21 | URL | ひさえ | 【編集
音楽とか、耳からの刺激は本当に大切だと私も思っています
だから、いつも話しかけているスリブリさんは素晴らしいなぁと思ってました(*^^*)

音楽。
これからも聞かせてあげられるなら、ヘッドホンの方がより自然に聞けますよ
イヤホンはどうしても自分で調子をみられない人には聞きにくいこともあります
耳への違和感も軽減できます
じいは、後半ずっとヘッドホンでした。
自分では装着できないので、スタッフにお願いしてテレビを見させたりしていました

音は大切ですよね
2018/02/26(Mon) 01:49 | URL | ウルル | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可