なかなか思うようにいかないのが
この病気の常。


でも、今は
今の段階では、
思いだけで空回りしないように
注意してる。



前々回の日記から、
ゼリーはまだ2回だけだ。

17日から看護師さんからの
ゼリーが始まった。

だが、飲み込みに不安があるらしい。

完食できたが、
夕方に痰の吸引をしたところ、
ゼリーが出てきたそうだ。

その日の夜に、
38度代の熱が出る。

18日の昼に、ゼリーを期待しながら、
施設へ行った。

前日の話を聞く。

ショック。

熱は37.2℃まで下がったが、
中止にしているそうだ。

翌日も行ったが、
同じ状態。

唾液がすごく出ていて、
顔を横に向けて寝ていると、
タオルがびっしょりになるらしい。

痰の吸引も増えている。
痰よりも、唾液吸引だと思う。


22日の昼に行く。

熱も36度台になり、
落ち着いている。

ゼリーをお願いすると、

ご主人が食べさせてみますか。

とのお答え。

是非お願いします。


食べさせる前に、
念入りに口腔ケア。


横には看護師さんが付いて見守る。
誤嚥をするといけないので、
痰の吸引器が用意してある。


ゼリーをスプーンに乗せる。

いつものように、まずは鼻に持って行き、
匂いをかがせる。

下唇にスプーンを乗せる。

そうすると口をとがらせる動作。

口の中にスプーンを入れて、
舌の上に落とす。

噛んで、

ゴクン!

強い音を立てて、飲み込んだ。

時間をかけて、これを繰り返す。

完食できた。


ご主人お上手ですね。

しばらくはご主人が食べさせるということで
どうですか。


了解する。


今の段階では、
お楽しみの時間が限られている。

ゼリーを食べさせるのは、
月曜から金曜で、
11時30分から13時の間。

万が一誤嚥があった場合、
すぐに対応できる必要がある。


病院の時も時間が決まっていたので、
同じような状況だ。


仕事があり、
なかなか昼の時間に行けない。

面会時間は19時までなので、
18時頃にはいつも行けている。

昼は難しい。
その後まだ行けていない。



でも、まずは、
安心して食べさせることができる
というのを知ってもらいたいので、
了解する。

今日はこれから行ってきます。


さて、体調はどうか。
食べてくれるか。

20180528 
5月28日の花子さん。

参考にしている本があるので
紹介します。

知り合いの作業療法士 佐藤良枝さんがが出した、

「 ~認知症のある方の食事介助~
 食べられるようになる スプーンテクニック 」



2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
コメント
お疲れ様です
お楽しみゼリーは 難しいですね
なにも口から 食べれなかった時からは
大進歩だと思います

花子さんの 表情も豊かになった
気がします
2018/05/30(Wed) 21:58 | URL | 内田です | 【編集
こんばんわ。ゼリーも職員さんが食べさせてくれるという保健施設で良いところに入所出来たと安堵いたしてました。あれこれのコメントは差し控えさていただいていました。母が老人ホームに入所していたときのことで恐縮ですが母は大福、トンカツが大好きで介護職員さんは喉が詰まる~と良しとしませんでしたがわたしの責任において大福、トンカツを、「もういらないよあなたお食べなさい」という最期まで食事介助しました。職員さんんも心砕いて対応してくださるのですが家族の力は又別物と体験を通して思っているところです。家族の意向を大切にしてくださる施設ですし、花子さんに関しては超プロですからね、そこのところが1番かと心より応援させていただきます。
2018/05/31(Thu) 19:23 | URL | ハッピーみっこ | 【編集
スリブリさん、
こんばんは。

先日の彩星の会でお会い出来て嬉しかったです。
今後ともよろしくお願いいたします。

本の紹介ありがとうございます。
近い将来、夫にも役に立つので買ってみようと思います。
2018/05/31(Thu) 22:33 | URL | シマウマ | 【編集
難しいですね。
スリブリさん
お疲れ様です。
スリブリさんの老健は、嚥下リハビができて、看護師さんにやっていただけるなんて、いいなぁ、と思っていました。
ちょうど1年前の気持ちを思い出します。
夫の場合、食欲があったので注意しながらも喜んで食べさせてしまい、検査で不顕性誤嚥がわかった時は、ガッカリしました。
「食べさせたい」という気持ちが強かったです。
その頃教えて頂いた「認知症患者の摂食嚥下リハビリテーション」という本。
とても参考になりました。
今、またスリブリさんのブログを読んで、もう1度「食べる」ことについて考え、そおっと夫の口に入れる事を注意深くやってみています。
夫も口を開けてくれます。
ただ、在宅ではないので、その後が心配になって、ちょっとした覚悟が要ります。
夫にとっても、食べてもらう私にとっても大切な「お楽しみ」だと思っています。

それにしても、スリブリさんスゴいですね。
奥様、元気そうで、嬉しいです。
いろいろ教えていただいてありがとうございます。
2018/06/02(Sat) 14:26 | URL | らら | 【編集
彩星の会の二次会で、いろいろお話が聞けて良かったです。うちは完全に胃ろうのみです。
物を口に入れるともぐもぐ噛むし、歯科衛生士さんが塗ったマッサージジェルも唾液に溶けたものをごっくんと飲み込みます。これなら花子さんのようにゼリーでも口に入れられるのではないか、蜂蜜ぐらい舐めさせてみようか、と思ったりしますが、万が一誤嚥すると、一生懸命痰の吸引をして下さっている看護師さんの苦労も無になるかなと思い、冒険はできません。

マッサージ棒はなるべく長時間噛ませてあげています。
2018/06/06(Wed) 22:25 | URL | Y | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可