FC2ブログ
今日も、13時30分に病院へ行き、
お楽しみの、ゼリー。

そして、歯科医師との面談、
相談員との打ち合わせも入っていた。
 
 
 
病室に入ると、
ちょうど、PT(理学療法士)が、
リハビリを行うところだった。
 
 
この病院では、
始めて、リハビリをしているところに、
立ち会う。

僕の方からも、たくさんの話をしながら、
今行っているリハビリについて
説明をしていただいた。

ベッドの横に座る、端座位まで行った。

前の病院では僕もやっていたが、
今は、OKが出ていないので、
ベッド上で、背中を75度まで上げる
ギャッチアップだけだ。
 
半年ぶりに座っている姿を見る。


2018.329   

PTから、

少し手を添えれば座位を保てます。

 
 
びっくり!!

肩に手を添えるだけで座っている。

以前は、
枕や座布団で周りを固めないと
座ってられなかったが、
 
座れるじゃないか。
 
 
今度Dr.にお願いして、
僕が行う許可をもらおう。

(専門職の人が見ると、
 あれ?つなぎを着てる。
 と、気づかれたかもしれない。
 寝ているときに足を動かすので、
 ズボンがずり落ち、胃ろうのボタンが
 出てしまう恐れがあるらしいので
 今は、つなぎのパジャマ)
 
 
  
リハビリが終わってから、
お楽しみのゼリー。
 
慎重に食べさせている。

手のひらに乗るような
小さなカップだけど、
時には途中で止めることもある。


医療、専門職向けのメールマガジンを見ているが、
その中に、興味深い記事があった。
 (長くなりますが、とても参考になるので、
  一部を貼り付けます)


江別すずらん病院の宮本Drの
話したことが書かれていた。

口から食べることの重要性が認知されてきているが、
「食事介助に問題がある」 と宮本氏は指摘する。
「口を開けない患者に、口を無理やり開けて食べ
させるような食事介助もある」 と現状を語る。
 
宮本氏の病棟では、眠っているとき、
食事にむせるとき、口を開けないとき、
食事を嫌がるときには
食事介助を行わない。
 
「この当たり前のことを行うだけ、で誤嚥性肺炎を生じる
患者は激減した」 と言う同氏は、「誤嚥性肺炎は、医療と
介護の現場が作り出している」 とも指摘する。

無理に食べさせない食事介助を徹底したことで、患者が
食べ物を喉に詰まらせることもなくなったという。

「認知症が進行すると次第に食べられなくなるが、
それは安らかな死に向けた準備と受け入れ、
患者を苦しめない介護をすることが大切」 と宮本氏は
強調する。



以前だったら、せっかくゼリーが始まったし、
少量だから、何とか食べさせようとしたが、
あくまで、お楽しみ。
少しでも反応が悪かったら、途中で止める。



歯科医師との面談もあった。


一週間ほど前に、口腔ケアをしようとしたら、
かぶせた前歯の1本が取れて、
金属の根元が出ていた。

 
すぐに看護師さんに知らせる。


レントゲンを撮ったが、体の中にはないそうだ。

気が付かず、掃除の時に捨ててしまったのか。


金属が見えて見栄えが良くない。
先端が、やや尖っているので、
舌を噛んだときに、出血しそう。

前と同じように、かぶせの歯を頼んだ。


DR.からの説明。

1本の歯をかぶせるだけだと、
また、はずれてしまうことがあります。
はずれた歯を外に吐き出せばよいのですが、
飲み込む恐れがあります。
胃に入れば良いのですが、
誤嚥から肺に入ることが考えられます。

そうなると大変なことになります。

今は前歯で食べ物を噛むこともありませんし、
見栄えだけを考えるのなら、
リスクがあるので、歯を入れることはお勧めしません。

 
 
色々なことを想定しながら、
質問をし、答えて頂いた。


了解し、今回は歯をかぶせるのは
行わないことにした。
 
 
 
長くなってしまったので、
相談員との話はまた今度。
 
 
今は、これが一番大変。 


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
コメント
上記への追伸
私が主人の脚を床に降ろしたのは、元の生活への名残惜しさからくるものではなく、肺炎予防、脳の活性化のためです。
本人の体への負担になることはしたくありません。
2018/04/08(Sun) 11:47 | URL | Y | 【編集
歯のことですが、主人も特養にいて寝たきり、胃ろうです。
花子さん同様、上の前歯の前面が欠けて金属がむき出しになり、唇を巻き込んで傷つけそうなので、スタッフさんや看護師さん、私も同じ意見で、訪問歯科の先生に相談しました。
回答「欠けた所の角を削ることも考えられるが、本人が舌を動かすので危険である」「削らずに白い被せ物をする方法もあるが、その部分が外れて誤嚥すると危険である」
ということで、そのままになりました。
花子さんと同じですね。

終末期の花子さんへのスリブリさんの対応をエゴと思われる方は、恐らく医療か介護現場で長年多くの患者さんを見てきたプロの方なのだと思います。

ご自分の伴侶や兄弟がこのような状態になっても、無理はせず最期を受け入れる方でしょう。(高齢の親は別です)

スリブリさんは、口から食べることへのリスクも了解されていると思います。

手を添えれば起きていられることを専門スタッフさんが示してくれた。
あ、こんなこともできるんだ、と写真に収めた。

ささやかな一瞬ですが、これが若年認知症のパートナーを介護する家族の気持ちであることを、専門職の人達にも知って貰える機会になったと思います。

私も花子さんの写真に背中を押されて、斜めに仰向いた主人の体の下にクッション類を積んで、脚を床に降ろして曲げ伸ばしをやってみました。(入所したころNGとされたのです)

嬉しくて写真を撮ってさて、戻そうと思っていた矢先、男性スタッフさんに危ない!と言われ、元に戻されてしまいました。

その数日後、「ご主人がずり落ちないように、気をつけながらなさってくださいね~」というコメントと介護リーダーさんの笑顔を添えて、今後へのお許しが出ました~~。

2018/04/08(Sun) 11:38 | URL | Y | 【編集
エゴでいい!✌
スリブリさん

スゴイすごい😆⤴
え?座れた?

嬉しいです。

それをエゴと言われたっていいじゃないですか。
嬉しいですよね😃🎶

ひとつひとつ、少し何かできると嬉しいのです。
多くを望みません。
少し、少しでいいのですよね。

「生きていて欲しい」
それだけです。
それをエゴというならエゴでいい。
私の夫も同じです。
エゴを大切にしたいと思います。
2018/04/03(Tue) 22:40 | URL | らら | 【編集
座れた
座れた…から次は何を?

昔のような生活なんて出来るようになるわけない

スリブリさんは終末期である花子さんにこれ以上何を求めるの?

介護者のエゴ
2018/03/30(Fri) 20:33 | URL | … | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可