FC2ブログ
今週は、戦友2人が花子さんを訪ねてくれた。

苦楽を共にした仲間。

お二人のご主人は、
すでに、お見送りをしている。

家族会ではいつも一緒で、
夫婦そろって楽しんだ。


久しぶりに花子さんに会ってもらう。

前と変わらないと言ってくれた。
肌艶も良く、髪も黒くて、
羨ましがってくれる。


以前会っていた花子さんとは、
全然違う。

でも、お互いに、介護をして
同じような経過をたどっている。

今の状態が良くわかっている。

この病気を知らない人が会うと、
おそらく驚く状態だろう。

なんといって声を掛けたらいいのか、
思いとどまってしまう。

哀れに思い、
僕に慰めの言葉を掛けるかもしれない。

だが、戦友たちは、
今できることを喜んでくれる。

低空飛行の中でも、
その状態から、
良いところをみつけてくれる。


僕は、いつものように、
まず、温かいタオルで顔を拭き、
口腔ケア。

歯ブラシとスポンジブラシを使い、
仕上げに、ガーゼを指に巻き、
口の中をきれいにする。

終わってから、
頬をマッサージして、
顎の下の唾液腺もマッサージ、

やるたびに、
戦友から、
指摘。

スリブリさん、
力入れすぎ。

花子さん、
気持ち良く感じてないよ。

眉間にしわが寄っている。

もっと優しく、
ゆっくりと。


僕は口腔ケアとマッサージは、
きちんと習ったわけではない。

研修、ネットでの映像で理解し、
自己流。

男の力でやっていた。

さすが、
戦友の女性目線。

しっかりと指摘された。



6月末に家族会の世話人の方が、
花子さんに会ってくれた。

その時も、僕の口腔ケアを見せた。

一通り終わったら、
その方が、
花子さんの顔をマッサージしてくれた。

ゆっくり、優しく、柔らかく。

何も言わなかったけど、
手の使い方を見せてくれた。


まだまだ、
勉強しないと。



花子さんのベッドの壁に写真が貼られていた。

息子のお嫁さん、星子さんと一緒に
施設に行ったとき、
花子さんが座っているのを
スタッフが見た。

花子さんが座っているのを
始めて見ました。
一緒の写真を撮りましょう。

その時の写真が
壁に貼られていた。

良い写真。

並んでみると、
花子さん、
小さくなっている。
 
写真を見て、
あらためて、気づいた。

壁の写真 

下のカゴに入っているのは、
僕が持ち込んでいる、
口腔ケア道具一式。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可