FC2ブログ
先日、老健の施設長と面談があった。

息子のお嫁さん、星子さんも
仕事が休みだったので一緒に行った。


施設長は花子さんがお世話になった、
隣の病院の副医院長だ。

部屋に入ると、看護師長、ケアマネージャー、相談員、
栄養士、介護士。

各スタッフの責任者も同席。


今回の面談は、多少、不安があった。

前にも書いたが、
誤嚥性肺炎を起こした前日に、
僕が、お楽しみゼリーを食べさせている。

また、横向きで寝ているときは、
唾液がたくさん出て、
タオルがびっしょりになる。

でも、車椅子に乗っているときは
唾液が出ない。

看護師さんから、
座っているときも唾液は出ているので、
肺に流れ込んでいるのではないか?

と言われたことがある。

  (ただ、別の病院の内科医に相談した時、
   もし肺に流れていたら、
   肺は唾液で一杯になる。
   咳き込みもなければ、
   飲み込んでいるのでしょう。
   と言われました。)



施設から、
誤嚥性肺炎を、おこしたので、
今後の方針として、

ゼリーは禁止。
車椅子もやめて、ベッド。


と言われるのではないかと、
不安があった。



施設長から、これまでの経過の説明。
そして、

これからもご主人の希望の通りに
したいと思います。

ご主人が来られた時に
ゼリーを食べさせても構わないです。

ただ、今熱が出ています。
37度から37度8分の間です。
今日から抗生物質を始めます。

ゼリーと車椅子は
熱が下がってからにしましょう。


熱は何からでしょう。
肺炎が治りきっていないのですか。


レントゲンで肺の影はなくなっています。
おそらく、尿路感染でしょう。



また、熱発の心配が起きた。


でも、危惧していたことはなかった。
僕が責任の下、
ゼリーと、ベッドの離床が認められた。

僕の想いを話し、
星子さんからもお願いがあった。

スタッフ一人一人から今後の話も出た。

看護師、スタッフの中で
共有すると言ってもらえた。


良かった。
安心した。


ほっとした。



花子さんの熱が下がってくれるのを願う。

今日も行ってきたが、
まだ37度2分

抗生剤が入って4日になるが、
微熱は続いてる。

今日は、久しぶりに
笑った表情を見れた。
 
 
入院前より良くなった気がする。


介護家族が皆思う、 
一喜一憂。
 
 
 
星子さんと花子さん。
目を見ている。

20181002 


余談。

施設長の部屋に入ったとき、
施設長は戸惑っていた。

息子さん???

ご主人でしたっけ?


老健は高齢の方が入所しているので、
その連れ合いは、
70代~80代。

僕の年代は少ない。
また、昔から年よりも若く見られる。

看護師長さんから、
ご主人がいらっしゃいました。
と言われて、いつもの70~80代の男と思ったのが、
入ってきたのは、
若い(見た目)男と女性(星子さん)連れ。

混乱したようだ。

皆で笑ってしまった。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
コメント
スリブリさん
多くのスタッフの方々が真剣に親身に関わってくださって、いい施設ですね。
スリブリさんの想いもちゃんと受け止めていただけて、本当によかったです。
心配ご無用でしたね。
微熱は心配ですが、こちらのスタッフさんなら丁寧に看てくださいますね。
お嫁さんの手を握り見つめあう奥様の表情に、しっかりとした意思が感じられます。
嬉しいご報告をありがとうございました!

余談ですが、私も夫の入院先で初対面のスタッフや他のご家族に「あれっ娘さん?」とよく言われます(笑)
2018/10/06(Sat) 11:11 | URL | mm | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可