FC2ブログ
胃ろうを造設したのが
2018年1月16日 ←
1年が経過した。

順調に栄養が入り、
胃ろうの前は30.5㎏だった体重が
今は39kgに増えている。

体重増加とともに
脂肪だけではなく、
多少、筋肉もついてきた。


行くたびに口腔ケアと、
手足の拘縮予防に
マッサージ、伸縮運動を行っている。

足を曲げて伸ばさせると
力強く押し返す。


もしかしたら、
立てるんじゃないかな?

数歩でもよいので、
歩けるかもしれない。


そんな気持ちがわいてくる。

読み返しているユマニチュードでも、
立つことの意味が書かれている。

 

花子さんが最後に立ったのは

2016年7月12日
          ↑
その日のことがブログに書かれている。
  ( 写真を見ると、懐かしい表情 )
  ( この日の日記から、誤嚥性肺炎と
    延命についての苦悩が始まりました )

もう、2年半の間、
一度も立ってない。

ずっと寝たきりだ。


知り合いで、口腔ケアのアドバイスを受けている
作業療法士(OT)に相談メールを送った。

助言をもらう。


また、今の施設の作業療法士(OT)に、
29日に面会。

僕の希望を伝える。

難しいとの返事。
でも、今の時点では。


手を添えてもらいながら、
手足のリハビリの方法を教わる。

時間をかけて、
リハビリをしてみる。

そして、

立つことができれば。


花子さんは、
身体障害者手帳1級。

1人で、座ることも、
立つことも出来ない等級。


もちろん、一人では無理だ。
介助をすることで
わずかな間でも立てれば。

2019.0129

一昨日の写真。

花子さんの服は持ち込み。

施設の中で、
少しでも明るくなればと思い、
僕が買うものは、
明るい色が多い。

花子さんは、
地味な服装が好きだった。

こんなの着せないでよ

と、思っているかもしれない(^_^;)



昨日は施設に行けなかった。

今日は行って、
リハビリをしようと思っていた。


ところが、

午前中に施設から電話。


なんと!

別の階で、
インフルエンザが発生!!

今日から面会が、全面禁止になった!!!


今の体力を維持するために、
また、立つことができるためにも
リハビリがとても重要な時期。

施設では週に2回15分、
リハビリに入ってくれるが、
とても間に合わない。


また、

口腔ケアも大切。

お楽しみゼリーもあきらめていない。

口の中の掃除と、
口腔内、周囲筋マッサージ
唾液腺マッサージは
絶対に必要。


話しかける刺激も大事だ。
僕の声を聞き分けてくれている。

僕が行けば、
車椅子に乗せ、デイルームに連れて行き、
皆さんとお話ができる。

花子さんは人気者だ。


電話をくれた相談員に頼んだが、
特別扱いはできない。

そりゃそうだろう。


会いに行くことができない。
顔を見ることができない。


ショック。


今罹ってる人で治まれば
一週間くらいとは言っていたが、
この流行から、まず無理だろう。

1ヶ月くらいかかるのでは・・・・
それ以上かも・・・・


解除された時、
どのようになっているか。

2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
コメント
インフルエンザ 面会謝絶 困りましたね
私の親戚のいる 特養でも 面会謝絶です
早く 流行が収まるといいですね

ユマニチュードの本 私も読みました
介護を携わってる 人たちが
みんな読んで 実行してくれれば
認知症の人も 介護してる人も
楽になると 思うけど 
難しいのでしょうか

早く春が来るといいですね
2019/02/03(Sun) 00:22 | URL | 内田です | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可