FC2ブログ
僕は
仕事を持っている。
親父と一緒に、
営んでいた仕事。

もう、35年以上続いた事業だ。

それ以外に、
仕事もしている。

認知症の電話相談。
これは
すごくやりがいがある。

僕が歩んできた道を、
同じように進もうとしている、、、

仕方なく、進行する。

そんな人たちの相談に乗っている。


他にも、認知症の家族会に出たり、
講演をしたり。

毎日、手帳がびっしり埋まる忙しさだ。


夜遅くまで、仕事をこなすために、
パソコンに向かっている。



でも、
今、

あんなに、忙しいと言いながら、
駆けずりまわっていたのに、
心の中に、ぽっかりと時間が
空いている。


花子さんのところに
行けなくなっている。


僕の忙しさの中心は、


花子さんのところに行き、
顔を見て、
自己満足のリハビリをし、
良くなりますようにと、
声を掛け、
少しでも、
表情が変わるのを楽しみに、
笑顔でも見られれば
これ以上の幸せはなく、
わめき声でもいい、
声が聞けたことを喜び、
変わらぬ様子を見て、
幸せを感じながら
花子さんのもとを
あとにする。
行けば、2時間、
一緒に過ごす。


その周りに、
仕事が付いていることに気が付く。

いつもつぶやいている

忙しい!

は、花子さんを中心にして、
くっついてきている忙しさ。


でも、昨日も、今日も、
時間に追われる忙しさがある。

相変わらず、
暇なく、動き回っている。

でも、忙しいというのを
感じない、不思議さ。

忙しい中でも、
やり遂げている満足感。

それが、抜けている。


2ヶ所のブログランキングに参加しています。 
それぞれに応援クリック、お願いします。 

   ↓       ↓ 

 にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ 
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/02/07(Thu) 01:06 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可