かみさん、一日の唯一の運動は、
夜、10時過ぎから、僕と出かける、
犬の散歩。


天気がいい時は、気晴らしに散歩でもしてきなよ。
家の周りでもいいから歩ってくれば。

こっちから言っても、なかなか外に出ない。
時々、気が向くと、近所のパン屋さんに行くんだけど、
それも、週に一度、行くかいかないか。
もっと、運動した方がいいんだけど・・・
ここんとこ、いつも腰が痛いって言ってるんで、
湿布を貼ってあげてる。
明らかに、運動不足だな。


僕と一緒の散歩は、何の抵抗もなく行く。
犬と一緒だと楽しいからね。

散歩にはコースがいくつかあって、
駅前の方に行く時は、
いつも、エイト・イレブンに寄ってる。


明日の朝ごはんのパンを買って来て。
自分で行けば。
僕が、犬を見てるから行ってきなよ。
ついでになんか買ってきな。


最近、かみさん散歩の時、ポケットに1万円札を入れてるのを知ってる。
買い物するつもりでいるんだな~。
だからちょっと寄り道。
お金が足りないといけないと思って、
出すのは、いつも万札。
計算苦手だしね。

でも、コンビニの買い物が、2~3千円。
前に、

買いすぎ!
って行ったら、しばらく買い物をしたがらなかったんで、
今は我慢。

こっちは、晩の買い出しに、値引き商品を選んでるってのに。
もっとも、昔は、かみさんが値段を比較して
一生懸命安いのを選んでる時、
僕は値段なんか見ずに、
好きなものをカゴに入れてたっけ。
全く逆。

変われば、変わるものだ。


ブログランキングに参加しています。
良かったら、応援クリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif

コメント
もしかして。。。
エイト・イレブンって、
つるちゃんの通ってる、「えいと・いれぶ☆」 と同じコンビ二かしら?

それにしても、スリブリさん、力抜けてて、いい感じ。
見習わなくちゃv-363
2006/05/13(Sat) 01:29 | URL | かめこ | 【編集
変わるのですw
そう、環境で変わっていくものなんですよね。
うちの相方も、yellと結婚して14年目。
病的なほどのきれい好きだった相方が、今や掃除しない部屋でも結構平気。

・・・いいのか・・・こんなんで・・・?
2006/05/13(Sat) 09:27 | URL | yell | 【編集
介護の天才
だと思います。
上手いなぁって。
ご自分の管理も大変でしょうに。
元々余裕のあるお人柄なんでしょうね(*^^)
2006/05/13(Sat) 17:26 | URL | 朔 | 【編集
介護の天才2
私も そう思います。。
並大抵の ご苦労では 無いと 思うのに さり気なさ
素敵 ( ^ З^)-☆chu!
疲れる時も 人間だから 有ると。。。 そんな時は
思い切り 叫んで(⌒-⌒)  男でも 泣いても いいし。。
無理は 禁物 ボチボチよ。。。   私  最近 集中力
ない。。。♪~♪~ ( =o=)ゞ~~♪~~♪ラララー...
ボチボチいこうと 言うだけ( ・_・) 反省の気持ちは 有るのに。。d(>_< )
2006/05/14(Sun) 11:02 | URL | ボチボチ | 【編集
素晴らしい旦那様ですね
以前、訪問してくださってありがとうございます。私も遊びに来させていただきました。

素敵なブログでとても勉強になります。
私は現在は育児に追われる毎日を送り、仕事を止めてしまいましたが、それまで介護の仕事をしてきました。

ショートステイ専門としてしばらく勤務してきたのですが、その時にたくさんのご家族のお話を聞くことができ、たくさんの行き詰っている方たちを見てきました。
皆さん一生懸命されているんですよね。本当に感心します。

私たちは、仕事として接するので、利用者さんの人生の一部分一部分を切り取って接しています。だから、常に平常心を保てるのですが、ご家族は違いますよね。だから、行き詰るというか、息苦しくなってしまうものなのではないかと思います。

私も、祖母が軽い認知症で、家族として接しているからだと思いますが、仕事のときのような余裕がなくなってしまうことが多々あります。

なのに、スリブリさんは気持ちに余裕があり、本当に頭が下がります。

私は、お年寄りと接することが大好きで、介護の仕事は本当に大好きです。けれども、だからこそ今のサービスのあり方に疑問を持つことが多々ありました。
結局は、利用者さん本来の姿を見ていない、見たくても見れない現状にあります。本当は、もっと利用者さんとこういうことをしたい、こういう対応をしたいと思っても、それが出来なかったりするのが現状で、それに苦しんでいる介護の仕事をしている方は多いと思います。

私が仕事を復帰する際は、一人ひとりの利用者の方たちとじっくり歩んでいけるようなサービスを提供していけるようなところで働きたいと思っています。
大学時代の友人と、認知症のグループホームを作ることが夢でした。しかし、時代が進むにつれ、小規模多機能施設のほうが、利用者さんの深いニーズにこたえていけるのではないかということで、そちらの立ち上げも考えるようになりました。

しかし、先日お互いに若年性認知症の方に対するサービスがあってもいいのではないかと、そちらの立ち上げについても考えていこうという話をしたところでした。

認知症といえば、お年寄りというイメージが先行しているため、なかなか若年性認知症の方に対するサービスが少ないのではないか、今のサービスを利用するということは、本人にとって苦痛なのではないか、等考えています。
実際、配偶者やお子さんもまだお若いご家族が多いので、何かしらで家を空けなくてはならない時、ほんの2,3時間でも、お茶のみ感覚、仕事感覚(人それぞれだと思いますが)で、精神的に苦しまないでいれる場所があったらどうなのかな?と思うのですが。
もちろん、泊まりだって、一日おきに来たっていい、デイサービスやショートステイの機能がある場所があればどうなのかな・・・と。

若年性認知症の方といわゆる高齢者の認知症とは、おなじ病気であっても、全く違ったケアが必要なのではと考えています。

私たちが考えていることは甘いのでしょうか?アドバイスいただければと思っています。

初めてのコメントなのに長々とすみませんでした。また、遊びにこさせてください。
2006/05/14(Sun) 15:08 | URL | しゃっぽ | 【編集
家庭のお財布、渡したほうが勝ちv-61
お財布、握って得な事ないですもの。

スリブリさんが安いものを探して、
花子さんが買いたい物を買ってv-274

穏やかな日々が続きますように。
2006/05/14(Sun) 18:55 | URL | keiko | 【編集
かめこさん、yellさん、朔さん、ボチボチさん、しゃっぽさん、keikoさん
ごめんなさい。
バタバタしてまして。
お返事は明日 m(__)m
2006/05/15(Mon) 01:14 | URL | スリブリ | 【編集
仲間っていいですよね~同窓会~
本音でしゃべれる友人と飲むっていいですね!!
2006/05/15(Mon) 10:46 | URL | のんちゃん | 【編集
かめこさん
「えいと・いれぶ☆」って、「せぶん・いれぶ☆」をパロッてんじゃなかったの?
実在するんだ~
お店の人ごめんなさい。
間違えた。

見習うなんて・・・とんでもない。
こっちのせりふ。
 
2006/05/15(Mon) 23:58 | URL | スリブリ | 【編集
yellさん
変わるのは、進歩としとこうi-87
2006/05/15(Mon) 23:59 | URL | スリブリ | 【編集
朔さん
そんなこと全然ないんです。
まだ、介護まで行ってないし。
昨日、友達と色々話して、
僕なんかまだまだって、
自己嫌悪。
ハア~
今度、記事にするね。
2006/05/16(Tue) 00:02 | URL | スリブリ | 【編集
ボチボチさん
きのう、友達に同じこと言われました。
思いっきり泣けって。
すっきりするぞ~
と言われた。
3~4回あるかな~
自分が、いっぱいいっぱいの時だったかも。
最近は、少し余裕が出てきましたよ。

2006/05/16(Tue) 00:08 | URL | スリブリ | 【編集
しゃっぽさん
いらっしゃいませ
コメントいただいてありがとうございます。

以前介護の仕事をされていて、
一度は中断しながら、
また、目指そうと言うのは素晴らしいですね。
子育てをされた経験が役立ち、
違った視点で、仕事に当たることが出来ると思います。

最近、テレビの福祉番組で、若年性認知症が
よく取り上げられています。
40代、50代で認知症になるというのがあまり理解されていませんので、
少しでもわかってもらえればと思います。

かみさんもデイサービスを考えたことがあります。
でも、自分の中で、しっかりした部分、体力もありますので、
お年寄りの中に入っていくことにすごく抵抗感を持っています。
自尊心がまだ強いように思います。
でも、気持ちはそうであっても、現実は認知症が進行しています。
若年と呼ばれる年代の人は、
仕事もあり、子育てもある、そして親の介護も重なってくる。
そういった状況に悩んでいる方はたくさんいると思います。

介護保険制度が4月から変わりました。
若年だと要支援の段階の方が多く、
施設にしても、家族にとっても厳しい状況になってきそうです。
不安はいっぱいですが、
何とかなるさ
と言う気持ちで過ごしてます。

これからも宜しくお願いします。


2006/05/16(Tue) 00:50 | URL | スリブリ | 【編集
keikoさん
かみさんには、自分でお金を管理させてるんだ
と思わせて、別に少しだけ持ってるんです。
僕が、へそくり状態。
気をつかうけど、面白いですよ。
            ↑
      こうやって、パソコンの前だから
      言えるんだけどね。
2006/05/16(Tue) 00:54 | URL | スリブリ | 【編集
のんちゃん
中学、高校時代の連中って、
肩書き関係ないからね。
すぐに、昔のオレとお前になれる。

でも、どういうわけか、
最近昔の友達から呼び出しが多い。
僕の年代は、みんな寂しい思いをしてるのかもv-393
2006/05/16(Tue) 00:59 | URL | スリブリ | 【編集
ありがとうございます
忙しい中、お返事ありがとうございます。

やはり、若年性認知症の方には現行の介護保険制度ではカバーしきれない問題も多々含まれているのかなと思います。

実際、介護度によって状態が区分されていますが、意外に軽く診断された方のほうが大変なケースは多々あるかと思います。
気持ちの面ではまだしっかりしているというプライドと認知症の進行の具合が比例しないために、自身の中に摩擦が起きてくるのかと思います。
時に、この摩擦が認知症を進めているような気にもなったりします。

現在あるデイサービスでは、やはりお年寄りの方が多く、なかなか若い方はなじめない傾向にあります(デイサービスの相談員をしていたもので)。なぜなら、サービスの中身が、年配の方に合わせてあるため、若い方からしたらその輪には入りたくない、と思うからだと思います。もちろん人によって感じ方は違うので、楽しんでらっしゃる方もいらっしゃいましたが。

時に、若い方は職員と同じ目線になることがあります。けれど、それでいいと思っています。わざわざ今のデイサービスに当てはめようとするから、ご本人は行きたくなくなり、自分を責めたり、うちにこもったりするような気がします。

介護度が低いということは、サービスを使える単位数が少ないということで、実費を出さざるを得なかったり、サービスを提供する側にとって見れば、介護報酬が少なくなったりと、問題が多いかもしれませんが、制度の下で頑張っているご本人、ご家族にやさしい世の中になってほしいものです。

また、遊びにきます。
2006/05/17(Wed) 13:05 | URL | しゃっぽ | 【編集
しゃっぽさん
病院で、デイサービスに行くことを何度も勧められている。
人と触れ合うことが大事だから。
でも、かみさんは送迎の車を見ただけでダメなんだな~
どうしてもお年寄りの中に入るっていう意識がある。
先生から、デイサービスで、お手伝いにするつもりで行ったらどうですか
とも言われた。
昔は、お年寄りを相手にするのが好きだったんで、
そういう気持ちになってくれればと思うんだけど。
なかなか難しい。
2006/05/17(Wed) 22:40 | URL | スリブリ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック