5日は、栃木で打ち合わせ。
6時頃東京に戻る。
それから会社に戻っても仕事できないし、
飲みに行くのも早い。
それで、映画「明日の記憶」を見てきました。


ホントはそのつもりで、狙ってたんだけどね。


先日のテレビ番組で、渡辺謙さんが出演していた。
封切り前に、家族会の方を試写会に招待して、
涙ぐみながら挨拶をしていた。


この映画は、是非皆様に見てほしいんです。
見たあとに、辛い気持ちが残るような作り方はしていないつもりです。


同じように、「若年性アルツハイマー」と診断された
家族を持つ身としては
やはり、気になる映画。
かみさんとは一緒に、見に行かれないので、
ちょうど、いい機会でした。


まだ見ていないけど、これから見ようと思っている方。
ここから先は、読まない方がいいと思いますよ。
ストーリーが分かってしまうから。



 


映画館に入るのに、少し緊張してしまいました。
始まる前に、トイレへ2回も行ってしまった。


絶対、泣くだろうな~
と、心の準備をして見始めた。
案の定、始まったばかりの、2010年のシーンから、
すでにウルウルしてしまった。
会社の同僚、クライアントに励まされるシーン・・・
樋口可南子が、切れてしまい、文句を言いながら、
外に飛び出して、一人で泣くところ・・・
渡辺謙が、携帯電話を握りながら、寝ている・・・
日常の生活・・・
何度も同じものを買う、そこいら中に貼り紙・・・
一つ一つが、今の僕たちの状況とダブり、
どうしても置き換えてしまう。
涙が止まらなかった。


ラストシーンは、これから起こることを予感させられ、
見入ってしまった。


映画館を出て、有楽町の駅まで歩く間、
切なくなってしまいました。



6月1日の日記に、まろんさんからコメントを頂きました。
 (日付の横の、小さい「コメント」という字を押すと出てきます)
まろんさんの、前向きの考え方には、感動します。


その中で、この映画は、認知症の病いにかかっている方と、
家族に希望を与えるものではなく、夫婦の愛情を教えてくれる。
とおっしゃっています。
僕もそう思いました。


このところ、テレビで若年認知症が、よく取り上げられていますが、
なんとなく、消化不良に感じていました。
病気にかかった方の、深刻な症状と、
家族の、愛情、そして周りのサポートが描かれています。
でも、僕は、良くなるのではないか、
進行を少しでも、止められることができるのではないか、
という、
希望がほしいんです。


だけど、取り上げてもらえるのはありがたいと思う。
ご年配の方の病と思われていた認知症が、
若い人でもかかる。
理解してもらえることが大事。
家族の愛情と、暖かい思いやりを見させていただけると、
僕も元気をもらえ、張り合いができる。
今の生活に、励ましをもらえる。


ブログランキングに参加しています。
もし良かったら、応援クリックをお願いします。
   ↓
banner_03.gif

テーマ:明日の記憶
ジャンル:映画
コメント
高齢者の病気だけじゃない。
最近は本当によく取り上げられるようになりましたね。
うわべだけじゃない本当の姿。
そして実際。
正しく取り上げてもらいたいと思ったりします。
私は映画を見てはいませんが、私の周りの評判は良かったです。
2006/06/07(Wed) 18:35 | URL | ゆあ | 【編集
私も映画・・見に行きたいと思っています
出来れば 旦那と (この場合、行く確立はグッと減りますが)
自分に置き換えて見るか 旦那に置き換えて見るか
今は 考えられませんし、見終わった後の自分の心の中も
全く想像がつきません
そのくらい 表面だけ・・なんとなく考えながら見ればいいものではないと思うからから・・
見終わったあと、少しでも強い気持ちになった自分が そこに
立っていれば いいな なんて 思う ともンちです
2006/06/07(Wed) 19:06 | URL | ともンち | 【編集
私もみたいです。
誰になるかわからない病気です。
テレビでもちゃんと取り上げて欲しいですね。
色んな事、皆で考えて行きたいです。
2006/06/07(Wed) 20:20 | URL | 朔 | 【編集
そうですよね
今 現実の中でこの病気と向かい合って居る人は 色々な思いでこの映画を見ているんでしょうね
私はまだ見てないですが 見たい映画です。
結局後半の記事も読んでしまいましたよ~気になって・・・(^^;)
2006/06/07(Wed) 21:11 | URL | ウルル | 【編集
私も映画見るの、少し怖かったですよ。
いつも一人で映画に行くのは平気なのに、
誰かについて来てほしいなって思いました。
結局一人で行きましたが・・・
私もだいぶ泣きました。そして、少しすっきりもしました。
(はずかしいけど、こうやって感情を出すことも時には必要かなと思います)
病気になったことは、悲しくてつらいけれど、
その中で気づくこと、そして喜びやあたたかい気持ちがある
ということが静かに伝わってくる感じがしました。
不安がらずに歩んで行けたらいいなぁと思います。
2006/06/08(Thu) 00:08 | URL | nozomi | 【編集
ゆあさん
早いコメントありがとう。
アップしたあと、見直して、
手を加えてたら、
もうコメントが入っていてびっくり。
立場によってとらえ方が違うと思う。
仕事でかかわってる人たちは、
どう思うのか気になっていたところです。
2006/06/08(Thu) 00:30 | URL | スリブリ | 【編集
一番
v-398狙ってました。
なーんて。
確かに携わる人によって見方が違うのはたしかですよね。
いろんな人の意見が聞けるといいですね。
2006/06/08(Thu) 10:22 | URL | ゆあ | 【編集
毎日読ませて戴いています。
久しぶりに書き込みさせて戴きます。

「明日の記憶」 封切り間もない頃 家族で観てきました。
知り合いに若年性認知症を介護なさった方がおり その経緯も伺っておりましたので 仕事をなさって迷子になる映像にこういう事なんだなと改めて認識出来ました。
仕事上記憶を留めるためのメモの仕方「なるほど」と納得しました。

順繰りに起きる場面に 自分の介護してきた道も見えました。

>僕たちは、良くなるのではないか、
 進行を少しでも、止められることができるのではないか、という、
 希望がほしいんです。

 本当ですね。
 数年前 介護仲間が「効くならば認可されて居ないアリセプト以外の 薬すら試して見たい」とネットであれこれ検索したり医師に聞きまわっ ていたこと事は忘れられません。
 「何処かで ひょっこりと脳の回路が繋がるのでは無いか」と信じ お 互いに励ましあって介護していた事を思い出します。
 希望を繋ぎながら介護に向き合っていければと思っています。
 スリブリさんもそれに近いお気持ちかなと感じて 応援のメッセージ
 を送らせて頂きます。
2006/06/08(Thu) 10:55 | URL | H | 【編集
この映画って渡辺謙さんの初主演映画なんですよね~^^

私も見に行くつもりです!

かなりリアルな表現になっていると評判ですので、
楽しみ半分、怖さ半分です・・・^^;
2006/06/08(Thu) 11:10 | URL | はる | 【編集
スリブリさん、こんにちは。
私もまろんさんも、あまり先を考えていません。現実から逃避しているのとは違いますが、「今」を生きているのに、先を考えて不安材料を膨らませて今を楽しめないのは、いい生き方じゃないなぁ~って思うんです。

私たちは、「ただただ一日一日」です。朝は、今日一日が心穏やかに過ごせるように願い、夕方には今日一日生かされた感謝と、一日の心の動きはどうだったか、愛の心や感謝の心で過ごせたかどうか、反省しつつ振り返り明日につなげます。こういう一日の積み重ねが、自分の人生を作っていくのだと思うと、明るい気持ちで過ごし、少しでも人のお役に立っていけるような生き方がしたいなって思います。

な~んて言いつつ、一昨日まろんさんと大喧嘩!数ヶ月ぶりの大喧嘩でした。でも、それもたまには良かったかな、なんて思います。日常の何気ないおしゃべりや散歩、ふたりで笑ってることがどんなに幸せなことかって再確認させてもらったし。この喧嘩から、またまろんさんを大切に思って、愛をかけていこうって思えたし。心がゆったり過ごせることが何よりの幸せだなって、そう思います。たとえ進行を止めることは出来なくても、幸せを感じて生きていくつもりです。(ちょとカッコ良すぎたかなぁ・・でも本音です)
2006/06/08(Thu) 16:37 | URL | さくら | 【編集
こんばんわ
はじめまして、こんばんわ。

私も「明日の記憶」を見たので、書き込ませて頂きました。
映画は他の人と一緒に行ったので泣く事が出来なかったんですけど、一人だったらきっと泣いてしまったかもしれません。
退職するシーンは本当に、涙をこらえるのに必死でした。

奥さんの介護大変だと思いますけど、頑張って下さい!

それでは失礼します。




2006/06/08(Thu) 22:47 | URL | 桃うさぎ。 | 【編集
ともンちさん
僕の場合は、映画と同時進行形のところがあったんで、
特に、響いた。
置き換えるのは難しいかも。
でも、ともンちさんだったら、
もっと、違う目で、見れると思う。
期待してしまう。
と、プレッシャー?i-179
2006/06/09(Fri) 00:26 | URL | スリブリ | 【編集
朔さん
そう、
いろんなことを考えてみたい。
でも、朔さん
考えすぎちゃダメだよi-236
2006/06/09(Fri) 00:38 | URL | スリブリ | 【編集
ウルルさん
記事を全部読んじゃいましたか?
でも、大丈夫、
一度書いた、ラストシーンのところは、
消しときましたから。
さすがに全部書くのは
気が引けた。
2006/06/09(Fri) 00:42 | URL | スリブリ | 【編集
nozomiさん
怒ったり、泣いたり、笑ったり。
感情豊かなことは大事だと思う。
介護する側は、つい悲観的になってしまうことがある。
でも、何とかなるさ。
って思ってると、気持ちも楽になる。
暗いと、相手にすぐ伝わるからね。
自分が明るければ
良い方に回っていくと思う。
2006/06/09(Fri) 00:51 | URL | スリブリ | 【編集
はじめまして。
いつも読ませて頂いています。39歳の主婦です。
こうやってコメント書いたりパソコンでメールするの初めてなのでちゃんと届くか心配なのですが・・・
主人の父が10年ほど前にアルツハイマーの診断を受けました。60歳の時です。
2006/06/09(Fri) 12:03 | URL | きよ | 【編集
ゆあさん
連投ありがとうv-221     
2006/06/09(Fri) 12:16 | URL | スリブリ | 【編集
Hさん
応援ありがとうございます。

ドクター役の及川光博が、
飛び降りようとしている、渡辺謙の説得に
「もしかしたら新薬ができるかもしれない。
 今できる精一杯のことをしたい。
 あきらめないでほしい」
と言ってましたね。
このせりふは良かったな~
期待してるんです。
2006/06/09(Fri) 12:27 | URL | スリブリ | 【編集
はるさん
いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

初主演か~
そういわれてみると、ホントだ。
貫禄は、ハリウッドのスター以上だけどね。

見ることをお勧めします。
2006/06/09(Fri) 12:32 | URL | スリブリ | 【編集
さくらさん
コメントありがとう。

さくらさんとまろんさんの
やさしさが伝わってきます。
相手に対する思いやりは、その通りだと思う。
僕も、時々は(しょっちゅうかも)ぶつかりながら、
根っこのところは、いつまでも、穏やかに、
愛情を持って暮らして生きたいと思ってる。

記事にまろんさんのことを引き合いに出して、
構わなかったか、今も不安に思っています。
うれしいコメントだったので、
皆さんにも見てもらいたくて。

追加
自分の記事を読み返して、
「僕たちは、良くなるのではないか・・・」
って書いていました。
これは、かみさんと、僕、そして、家族たちのことを言ったんだけど、
認知症と診断された人、皆の代弁みたいに読める。
「僕」に訂正しました。

2006/06/09(Fri) 12:52 | URL | スリブリ | 【編集
桃うさぎさん
いらっしゃいませ
コメントありがとう。

僕も前は、テレビ、映画を見て泣くのが恥ずかしくて、
一生懸命こらえてた。
かみさんの前でも、泣いたことなかったんです。
でも、今は、こらえるより先に、
涙が出てしまうんで、
もう、開き直り。
そうすると、スポーツ番組、ドキュメントでも、
ぼろぼろ。
すっきりするよ。
2006/06/09(Fri) 12:57 | URL | スリブリ | 【編集
きよさん
いらっしゃいませ
コメントありがとう。

初コメントに、ここを選んでくれたんだね。
ありがとう。
きちんと届いてますよ。
メールの方も、練習台に使って下さい。i-179
2006/06/09(Fri) 12:59 | URL | スリブリ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/09(Fri) 15:04 |  |  | 【編集
診察日でした
スリブリさんへ
引き合いに出したことを不安に思っているとの事ですが、全然かまいませんよ。むしろ光栄だと思っています。
今日は2週間に1度の心療内科の診察日でした。きのう、さくらさんとあじさい祭と日帰り温泉に行ったという事を話したら、前向きでとても良いことですねと先生もとても喜んでくれました。
これから畑に行って大根とほうれん草を収穫に行こうと思っています。大根の葉っぱはぬか漬けにするつもりです。将来のことを考えると暗くなるばかりですが、先生もその日その日のことだけを考えた方が良いとおっしゃいましたので(心からそう思うのは、なかなか難しいですが)、自分でもできるだけそう思うようしたいと思っています。
2006/06/09(Fri) 15:35 | URL | まろん | 【編集
いってきましたよ。
母にもみせました。
母はやっと私の事をっ分かってくれたようです。
でもいつまで病気のこと家族のことおぼえているだろうか・・・
2006/06/10(Sat) 20:59 | URL | hanamaru2224 | 【編集
まろんさん
コメントありがとうございます。
安心しました。

かみさん、なかなか自分から前向きになれないんです。
でも、誘うと喜んでついてくる。
前記事にも書きましたが、
笠間のツツジ祭りに連れて行ったら、
すごく感動していた。
僕も、一緒にストレス抜けたような気がします。
2006/06/11(Sun) 18:30 | URL | スリブリ | 【編集
hanamaru2224さん
見てきましたか。
お母さん、
「家族がいないとやっていけないし、言われたことが正しいとわかった。」
って思ってくれたんだね。
良かったね。
夫婦だと、生活がそのまま乗っかってくる。
でも、夫婦でも、親子でも、相手を思う気持ちは同じ。
2006/06/11(Sun) 18:41 | URL | スリブリ | 【編集
ぷれっしゃー・・だけど、スリブリさんにそう言ってもらって心が少し膨らんだような気持ちo(^-^)o
映画を観に行くのはとても難しくなって来ましたが(嫁は辛い)映画じゃなくても単行本があるから・・
活字・・苦手だけど、読んでみたいです(^^ゞ
2006/06/11(Sun) 20:40 | URL | ともンち | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/11(Sun) 21:27 |  |  | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/07/01(Sun) 23:57 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック