かみさんの腰の具合が良くない。
夜中、痛くて寝れていない。
先週末頃からは、痛がりながら、泣いている。
朝は、いつも泣きはらした顔。
見ていると、こっちも辛くなる。

午後からは、わりと調子が良い。
洗濯もできている。
ただ、雨が続いてるのに、洗濯するので、 部屋中、洗濯物だらけだけどね。

毎日リハビリに連れて行ってるけど、終ると、楽になったと言っている。
夜寝るまでは具合が良いので、気を抜くと、
横になるとすぐに、痛がる。
痛み止めの薬を飲ませ、湿布を貼る。
腰を撫でていると、落ちついて静かにしているが、
僕が寝ると、又具合が悪くなる。
痛がるだけでなく、布団を蹴飛ばしたり、
床に寝たりして落ち着かない。
やめさせようとしても、痛みを取るのと逆のことばかりしている。

腰痛だけじゃないんだろうな。
それが引き金になって、
精神的に押しつぶされそうになってると思う。

ここんとこ、毎日1~2時間置きに起こる。
僕もちょっと疲れ気味。
イライラして診れない時も。
昼間、頭がボーっとしている。

おいおい
調子悪いのは、パソコンまでにしてくれよ。

リハビリの時に、もう一度診てもらおう。
コメント
ちょっと厳しいですね
腰部はしっかりみて貰っておいた方が良いですよね。

あやちゃんも、夜は不安が大きくなるようです。
今、ご主人が出張中で30日まで、一人です。
息子さんや私たちで泊まっていますが、やはりご主人がいいようです。

本を読んだり数学の事をやったりして、今朝方まで起きていました。
スリブリさんのお気持ち、少し分かるような気がします。
2006/11/21(Tue) 07:50 | URL | にんじんクラブ | 【編集
腰の痛みはなんともいえないものがありますよね
日中、少々いたくてもせめて夜ぐらいは身体を休めたいのに
痛くて寝れないのでは、追い詰められるような気分ですね

私は以前、ブロック注射をして治しましたが、それまでは大変でした
日中は痛くても気が紛れるからなんとかなるンだけど
夜、寝返りも出来ず、ちょっとの動きで声が出るくらい痛くて
泣きたかった・・・
でも、旦那に腰をさすってももらえなかった
これは、お互い様かな~

花子さん、どうぞお大事にしてください
通院の後、幾らかでもよくなることを祈ってます
2006/11/21(Tue) 19:21 | URL | ともンち | 【編集
寂しい
腰は大事です。よく看てあげてください。
きちんとした検査をうけられましたでしょうか。
難しい病の場合もありますから・・・
寂しい・・・という思いもあると思います。
寒くなっていきますのでお気をつけください。
2006/11/22(Wed) 17:48 | URL | 水木 | 【編集
遅れましたがブログ記念日おめでとうございます。
いつも読ませてもらっています。
腰痛・・何度も経験してます。私は鍼治療をしてもらっています
花子さん辛いね。でも眠れないスリブリさんも辛いですね。お大事にしてください・
2006/11/22(Wed) 19:18 | URL | nonnko | 【編集
<深刻>
11月14日受診から1週間。状態の改善は見られていないご様子。
花子さんもお辛いし、スリブリさんも不眠に、受診付き添い、お仕事
おまけにPCとらぶる.....。どっとお疲れですね。大丈夫ですか?
整形の場合、時間が薬とおっしゃるDr.多いですが、
待つ時間は本当に耐えられないくらい長いですよねそして生活は常にそこにある。
なんと申し上げたらよいか、言葉も見つかりません。
花子さんどうぞお大事に。スリブリさんお体御自愛ください。
2006/11/22(Wed) 23:49 | URL | rita | 【編集
初めまして。
初めまして。m(__)m
昨日今日と2日間で一気に読ませていただきました。
カウンター回しっぱなしですいません。
コメントを書こうと思いましたが上手くまとまらなくて・・・。
ごめんなさいです。

奥様の腰痛、アルツハイマーに加えて心配ですね。
ぽんたもよく腰が痛くて「さすってよ!」て無理難題を言ってしまうことがあります。
無理難題なのはぽんた旦那は「縦靱帯骨化症」という難病でぽんたの腰の痛みなんて比べものにならないくらい痛みのある病気だから。
なのに、心も体も疲れてくると「ぽんたがこんなにしんどい思いしているのになんで寝ていられるのさ!」ってわがままが頭を出してしまいます。
ほんとはね、ただ側で大事だよって思っててほしいだけの甘えなんですが。
スリブリ様の奥様とは全く立場が違うので何言ってるんだって思われますね。
ごめんなさい。

立場が違うと言えばぽんた父は老人性認知証でした。
スリブリ様のブログを読みながら、もっとがんばれたかもしれない。
もっと優しくできたかもしれない。と自分を振り返って涙が止まりませんでした。
重度のリウマチの体を支える力も、認知証で夢と現実をさまよう言動を認める心も足りなかった去年の自分が恨めしいです。
父が生きていてくれたら・・・住む人のいなくなった家に帰ってきてスリブリ様のブログを読みながら悲しくて仕方がありません。
何を思ってももう遅いけれど、今はスリブリ様の日々に少しでも笑顔が増えることを祈ります。

スリブリ様もお身体お大事にして下さい。
初めましてなのに長いコメントになってしまってごめんなさいです。m(__)m
2006/11/23(Thu) 00:20 | URL | ぽんた3号 | 【編集
コメントレスは気にしないでください♪
私を含めてここに来られる方は、そりゃコメントレスがもらえたら嬉しいですけれど、それよりスリプリさんの元気な記事を待っていらっしゃると思います。
奥様の腰痛が治りますように・・祈らせてくださいね。
それと、スリプリさんもお疲れが出ませんように。。
2006/11/24(Fri) 11:23 | URL | 三毛猫 | 【編集
にんじんクラブさん
あやちゃんは、それは寂しいですね。
僕が出かけていると、
息子が家にいてもだめ。
一番わがまま言える人がいいみたい。
でも、皆さんの支えは心強いです。
2006/11/26(Sun) 13:59 | URL | スリブリ→にんじんクラブさんへ | 【編集
ともンちさん
ブロック注射をしたんだ・・・
それで、今は大丈夫?
かみさんの腰は、レントゲンを見ると、
骨どうしが、くっつきそうになっているんで、
治るのか不安。
先生からは
太りすぎず、運動するように言われたけど、
これも、守れそうにないし。
でも、少しずつ痛みは和らいでいるみたい。
2006/11/26(Sun) 14:03 | URL | スリブリ→ともンちさんへ | 【編集
水木さん
感情と比例するみたいです。
精神的な辛さからも
来ているような気がします。
悲観的になってしまうんだろうな~
気分転換をしていると
腰の痛みも忘れてくれます。
2006/11/26(Sun) 14:06 | URL | スリブリ→水木さんへ | 【編集
nonnkoさん
ありがとうございます
今回の記事で、
ここに来て頂いている方の中にも
腰痛に悩んでいる人がたくさんいるというのを知りました。
やっぱり、皆さん苦しんでる。
僕も、ぎっくり腰をしたことが
2回ある。
息ができなくなるぐらい痛かった。
癖になるんで、おっかない。
鍼治療か~
経験ないな~
ちょっと、調べてみよう。
2006/11/26(Sun) 17:19 | URL | スリブリ→nonnkoさんへ | 【編集
ritaさん
ご心配おかけします。
1週間リハビリして、良くならなかったんで、
先週から牽引が始まりました。
多少良くなったみたい。
夜寝れるのが何より。
痛みはでてるけど、
湿布すると落ち着く。
でも、牽引は腰痛に良くないと言う人もいるし。
落ち着いてくれるのを願ってます。
2006/11/26(Sun) 17:22 | URL | スリブリ→ritaさんへ | 【編集
ぽんた3号さん
いらっしゃいませ
コメントありがとうございます。
始めてコメントを頂いたのに、
返事が遅くなってすみませんでした。
また来てくれてるかな?

ぽんたさんのコメントをみて、
かみさんもきっと同じような気持ちで痛がり、
僕を振り向かせようとしてるのではないかなと思いました。
夜、布団をつついて僕を呼ぶ。
僕も眠いんで、いらだつことも。
かみさん、もっと具合が悪くなる。
こっちをみてよ。
という気持ちだと思う。
添い寝をして、撫でていると、寝ついてくれる。

僕が出かけてると、
電話が鳴り続ける。
これも一緒だな~
自分でもわがままを言ってるのはわかってる。
でもしょうがないんだろう。
理解はしていても、
気持ちが付いていけないときもあります。
無理をしない程度に、
できるだけわがままをさせようと思う。

今までの記事も読んでいただけたんですね。
ありがとう。
これからもよろしくお願いします。
2006/11/26(Sun) 17:37 | URL | スリブリ→ぽんた3号さんへ | 【編集
三毛猫さん
ありがとう。
ブログを見るプロi-179
三毛猫さんに
「コメントレス気にしないで」
なんて言われると、安心する。
ちょっと気になっているんです。
もらった「義理返し」と言う事じゃないですよ。
コメントを見て、皆さんが気にしてくれてることに、
お礼の返事をしたい。
今日、1日がかりで返事を書いてるけど、
ほっとしてます。
2006/11/26(Sun) 17:44 | URL | スリブリ→三毛猫さんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック