昨日は、中学時代の友達と新年会


数日前は、かみさん調子悪かったけど、
前日から良くなっていた。
でも、僕が夜いないというのは、
かみさんにとって、不安で、落ち着かないこと。
伝えるのは、14時くらいまで待っていた。


今日の夜、出かけるから。
タロウは、いるから大丈夫だよ。


返事しない。
ショックになったのが伝わってくる。


でも、今回は、出かけるつもり。
僕にとって、すごく大切な日になる気がしている。
僕のことを心配して、わざわざ集まってくれる。


出かけるまで、一階で仕事をしていた。
携帯に電話がかかる。
かみさんからだった。


どこにいるの?
下で仕事をしてるよ。
だって、入り口を開けたら、靴がなかったから、
もう出かけたと思った。


見たら、仕事場へ履いていくサンダルがない。
家の玄関に戻ると、
いつも履く靴が、2足ともない。
階段下の納戸を見たら、
ティッシュの下にサンダルと靴が入っていた。


かみさん、僕が出かけると知って、
靴を隠した。
でも、隠したことを忘れて、
もう出かけたと思ったみたい。
1時間くらいの間のことなんだけど。


18時に、出かける用意をしに、2階へ上がる。
もうだめ、ドアを閉めて、僕を出かけようとさせない。
でも、今回は、無理やり押し開けて、
出かけた。
かみさん、コートを隠したんで、
セーターのまま。


辛い思いをさせている。
でも、僕が出かけることも
分かってもらわないと。
これからも、仕事で、出かけることはたくさんある。


今回集まってくれたのは、
男性2人、女性2人で、僕を含めて5人。


2人は、親の介護の経験がある。
大変な過程があった。
1人は、グループホームに勤めて、
介護の現場にいる。
1人は、今も鬱の治療をしている。
開き直ってから自分を認めるようになっている。


4人が、本当に心配してくれて、
真剣に、渾身の力を入れて話してくれる。
僕の言うことはすべて理解し、
その先まで、分かってくれる。
僕の甘い考えを、へし折る。
このままだと、僕達の、危険な状態まで、
予想する。


僕が一人相撲を取っているのを分からせてくれる。
いろんなことを知った上で、
攻めの仕事をするように、
アドバイスをしてくれる。
あまりにも、心に響く時間だった。


1件目のお店を出て、
もう1件付き合ってくれた。


家に帰るのが、
1時を過ぎてしまった。
かみさんに、すごく寂しい思いをさせてしまった。
帰ったら不機嫌。
朝まで続く。


でも、寂しく、不安な気持ちにさせてしまったこの時間は、
決して無駄ではなく、
二人にとって有意義な時間だったと思う。


昼くらいまで、精神的な不安があったけど、
気晴らしが必要なんで、
午後、
かけようと誘う。


最初は、行かない!と言ってたけど、
着替え始めた。


ランをつれて、駒沢オリンピック公園の
ドッグランへ行ってきた。


犬が駆けずり回っているところを見る。
広い公園を散歩して、
ゆっくりとした、楽しい時間をすごした。


花子さん、すごく穏やか。
落ち着いているし、
やさしい微笑みが出ている。


大丈夫。


 


だけど・・・
僕は、今、中学時代、高校時代の友達から
たくさんの助けをもらっている。
学生時代、
友達グループの中で、
僕は、決して目立つほうではなかった。
リーダーでもないし、くっついているほうだった。
途中会わなかった時期もある。
それが、40年近く経って、
何で、みんな、そんなに親身になってくれるんだろう。
いい奴ばかり。
それを考えただけで、
ありがたく、
涙が出てくる。


ブログランキングに参加しています。
良かったら、応援クリックをお願いします。
    ↓
banner_03.gif 

テーマ:つぶやき
ジャンル:福祉・ボランティア
コメント
新年会
出かけられたのですね。
本当に、スリブリさんには、
親身になってくれるお友達が、何人もいらっしゃるのですよね。

それにしても、
花子さん、なかなかやるなぁ。
私は、逆に安心しました。
自分の気持ちを、ストレートに表現されているから。
ランちゃんもセラピー犬ね。
2007/01/29(Mon) 01:21 | URL | かめこ | 【編集
ホントの気持ちしか通じない
昨日、名無しで投稿してしまいました。
私も当事者です。

今日の話を読んで、思ったことは、
もしスリブリさんが行かなかったとしても、花子さんはあれますよ。
違う意味でね。
今度は行かせてやらなかったことに、気を遣って・・・(きっと)

普通の感じも分かるし、病気だってことも分かるし、自分の状態は知っていますよ。それだけでも辛い。その上に、
自分が立っているところの底がいきなりパッと抜けて、真っ白い闇に落ちてしまうと言う恐怖も襲ってくるんです。怖いとしか言いようが無く、私も伝えきれず、家族が混乱してしまうのをどうしたらよいか分からず、それでまた、混乱するのです。

甘いものでは無いです。
私もこれを精一杯で書いています。
花子さんがあんまり話をしない、自分の思いを言わないと書いてあったからです。

昨日のコメントに、誰かが、すぐに分かろうとしないで、って書いてありましたが、焦って分かろうとしないでください。

それよりも、きちんと話をしてほしい。
ごまかさないでほしい。
私たちが分からないからと言って、子供だましはしないでほしい。
これはスリブリさんに言っているのでは無く、介護する人に聞いて欲しいことです。

私ももうすぐ、こんな事を言ってはいられなくなります。
だから、この人気NO1のbぉgを使わせて貰いました。
失礼なことは承知していますが、今しか、私にも時間がありません。

 


2007/01/29(Mon) 08:05 | URL | 通りすがりB | 【編集
スリブリさんの気持ちも 花子さんの気持ちも
ひしひしと伝わってくるから ただただ何も言えないです
その場に居ても、ただ何も言わず見ているだけしか出来ないと思う
花子さんも きっと心の中では行かせてあげたいと思っている
でも、感情のコントロールが上手く出来なくて、その場の気持ちがそのまま出てしまうのでしょうね
だから、通りすがりBさんも書いておられますが、スリブリさんが行くのを止めても、荒れてしまうと思う。
その気持ちを思うだけで 切なくなります。

でも・・・本当に素敵なお友達ですね!
私としては、その時のみなさんの会話を聞かせて欲しいです
きっとどんな本よりも、凄く心に響く役に立つ内容だと思います
40年経って・・・
それはきっと類は友を呼ぶ。ってことではないかしら?
スリブリさんがガンバっているから、周りの頑張り仲間が集まってくるのかも
そして思う。
いつか今度は スリブリさんが、同じように悩んでいるお友達を励まし、時には叱咤して救うのでしょうね
羨ましい関係ですね(^^)
2007/01/29(Mon) 14:12 | URL | ウルル | 【編集
ランちゃんは、お二人を癒してくれる大切なお友達ですね。わたしも落ち込んでいる時そばにきて励ましてもらってます。ランちゃんに似ているかわいい家の子は、ゆきといいます。ドックランいいなぁ~。
友達と新年会は、明日の元気のため必要な時間ですよね。ステキなお友達は財産だとおもいます。
ランちゃんの写真ものせくださいね。
2007/01/29(Mon) 18:07 | URL | きき | 【編集
感謝・・。
お友達の皆さんへの感謝と。花子さんへも感謝ですね。

さびしい中でもちゃんとそこにいてくれること、スリブリさんを待っていてくれること。。。 翌日にはご夫婦で楽しく過ごされたとのこと。奥様には、やっぱり感謝ですし、大切な存在ですね~。夫婦って、ありがたいなって思います。私も、まろんさんに感謝忘れないようにしなくっちゃ。

スリブリさん、応援しています!
2007/01/29(Mon) 20:24 | URL | さくら | 【編集
ステキな
ステキな友人に感謝ですね。
人は解放される時間で
よみがえることができます。

私も・・・時にひとりで・・・散歩や・・・本屋さんに行きます。
患者である私でも・・・そんな一時がとてもたのしい!
2007/01/30(Tue) 10:52 | URL | 水木 | 【編集
頼られるうちが花
過日父が肺炎で逝きかけた。
数日「空白」が。。
「頼られているうちが花」
しみじみと噛み締めています。

感情が行動に出る。
コミニケーションが出来る。
素晴らしいことですね。
2007/01/30(Tue) 20:37 | URL | nick | 【編集
とおりすがりBさん
コメントありがとうございます。

かみさんは、幸いなことに、
早い段階から認知症の診断をもらいました。
私自身、進行をしてからからの介護ではなく、
初期段階からの、介助ですので、
ブログ、ホームページ、書籍、からたくさんの情報を得ることができ、
心の準備もできて、戸惑いと、不安、動揺もありながら、
正面からかみさんと向かい合うことができました。
一生懸命、話をして、
かみさんの本心を知り、
二人にとって、穏やかな生活を送ることができればと思っています。
でも、先回りしすぎているのではないか。
本当の気持ちを汲み取ったら、
今やっていることが正しいのか。
いつも悩んでいるところです。
幸運なことに、ブログをはじめたことによって、
ご本人の声を聞くことができました。
ご本人たちが、ブログを始められて、
そこから生の声を聞かせていただき、
気がつかされたことがたくさんあります。
本人のためではなく、
介護する側のわがままだったことを
知らされたこともありました。
テレビで、認知症の方の「本人会議」を見させてもらいました。
ここで発表された17のアピールは
改めて僕の意識の中に、どのようにサポートしていくのが良いかを
植えつかせるものでした。
「通りすがりB」 さんのおっしゃったこともよく分かります。
ありがとうございました。
ぜひ、また、おいでください。
気が向いたときで結構ですので、
コメントをお願いします。

それから、
すでに見られているかもしれませんが、
私ががリンク・お気に入りに入れているブログ・HPも
覗いていただけるとうれしいです。
2007/01/31(Wed) 00:48 | URL | スリブリ→通りすがりBさんへ | 【編集
かめこさん
前のコメントで、
新年会を覚えていてくれて
うれしかった。
コメント、
ひとつ消さなかった?
読みたかったな~
2007/01/31(Wed) 00:51 | URL | スリブリ→かめこさんへ | 【編集
ウルルさん
翌日、みんなからもらったメールが
また、良かったんです。
ブログで紹介したいんだけど、
個人メールだからな~
悩むところ。
2007/01/31(Wed) 00:53 | URL | スリブリ→ウルルさんへ | 【編集
ごめんなさい
そうでしたね、介護する人の方が辛かったんでしたね。
何時も、そこを忘れてものを言ってしまいます。
支えてくれる人は、もっとつらい。

私は今も仕事をしています。
三月には辞めるように、と家族から言われています。
職場では、多分私の変化には気が付いているんじゃないかと思っています。それとなく労られていることが分かります。
そう言うことは、敏感に感じてしまって、・・・・・。
最近はテレビの報道で、いろいろ言ってくれますからね。

早期診断で早く分かっていいことなんでしょうけど、自分の人生の舵を切り替える事って、それほど簡単な事じゃ無いんですよ。
人それぞれだから、すんなり受け入れられるる人も有るかも知れないけど、なんで私が?って、こんな不条理は無いって、思います。

認知症になって、良かったなんて絶対にない。
甘い報道はしないで欲しい。
生まれて、生きて、死んでいく、って小澤先生はおっしゃっていました。その中で、死んでいくちょっと前のささやかな笑顔を、こんな風になれますよ、と見せてくださいました。
でもね、それまでに、どうなんだ!って不安です。
今はとてもあんな笑顔を希望としては生きていけませんよ。

この頃、物忘れネットカフェ2号店 と言うbぉgを見ているんですが
その人が、友達に囲まれて必死に生きているのが分かる。
のどかな、コメントを書いていますが、きもちが
揺れ揺れで、不安なんだろうな、と言うことが伝わってくる。

同じ女性だからかな、わかりますよ。
今日は、二時頃から眠れなくなって、ついおじゃましました。
もう五時になります。
スリブリさんの奥様を思いやるお心には本当に、頭が下がります。
我が夫はとてもこういう風にはいかないだろうと、羨望の思いも込めて、書いています。(冷やかしでは有りません、ホントにそう思う。)

お返事は、いりません。
初期と診断されたものの、今の思いとして、読んで頂ければそれだけでいいです。
何時も誠実に介護されているスリブリさんに、不愉快な思いをさせてしまったかな、と思い謝っておこうと書き始めたbぉgでしたが、更にエスカレートしてしまった様ですね、、すみません。







2007/01/31(Wed) 05:00 | URL | 通りすがりB | 【編集
たしか。。。
「私は、つるちゃんのつらいところを、目をそらさずに見てきたつもりです。」
と、書きたかったんだけど。。。
実際には、なんて書いたか、忘れました。
加えて、
「介護者より、本人の方が、ずっと辛いに決まってます。」
2007/01/31(Wed) 12:41 | URL | かめこ | 【編集
生き方
どんな病でも その辛さは本人しか判りませんよね。。
かゆみ 痛み で さえも。。
真剣に 介護介助 しても その 苦しさ判らない。。
私も夫も病気の問屋と自負していますが お互いに 辛さ判らないのが本当です。。只出来るのは優しい心で付き合う。。
笑顔で接する。。  でも 認知症では そんな簡単な病では
無いですね。。 スリプリさんの 花子さんに接する態度
心は 今で 充分過ぎます。。。本当は スリプリさんの
身体 心をサポートが。。。。。  素敵な友人がたの
サポートは有り難いですね。。  でも 時間が足りないですね。。睡眠とか。。スリプリさん 本当に 心と身体休めて欲しい。。v-238
2007/01/31(Wed) 21:18 | URL | ボチボチ | 【編集
ききさん
いらっしゃいませ
コメントありがとう。

ききさん、
触れてはいけないところです。
犬自慢が始まってしまう。
よく飲みに行ってた店では、
僕の前で、犬の話を振ると、
大変
という、評判。
その割には、みんな振ってくる。
うちの子は、本当にかわいくて、いい子なんです。
ゆきチャンも似ているならかわいいでしょうi-179
かみさん、いつも話しかけている。
僕もだけど。
うちの癒しです。
2007/01/31(Wed) 23:52 | URL | スリブリ→ききさんへ | 【編集
さくらさん
いつもありがとう。
ここんとこの僕の記事が、
さくらさんを心配させているのではないかと、
気になっていたんです。
お互いに、良い夫婦でいようね。
2007/01/31(Wed) 23:56 | URL | スリブリ→さくらさんへ | 【編集
水木さん
友人には、いつも感謝をしています。
そして、ブログ友達にも。
(友達というのは失礼ですが)
一人で過ごす、大事な時間。
僕も、大好きです。
2007/02/01(Thu) 00:02 | URL | スリブリ→水木さんへ | 【編集
nickさん
感情=コミュニケーション
ですね。
空白
今は、考えられないことですけど、
恐ろしい。
ガタガタ、バタバタが良いのかも。
2007/02/01(Thu) 00:07 | URL | スリブリ→nickさんへ | 【編集
通りすがりBさん
そんな~
「ごめんなさい」なんて
おっしゃらないでください。
僕が、不愉快などと思ったことは、
全くなく、
最後に、「すみません」とまで
コメントいただくと、
僕のほうこそ、傷つけてしまったのかもしれません。

介護する側の辛さは、
目の前におこっている辛さで、
  (この言い方も、誤解されるかもしれません。
   あくまでも、我が家の、現時点までの僕の体験です。
   もちろん、絶望的な辛さをもたれている方も
   たくさんいらっしゃいます。)   
本当に辛く、悲しいのは本人です。
かみさんは、まだ受け入れることができていません。
将来のことを考えると、なおさら
不安な気持ちでいっぱいになっているようです。
僕も、時には、声を荒立たせることもあります。
落ち込んでしまうこともしょっちゅうです。
でも、かみさんの辛さを考えれば
気持ちを持ち直すこともできます。
昔は、これに時間がかかりました。
最近は、多少良くなったかな。
完璧なところまでは、ほど遠く、
まだまだ試行錯誤です。
できる限り、向き合って、
かみさんの辛さを和らげることができればと思っています。
2007/02/01(Thu) 00:42 | URL | スリブリ→通りすがりBさんへ | 【編集
かめこさん
返事、ありがとう。
やっぱり、かめこさんは、
僕にとっての、お手本だな。
2007/02/01(Thu) 00:53 | URL | スリブリ→かめこさんへ | 【編集
ボチボチさん
ありがとう
泣けてくる。
ご経験から出てくるアドバイス。
ありがたいです。

これ以上書いていると、
余計心配させそうなんで、
今日はこの辺で。

かみさん、
ゆっくり寝ています。
二人して落ち着いているので、
皆さんのコメントに返事かけました。
2007/02/01(Thu) 00:59 | URL | スリブリ→ボチボチさんへ | 【編集
スリブリさん、かえってお気遣いさせてしまいました…。私の心配性もほどほどにしなくちゃですね。。(汗)

ところで、今日はまろんさんと二宮の吾妻山公園の菜の花を見てきましたよ。富士山がかすんで見えなかったのがちょっと残念でしたが、一面菜の花色でと~ってもきれいで!感動しました。スイセンも群生していて、これまた見事でした。ふわんといい香りに包まれて、スリブリさんと花子さんにもオススメ~♪
2007/02/01(Thu) 16:56 | URL | さくら | 【編集
さくらさん
吾妻山公園の写真、
すごく良く撮れてる。
先週の日曜に、行こうかと思ったんです。
地図を調べたら、
ちょっと遠いんで
断念。
でも、写真と日記を見たら、行きたくなってしまった。
2007/02/03(Sat) 15:55 | URL | スリブリ→さくらさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック