横のリンク先に、斎藤さんが運営されているHP
  【MONKICHI】
が、あります。
昨年、TBSテレビの、若年認知症特集で、
ご夫婦の生活が放映されていたので、
ご存知の方が、いるかもしれませんね。


ずっと以前、ブログ友達から紹介されて、
いつも、ホームページにお邪魔しています。
そこの「掲示板」に、毎日、日記を書かれています。


少し前のことですが、
斎藤さんの、1月29日の日記を見たとき、
僕がやっている、かみさんへの対応が正しいのかを、
考えてしまいました。


NHKで、認知症を取り上げた番組の、感想を書かれていました。


斎藤さんは、


 「旦那さんが適切な対応をとっていれば、こうは(妻の暴力)
  ならなかったのではないか」
 「やることを注意したり、否定したり、ということを
  つづけたのではないか、認知症には最もよくない対応で、
  旦那さんに、認知症への無理解があったのではないか、
  敢えて言ってしまうと、
  思いやり、想像力の欠如・・・・」


と、書かれていました。


この頃(1月後半)は、花子さん、精神的に落ち着かない時があり、
週に、2~3回は朝まで寝れなく、荒れていることが多かった。


ブログでは、優しいことを書いてるけど、
僕も、つい、カッとしてしまうことも・・・


斎藤さんの記事で、僕がかみさんに対する介護は
正しいのかを、見直すことができました。


後日、2月10日に、メールを送らせてもらいました。
斎藤さんとは、何度かメールを交換しているんです。
抜粋を貼り付けます。


   斎藤様


 (途中略)
1月29日の日記に書かれていた斎藤さんの言葉が、
ずっと頭に残っていました。


私の家でも、軽くですが、つかみかかると言う症状が出ています。
夜中、荒れていると、不憫になり、色々と声をかけながら、
なだめていますが、
長時間続くと、私にも疲れが出て、対応が出来なくなります。
そうすると、益々物に当り、興奮してきます。


この日記を読んだとき、自分では、分かっていると思っていたことが
実は、何も出来ていないのではないかと、気づきました。


先日、整形外科で、またトラブルがあり、
 (この病院の看護婦さんは、どうも気配りが足りなく、
  妻が、何度か落ち込んで帰ってくることがあります)
帰ってきた途端、ベッドに入ってしまい、
食事もとらずに、起きてきませんでした。
理由を聞いても、話そうとしません。
そのうち、荒れだします。


妻の気持ちを理解することが一番大事。


この日は、私は、初めから、笑顔で接することができました。
無理にではなく、自然に、笑顔になって
笑いながら話していました。
妻は、途中、いらだって、「笑うな!」とか言ってましたが、
そのうち、落ち着いてきました。


夜の12時頃、空腹になったらしく、
ようやく食事を始めました。
それからは、また、いつものにこやかな表情に戻りました。


ここ何日も、穏やかな日が送れています。


以前、斎藤さんがおっしゃった、
笑顔でいつも向き合うことの大切さを感じました。
斎藤さんが書かれた
「思いやり、想像力の欠如」
と言うのがよくわかります。


妻の行動に、
同じように、感情が一緒になってしまう。
目の前の変化に対応できないことがあります。


まだまだです。


   スリブリ様
                 (途中略)


さて、「頭では分かっているのだが、
いざ奥さんがパニックを起こすようなことがあると、
対応できないことがある」とのことですが、
私から見るとほとんど間違った対応はしていないと思いますので、
もう一息かなと思うのです。

最近のブログは一時より、ぐっと明るくなっているように
私には感じられます。

笑顔の件も、徹底してされたらいいのです。
奥さんは賢い方なので、「笑うな」とか、
試すようなことを言うわけで、
奥さんがどう言おうと、どう反応しようと、
動じないで笑いつづけたらいいのですよ。

私の妻はおとなしい性格なので、
パニックがあると内に向かい、押し黙ってしまい、
動かなくなるという形ですが、
外に向かって、暴力的になっても、
形は違っても、同じことだと私は思うのです。

ある面で、外に向かった方が分かりやすく、
対応もしやすいように、私には感じられます。
内に向かってしまうと、どうなっているのか分かりにくいので、
対応もとりにくいのです。

いずれにしろ、本人はストレスをそのような形で
発散して訴えているわけですから、
よりよい対応をしてやるべきなので、
私はそれは「笑顔」で相手をしてあげることが一番いいと思うのです。

病人にストレスがでないようにするのには、
明るく、楽しく生活する以外にはないと、私は考えているのです。

これは参考になるかどうか、
私の娘が、妻が病気になってから、
昔わたしにこんなことを言ったり、やったりしたとか、
妻との女同士の葛藤をあげていろいろいうので、
私は娘にこんなことを言ったのです。

「お母さんはアルツハイマー病という不治の病になったことによって、
神になったと同じなんだ。
神様なのだから全てのことが許される。
今までのことも、今のことも、これからのことも。
だから、お父さんは自分のほとんどのことを我慢して
介護しているだろう、と。
お母さんは、人間の心と身体を持っているが、
もう大分前から神なんだよ・・・」

娘はすぐには納得できないふうでしたが、
そのうちに何もいわなくなりました(笑)。



斎藤さんには、
この日記を書くこと、
斎藤さんのホームページを引用すること、
僕が宛てたメール、
そして斎藤さんのメールをそのままコピペすること、
これらをお願いしたところ
快くOKの返事をいただきました。


僕の中だけに置いとくのはもったいない。
たくさんの方に見てもらいたい。
介護で悩まれている方のヒントになるのではないか。


僕の秘訣。
2月25日の日記の答えです。


いつも笑顔で接する。


単純ことなんだけど、すごく難しい。
時にはイラつくこともあります。
でも、心の中にその思いがあれば、
一番良い結果を導くことができる
のではないかと思います。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックしてくれるとありがたいです。
    ↓
banner_03.gif  


 


 



コメント
僕は駆け出しです。
妻が、何時もおじゃましています。
あやちゃんの夫です。
何時もありがとうございます。

僕も斉藤さんのページには助けられています。
全く、そうだと納得しつつも、まだまだです。
妻は、今のところ、サポートされれば、日中一人で暮らせていますが、
これがいつまで続くかは分からないところです。
周りの友人達の温情で自分も、助けて頂いているわけですが、何時までもこのままではいけないことなんです。
斉藤さんには。直接のコンタクトをとったことはありませんが、そのうちにきちんとお話を伺おうと思っています。何しろ始まったばかり、駆け出しです。皆さんに道を造って頂いていることを大変ありがたく思っています。宜しくお願いします。

妻は今、何でもICレコーダーに取っておいて、何か書くときや、思い出すことが欲しいときはそれを使って上手にやりとりできますので、
疎通がはかれるのですが、時々はこちらが、爆発してしまいます。
物静かだと思っていたのですがなかなかひょうきんなところがあったのだと、認知症になってから気が付きました。面白いものですね。
最近は僕とのやりとりを書き込んだりしています。
コメントに返事がかけないでいますが、その事で、背負い込まないようにと、いっています。本人は、して頂いたことはお返しするのよ、なんて言うのですが、あまり気にするようなら、返事を僕が書き込もうかと思っているところです。
いずれにしても、ブログがあることで、彼女の励みになっていることは
間違いないのです。しばらくは、おつきあいください。
2007/03/04(Sun) 07:57 | URL | M | 【編集
スリブリさん、そうです笑顔です!!

私も父が初期の頃、一見通常の人と変わらない感じなので、
ついつい怒りたくなっていまうことが多かったのです。
イラつく気持ちを私は「演技」することで変えることが出来ました。

演技なら、心の中とは裏腹に役者になったつもりで出来たのです。
その方法が上手く行くと、我ながら楽しくなって、
また次もその手で成功させようと思ったものです。
演技が上手くいくようになると、自分の気持ちを調整することが、
出来るようになりました。
そして、だんだん演技ではなく出来るようになりました。

元来短気だった父、私に対して手が出やすい父を、
あまり怒らせることがなくて済んだのは、笑顔です。
そして、最初は演技することから始まりました。

誰でも有効かどうか分かりませんが、
気持ちの調整が認知症介護にあたって
最も難しいことだと思われるので、
私の場合としてコメントさせて頂きました。
2007/03/04(Sun) 08:25 | URL | えすえ | 【編集
自分への笑顔
私は、つるちゃんに、とても激しい暴言があった頃も、
心は、平静でいられたと、振り返れます。
それは、これは、病気が言わせていることだと、
確信していた、ということと、
以前ブログには、
自分の境遇を、「不遇時代のシンデレラに置き換えていた」と書きました。
楽しむといったら語弊があるかもしれないけど、
自分の状況を、必ず幸せが来る人だ、と信じていました。
(もちろん、母と一緒に)
心を明るくする手段が、
私の場合は、「なりきりシンデレラ」、だったのです。

相手の気持ちを静めようと努力するのではなく、
まず、自分を見つめ、
自分は大丈夫か、自問して、
自分を元気にするために、自分の心に笑顔を向ける。
そして、よし、自分は大丈夫だ、と、
自分を信じてやることが大切なのではないでしょうか。

いつも笑顔で接するべき相手は、まず、自分だと、私は思います。
2007/03/04(Sun) 12:25 | URL | かめこ | 【編集
スリブリさんの「笑顔で頑張るぞっ!」という決意がみなぎっている今日の日記、すっごくいいな~って、朝から何度も拝見しています。(笑) 笑顔って、み~んながしあわせになれて、いいですね~。(^^)

今日は一日、GWの頃みたいに気温が上がり、素晴らしい快晴に恵まれました。きっとスリブリさんの心もこんなふうにカラリと晴れ渡っているのでしょう。私もうれしいです。
2007/03/04(Sun) 16:02 | URL | さくら | 【編集
笑顔・・・ 簡単なようで 実は凄く難しいのかもしれないですよね
相手に笑顔を向けるには まず自分が本当に笑顔になれるよう
自分を幸せにする気持ちが必要だと思っています
いくら笑顔を向けたいと思っていても、心は正直に相手に伝わってしまいますよね
悲しい 辛い と思っていたら本当の意味での笑顔は出てこれない
相手に 穏やかな笑顔を向けられるには自分が幸せでなきゃ駄目だと思う

もし、私がスリブリさんの立場だったら・・・
旦那がそこに居てくれるって事を自分の幸せに置き換えて
しんどくても旦那を大好きだから 何かしてあげられることを幸せに思うよう
でも、どこか自己満足的で、自分に陶酔してる部分もあるかもしれないけど
それはそれで自分的には幸せな部分なんだって思えると思う
笑顔って そういう自分の幸せが大事なんだと思うんです
でもって、スリブリさんの幸せな気持ちは絶対花子さんに伝染しますよ(^^)
その花子さんを見て、さらにスリブリさんも幸せになる・・・
そういう連鎖って素敵ですよねぇ
2007/03/04(Sun) 21:42 | URL | ウルル | 【編集
健康であってもなくても、笑顔は大事ですよね。
我が家は2人だけの生活ですが、よく笑います。
旦那が笑わせるので。
たぶん、ケンカをしないのは、旦那が笑わせるせいなのです。

だから、我が家の円満の秘訣も、笑顔です/笑
2007/03/05(Mon) 14:25 | URL | 流風 | 【編集
笑顔であるために。
私は、笑顔でいたいから、毎回読ませていただいています。v-411
スリブリさんのブログを見ていて、自分も色々考えます。
自分がおかしいと思って医者にかかったもの、スリブリさんのブログを読んでいるから。
笑顔でいられること、笑顔でいてもらえること、それが何よりだと思います。
上手くまとまらなくてすみません。
2007/03/05(Mon) 21:40 | URL | ゆあ | 【編集
Mさん
いらっしゃいませ
コメントありがとうございます。
よく来て頂けました。
大変うれしいです。
あやちゃん(失礼ながら呼ばせてもらってます)の周りの方、
そして旦那様をいつも羨ましいと思って読ませてもらってます。
僕も、全くの駆け出し。
皆さんのブログ、コメントから元気をもらっています。

あやちゃんも、かみさんも、一番不安定な時と思います。
全く、病を感じないときもあれば、
具合が悪くなることも。
でも、笑顔で接してから、
穏やかな生活になっています。
無理をせずに、お付き合いしていきましょう。

あやちゃんのコメントの返事は、
全然気にする必要はないと思います。
みんな、勝手にエールを送っているんです。
返事を気にして、記事が後回しになるより、
更新していただけるだけで、
あやちゃんからのメッセージが
伝わります。
気にされることがないように、
くれぐれも
お伝えください。
あやちゃんの、ゆったりとした、優しいまなざしは
大好きです。
2007/03/05(Mon) 22:33 | URL | スリブリ→Mさんへ | 【編集
えすえさん
えすえさんのブログに出会ったのは、
去年の11月初めでした。
その頃、演技の話を読んだのを覚えています。
これはいい。と思いました。
なかなか演技をする余裕がなかったのですが、
今は、できそうな気もします。
もう、オーバーな演技をやってるかもしれない。
自分の中でできることを演技してるから、
気持ちが追いついてくるんですね。
2007/03/05(Mon) 22:44 | URL | スリブリ→えすえさんへ | 【編集
かめこさん
なるほど。
笑顔で接するべき相手は、まず、自分か・・・
僕になかった発想かもしれない。
シンデレラの話はよく覚えてる。

最後の7行は、響いた。
ちょっと、心当たりがあるんです。
今度、記事にしたいということがある。
もう少し、落ち着いたらかな。
2007/03/05(Mon) 23:21 | URL | スリブリ→かめこさんへ | 【編集
さくらさん
斎藤さん、
掲示板に、メッセージを入れてくれました。
続きもあるみたい。
ありがたいことです。
2007/03/05(Mon) 23:52 | URL | スリブリ→さくらさんへ | 【編集
ウルルさん
自分を幸せにする気持ちが必要。
その通りだね。
相手に伝わる笑顔は、
自分の芯から出てこないと、
見透かされてしまう。

僕はどうなのか考えてしまいました。
この記事のときは、
かみさんのことを理解して
無理なく笑顔が出た。
でも、笑顔が出ないときもある。
気持ちを抑えながら、笑いかけているうちに、
和やかになってくる。
かみさんの表情も緩んでくる。
かみさんの笑顔が、
僕に伝染する。
やっぱり、連鎖。
2007/03/06(Tue) 00:58 | URL | スリブリ→ウルルさんへ | 【編集
流風さん
流風さんのコメントを見て、
「笑う門には、福来る」
を思い出してしまった。
そのまんまで、ひねりがないけどね。
2007/03/06(Tue) 01:01 | URL | スリブリ→流風さんへ | 【編集
ゆあさん
こんなブログを見て、笑顔でいられるんなら、
いつでも、大歓迎。
更新、遅れてるけどねi-179
無理しちゃだめだよ。
良い機会なんで、
第三者的に自分を見つめ直すと、
面白い発見があるかも。
2007/03/06(Tue) 01:12 | URL | スリブリ→ゆあさんへ | 【編集
笑顔
原材料費   0
制作時間   瞬時
使用目的   幸せになるため
効果      測定不可 計り知れない・・・

なるほどね~。
私たちの、今年度のキーワードは仲良しです。
確かに、良く笑います。
何かをするとき、あやちゃんの為に、っていうより、自分は、これで仲良くなるようにしているかな、と考えるんですよ、最近は。
それで、間違っても、あら、間違ってしまったわ、あはは。と言うわけで
すると、あやちゃんもふふふ、です。

こんな事では説明が付きませんが、あやちゃんの頭がザワザワと騒ぎ出す事が少なくなっているんです。今日のスリブリさんの記事を読んで私は勝手に、笑いの効果だと思いましたね。なんの根拠も有りませんが。

2007/03/06(Tue) 08:34 | URL | にんじんクラブ 堀田 | 【編集
自分は・・・・
私にはジージを思いやる心がなかったのかもしれません。
いいえ。なかったとは言いませんが、この記事を読み、自分のエゴを認めざるを得ません。
一日仕事して疲れてるから・・・・・
自分のことばかりを考えていたからジージに笑顔で接することが出来なかったのです。
辛いのはジージだったのに。

でも、こうも思います。
違うでしょうか?
私達は家族です。家族だから自分の感情を出せる。
会社では作り笑いをするけれど、家族にはしません。
笑うときは心から。
怒るときも心から。
一緒に苦しみ、泣いて、笑えるのも家族だから。
許しあえるのも家族だから。
ジージが元気な時よりも、認知症になってからの時間が、濃かったと思えます。ジージを抱っこしたり、手を握ったりなんて、普通の時には出来ませんものね。

いい記事を拝見させて頂きました。
これからの自分の生活全てに、教訓となりました。
ありがとうございます。
2007/03/06(Tue) 10:29 | URL | momiji1021 | 【編集
はじめまして。
80歳の母が認知症、要介護4で現在は特養でお世話になってます。
時々かめこさんのブログにお邪魔してます。
去年の今頃は母も歩く事が可能で、時々困らせる程度でしたが、
そのころの入院が一番暴言があり、私は病室の暗がりでよく泣いていました。
「どうしてこんな風になったのだ・・・」
病気なのよ、病気が言わせるのだから、と慰められてもとても納得できませんでした。
私だけではなく看護師さんにも唾をはく。噛みつく。爪を立てる。
暴力に対して我慢は出来ました。
認知症に対してのある程度の知識も持っていると思ってました。
でも、母がそんな風になるという「現実」を受け入れることが出来ませんでした。
なんだか、この日記に答えがあるような気がします。
ちょっと支離滅裂です。うまくまとめられません。
教えられることばかりです。
2007/03/06(Tue) 14:20 | URL | みつこ | 【編集
にんじんクラブ 堀田さん
にんじんクラブの皆さんが来てくれて嬉しいです。
あやちゃんの旦那様にもコメントを頂いて、
感激しています。
仲良し、
いいですね。
明るい気持ちでいると、
健康になるのは、間違いないです。
2007/03/07(Wed) 17:52 | URL | スリブリ→にんじんクラブ 堀田さんへ | 【編集
お久し振りです。
いつも 読み逃げで(´Д`人)ゴメンネ!
スリブリさんの所はじっくり読みたいのに
必ず 邪魔が入ってしまって。。。w
で 読み逃げになってしまうんです。。スイマセン。。。

笑顔v-410v-411v-407v-352
すばらしいお薬でもありますよねv-361
φ( ̄ー ̄ )メモメモ・・・これからの参考にさせていただきます。。。w デキルカ?
2007/03/07(Wed) 18:35 | URL | キバっち | 【編集
momiji1021さん
momiji1021のブログは、時々見ています。
ジージを思いやる心がなかったなんて
とんでもない。
優しさがたくさんありました。
家族だからわがままが言えるというのはその通り。
僕だって、二人して、わめき散らしています。
でも、家族だから、そのあと、支えあえるんです。
僕も、かみさんがこの病になってからのほうが、
絆が強くなっているな。
なんたって、「好きだ」「愛してる」なんて、付き合い始めてから
30数年間に言った数より、
ここ、1~2ヶ月のほうが多いくらいだから。
ましてや、ハグなんてしたことない。
まだまだ先が長い。
笑顔を忘れないようにしたいです。
2007/03/07(Wed) 18:51 | URL | スリブリ→momiji1021さんへ | 【編集
みつこさん
いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。
v-516さんとは、すれ違っていますね。
いつも書いてるんだけど、
僕も、ブログ、HPからたくさんのことを教わって、
今、ようやく、笑顔を作ろうとしています。
まだまだ初期段階なのに、
絶望感を感じたこともあります。
でも、前をあるっている方がたくさんいるんで、
励まされています。
今回、斎藤さんのHPを引用したら、
さっそく、HPで新たなメッセージを送ってくれています。
みんなに助けられているのを感じる。
2007/03/07(Wed) 19:05 | URL | スリブリ→みつこさんへ | 【編集
キバっちさん
読み逃げなんて
とんでもない。
そんなことを書かれたら、
ぼくなんか・・・
たくさん見てあるってるけど、
全然コメント入れられない・・・
「サザエぽん日記」も
初めての方は書き込みしてね
と書いてあるのに、
いつも、通りすがりです。
実は、
コメントの最後の「デキルカ?」は
僕自身ののコメントでもある。
2007/03/07(Wed) 19:11 | URL | スリブリ→キバっちさんへ | 【編集
覚えてらっしゃいますか?
朔改め『まんまる」というHNで新しくブログを立ちあげました。
今回もスリブリさんのブログは是非皆さんに見ていただきたいのと
私も介護する事になる新たな運命が・・なんか縁かもなんて
勝手に思い、リンクさせて頂きましたペコリ(o_ _)o))
またよろしくお願い致しますペコリ(o_ _)o))
2007/03/09(Fri) 19:38 | URL | 朔です。 | 【編集
まんまるさん
いらっしゃいませ
約束覚えてくれていてありがとう。
また、ブログを立ち上げたら、
連絡してほしいというお願いを聞いてくれた。
2ヶ月はあっという間だけど、
いろいろあったみたいだね。
でも、元気そうなんで安心した。
これからもヨロシク!
2007/03/10(Sat) 00:34 | URL | スリブリ→まんまるさんへ | 【編集
リスッパブログSTART!!
管理人様はじめまして。
いつもブログ拝見しています!

このたび新しくブログサービスを始めました!
1アカウントで無制限にブログを作れる『Risppa blog』
更新もラクラク。是非一度お試しください!
------------------------
http://blog.risppa.com/
risppamail@yahoo.co.jp
------------------------
2007/03/12(Mon) 17:20 | URL | risppa運営事務局 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック