昨日は、ほぼ徹夜。
睡眠時間2時間弱。
かみさんは、完徹。


20時くらいからどうも、目つきがおかしく、落ち着かなくなった。
せっかく作った晩飯も、手をつけない。
時間をかけて、鰤大根を作ったのに・・・


23時頃から機嫌が悪くなる。
もう、だめ。
最近なかったけど、また始まる。


じっとしていると思うと、
急に枕、布団を投げつける。
パンチ、蹴飛ばしが。
交互におきる。
薬を飲むタイミングをずらしてしまったので、
寝ることなく、延々と続いてしまった。


落ち着かせようと思ったが、全然やまない。
精神安定剤と、睡眠導入剤を何とか飲ませようと思ったけど、
頑固に拒否をして、全く受け付けない。
普段たまっているのかもしれない、反抗的な言葉が
続けて出てくる。
夜中に怒鳴り散らして、物を投げる。


説得しようとして、笑ったり、泣いたり、話したり。
でも、やむことはない。


僕も寝られない。
4時くらいに、疲れ果てて、
布団をかぶって、どうにか寝る。
5時にたたき起こされた。
しばらくして、もう一度寝る。
次は6時にたたかれる。
そのあと、7時。
ちょうど、1時間おき。


運悪く、今日は会社の健康診断。
バリウム、心電図、超音波、血液検査等々がある。
悪い結果が出そう。


11時半に帰ったら、かみさんは熟睡していた。
用意した昼飯も食べない。


いいよな~
誰にも邪魔されず、ゆっくり寝れるなんて。


どうも、今日は仕事に集中できず、
サボってしまった。


19時に2階に上がる。
夕飯作ったけど、疲れが残り、気が乗らない。
花子さん、チラチラと僕のほうを見る。
風呂掃除なんか始めた。


かみさん、昨日の夜、具体的にどんなことをしたのかは、
全然覚えていない。
でも、ひどいことをしたな・・・
というのは、ちゃんとわかってる。
押さえきれなくなってしまうんだな~
反省して、気を使ってるんです。


今日は、にこやか。
夕飯食べて、夜の犬の散歩も一緒に行く。
薬もちゃんと飲みました。
今は熟睡。


さてさて。
明日は、花子さん誕生日。
お祝いしてあげよう。


ブログランキングに参加しています。
ここをクリックお願いします。
    ↓
banner_03.gif 


ところで、
薬を飲むのを拒否したり、
行動がどんどんエスカレートするとき、
皆さん、どのようにされてますか。
アドバイスがあったらお願いします。

コメント
スリブリさんも感じていらっしゃるようですが、
「行動がどんどんエスカレートする、その時」
の対応について考えられても、
効果は少ないと、私は思います。
普段の状態の中でのストレスから、来るもののようですから。

具体的な対応方法については、
スリブリさんが、今されているものが、
例え、結果はうまく行かなくても
花子さんにとって、一番自然な良い対応なのではないかしら。
対応方法について、他人の例が参考になるケースというのは、
まだ、その人たちなりの対応が、見えないでいる場合だと思います。

うちの場合は、あくまでも、うちの場合ですが、
初期の頃の、感情がエスカレートすることについては、
精神科の薬がうまく処方されて、とても良くなりました。
今、考えてみても、
対応方法の良い悪いで、
どうにかなる種類のものでは、なかったです。
状態の良い日というのはなくて、
治まっていられる時間も、たまにはあった、
(やはり、覚えてないけど感じていて、私に謝ったりしました。)
という状態でした。
2007/07/21(Sat) 12:49 | URL | かめこ | 【編集
かめこさん
どうしようもなくなて、途方にくれることがある。
でも、それが、かみさんには合っているのかな。
かみさんのことを良くわかってるから、(わかってきたから)
怒鳴ったり、やり返したりしても、解決しない。
出来るだけこちらが穏やかに対応して、
話し続けることが大事だと思う。
もちろん、痛いからやめて、というのも言ってるよ。
ただ、なんとかならないかな。と思うことがあるんだな。
特に、薬の飲ませ方。
夜寝る前の薬を飲むと、
穏やかに熟睡できる。
朝の目覚めもよい。
でも、ちょっとでも不機嫌さが出ると、
全く飲もうとしない。
僕への反抗が、薬の拒否になっている。
無理やり飲ませることも難しいし、
ずっと同じことを繰り返し話して、
今は、あきらめさせて飲むのを待つしかない。
時間がかかる。
飲めば落ち着くんです。
副作用(外観的には)も感じない。
この飲ませ方のヒントがないかと思ったんです。
2007/07/22(Sun) 13:49 | URL | スリブリ→かめこさんへ | 【編集
はじめまして
はじめまして。

いろいろと拝読させていただきました。西洋医学的な対応のみならず、さまざまな観点で、治療等試みられるとよいかもしれません。

例えば、人間は、肉体と心と魂からなっています。

得てして、魂の状態が、さまざまな心身症の原因となってきます。

ふと、書き込んでしまいました。

快方に向かわれるのを祈っています。

2007/07/22(Sun) 22:59 | URL | Dr. Kuni | 【編集
またです。
私は、スリブリさんの今のやり方が、一番いいのだと思います。
そうやって、調子の悪い時をしのいでいく時期も、
あってしかたないのだと思います。

私ばかりでごめんなさい。
「薬の拒否」について、つるちゃんの場合は、
施設で、無理やり飲ませたようで、そうなりました。
(飲ませるように、お願いしてありましたから。
でも無理強いしてるのは、知りませんでした。)

認知症専門病院では、無理強いしない対応だったようで、
(入院中は薬は少なかったし)
飲むようになりました。
家に帰ってから、はじめは拒否ありましたが、
飲まなくても良い、と、腹をくくったら、(つまり、あきらめるのは、こちら)
飲んでくくれるようになりました。
でも、これは、家族介護者が、二人居たからできたことです。

不眠については、
毎日薬が全く効かない時期を、過ごしてきました。
(貫徹はなかったですが。)
眠れないのって、たとえ たまでも、介護者には、大きな負担になりますよね。
でも、うちの場合は、
本人は夜眠れなくても良い、
と、こちらがあきらめて腹をくくるしか、方法がなかったです。
これも、二人居たから出来たことで、
それも、専業主婦だから出来たことだと思っています。

ドクターからは、午前中の覚醒とか、アドバイス受けましたが。。。
はっきり言って、理論は役にたたなかったです。
介護の工夫というのも、うちの場合は、通用しなかったです。
今思うと、一生懸命やりすぎてた緊張感が、伝わってかもしれません。
2007/07/23(Mon) 10:51 | URL | かめこ | 【編集
大変な日でしたね。
辛い時間を過ごされたと思います。

先生やケアマネのような方々に、相談されたことは?
何かヒントをもらえないでしょうかねぇ。
お互いに穏やかに過ごせるヒントのようなもの。

花子さんの場合、スリブリさんの気持ちが余所にいってるときに荒れる感じがしますが、もしかして、花子さん、鰤大根にヤキモチを焼いたのでは?
時間かけて作ったのでしょ?
ひょっとしたら、ひょっとするかも。
2007/07/23(Mon) 15:33 | URL | 流風 | 【編集
ねぇ、スリブリさん
私は、徘徊と不眠の
自分が一番頑張ってきて、大変だった経験の記事を、
まだ書いていません。
激しい暴力行為は、何日間かのことだったから、
気持ちの整理が付いてたんだけど、
こっちは、思い入れがありすぎて、書けないでいたんだと思います。
この記事に、コメント書いて、何ども書き直して、
でも、違う、かっこつけすぎだ、
私だって、「もうどうして良いか分からないぃ!」 
ってことあったじゃない。

すごく書きたくなりました。
このコメント欄に書いたことも、その時の思いで、うそじゃないけど、
記事に書くことと、矛盾したら、許してください。

と、前宣伝だけで、書かないかめこ。i-235
いつも、真面目すぎてごめんね。
まぁ、こんな人もいる、ってことで。。。
2007/07/25(Wed) 18:07 | URL | かめこ | 【編集
ご無沙汰してました。
実は、原因不明の高熱と発疹に ただいま仕事を休んでます。(もう ほとんど治ってきましたが)

しばらくぶりに ブログ読ませていただいて、日々の様子を思い浮かべてます。

私は利用者の方と接するとき、「私だったら・・・」と考えているようにしてますが、利用者の方が何もしてくれない・しないときって、もしかしたら理由がないけど そうしたいんじゃないか?もやもやして、なんかしたくない。(上手く表現できてないかも)

そうゆう時は、コップと薬だけ置いてその場から立ち去ってみてもいいのではないでしょうか。

「どうしてこうなるんだろう・・・」「なんで?!」と思ってしまったときには、一度遠ざかってみるのはいかがでしょうか。


今日は 墨田の花火ですね!!スリブリさんとはなこさんもご覧になるんですか?
2007/07/28(Sat) 15:36 | URL | まっつー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック