花子さんは、一人で出かけることが、あまりない。
たまに、、、ごくたまに、近くのパン屋さんへ行くくらい。
話し相手は、僕と、ランだけ。
もっと、外に出したい。


でも、無理矢理には、しないようにしている。
少しずつ仕向けて、自然にできればいい。


休みの日くらいは、気分転換に、
できるだけ、出かけている。
花子さんがこの病になるまでは、
一年間で、仕事を休む日は、20日間もなかった。
最近は、ようやく週に一度休んでるかな。


日曜日は、無性に富士山を見たくなって、
午後から出かけました。


ただ、花子さんのためとか言いながら、
本当は、僕自身のためだというのを、今回強く感じた。
リフレッシュできる。
それが、2人のためになる気分転換かな。


箱根方面に行くときは、
いつも小田原経由で行く。
箱根湯本を通って、山に入っていく。
ローカルな話題で、わかりにくくスミマセン。
わかりやすく言うと、
箱根駅伝コースです。


今回は、富士山を見るのが目的だったんで、
東名高速を、御殿場まで行った。
高速を走りながら、どんどん近づいてくる富士山を見て、
2人で、感激しながら走る。


御殿場を降りて、
もっと近くで富士山を見たいんで、
思い切って、
富士五湖方面へ足を延ばそうと思った。
でも、出かけるのが遅かったので、
行き慣れた、箱根にする。


途中で車を降りて、見た富士山。
この変わらない美しさ。
感動するんだな~


すぐ先にある、仙石原の満開のススキを見る。
毎年のように行ってるけど、
相変わらず、心が安らかになる。


芦ノ湖に行ったら、もう日没。
湖を一周してから、
箱根に行った時は、必ず寄る、
甘酒茶屋へ行く。


昔の人が、箱根の山越えをした時に
一服した場所。
力餅を食べて、
箱根の関所まで行ったとか。
いつも混雑してるんだけど、
日も暮れていたので、落ち着いた雰囲気だった。


そこから、帰り道は渋滞に巻き込まれる。
でも、今回は時間に追われているわけでなく、
覚悟の上だったんで、
のんびりした気分で、ハンドルを握れた。


かみさん、後ろの席で、
ランに話しかけていた。


楽しかったね。
ランも気持ちよかったでしょ。
出かけられて良かったね。


これが、やっぱり、
一番大きな、気分転換。


写真はこの下に載せました。
「”富士山”の続きを読む」を
クリックしてください。


ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif


 

(写真をクリックすると大きくなります。
 一部は、そのまま (笑) )


御殿場から箱根スカイラインへ入ろうかと思ったんだけど、
前の台風の影響で、入り口が閉まってました。
その近くの見晴台に車を止めて、記念撮影。


絶景の富士山です。


富士山


花子さんとランを入れて、一枚。


富士山をバック~花子


花子さんにカメラを渡して、僕の写真も撮ってもらいました。


富士山をバック~僕


仙石原へ行く。
一面、ススキの草原です。
もう、陽も落ちてきました。


仙石原ススキ草原


仙石原2


仙石原にて


山に沈む陽を撮影しようと、
カメラマンがたくさんいた。
みんなすごい機材。
僕は、デジカメなんで、真似事。


日が沈む


陽をバックにして、花子さんを写す。


日をバック


芦ノ湖は、もう陽が落ちていました。


芦ノ湖からの富士山


この日の〆の甘酒です。


甘酒


お店の雰囲気も、一枚。


甘酒茶屋

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。
    ↓
banner_03.gif

コメント
素敵な気分転換になりましたね。
花子さんも楽しめて、スリブリさんも楽しめるが一番じゃないですか?
お互いの笑顔が一番、気分転換の材料になるような気がします♪
富士山、一度は訪れてみたい場所です♪
2007/11/01(Thu) 13:36 | URL | yotuci5 | 【編集
秋ですね~!
リフレッシュ出来たみたいで 良かったですv-410

富士山・・・何度か近くまで行ったのですが
必ずお天気が悪く、 富士山を拝めた事がありません。。。wv-406
花子さんもランちゃんに話しかけるほど、
楽しかったのですね~v-344v-475
2007/11/01(Thu) 16:42 | URL | キバっち | 【編集
堂々と聳える画像には表れない、癒やしの雰囲気があるのでしょうね~
ススキの海が素晴らしい!
トトロに出てきそうな一面のススキ…

言葉にならない感動って、凄い力ですね!

花子さんの台詞が聞けて、スリブリさん、なんぼ嬉しかった事か!!



みんな、最高!!!
2007/11/01(Thu) 22:47 | URL | ともンち | 【編集
外に出ることは♪
よかったです。そうだよスリブリさんがストレスたまっていると
奥さんだって同じ気持ち。
ガソリン代も高くなったけど、休みは外にでると
お互いに気分がリフレッシュ♪そして時間も家にいるより
早くたつし、それなりに体も動かしてるから疲れて夜もぐっすり眠れるし
食事もおいしいし♪
でかけられる時にでかけていなくちゃ、ほんとに寝たきりになったら
ちょっと買い物もおっくうになるんだもんね~
我が家もそんな気持ちで 
過ごしていますー♪
自分のリフレッシュは家族も一緒~笑
2007/11/02(Fri) 08:46 | URL | ぴかくん | 【編集
いつも拝見しています
富士山が好きです。
先週、台風の後、我が家から見た富士山は真っ白でした。
でもスリブリさんのお写真では白いのは上だけですね。
お天気が良くて下の方は溶けたのかしら。

ススキも大好きです。
青い空と山とススキの色合いがとても綺麗なお写真ですね。

ご家族三人?いいドライブでしたね。
2007/11/02(Fri) 22:08 | URL | ベンジャミン | 【編集
わけもなく 涙がこぼれてきそうで・・・

本当に素晴らしい景色。

両親を連れて富士山を見に行った時のことを思い出してしまいます。
今度は雪の富士を見に来ようねって話してたんです

花子さんも スリブリさんも 素敵なご夫婦やわぁ
自然は 心を穏やかに素直にしてくれるよね
また 富士山を見せて下さいね(^^)
2007/11/03(Sat) 03:00 | URL | ウルル | 【編集
外出して気分転換するのはいいですよね。
読んでいて私も心が温かくなりました。
写真も素敵ですね。
私は富士山へ行ったことがないので、読みながら「私も今度行きたいな」と思いました。

またお写真見せてくださいね。
楽しみにしています。
2007/11/06(Tue) 17:49 | URL | りんご | 【編集
yotuci5さん
お元気していますか。
どうされているのか、
時々、気になり思い出します。
気が向いたときでも、
また遊びに来てくださいね。
2007/11/23(Fri) 00:43 | URL | suriburi→yotuci5さんへ | 【編集
キバっちさん
僕には、もう一つ
ふるさとみたいな山がある。
筑波山の二つのてっぺんを見ると、
色々思い出す。
昔々、かみさんのお父さん、お母さんと
登ったな~
思い出の山
2007/11/23(Fri) 00:47 | URL | suriburi→キバっちさんへ | 【編集
ともンちさん
ありがとう

「聳える」の読み方がわからなくて、
コピーして、
ワードに貼り付けて、
反転させて、
選択したら、
「そびえる」
って出てきた(笑)
2007/11/23(Fri) 00:52 | URL | suriburi→ともンちさんへ | 【編集
ぴかくんさん
良いほうに物事を考えると、
一つ一つが良く回っていく。
悪く考えると、逆回転だね。

ぴかくんさんのコメントの頃から、
また、ガソリンが上がってる・・・
2007/11/23(Fri) 00:57 | URL | suriburi→ぴかくんさんへ | 【編集
ベンジャミンさん
この日記を書いたとき、
ベンジャミンさんの富士山の写真を見たんです。
10月28日、本当に、真っ白。
なぜだか考えた。
僕が見た富士山も、見る場所によって、
白い線が下まで伸びていた。
富士山を絵に描くと、雪をぎざぎざに書く。
ベンジャミンさんの家から見る富士山は、
ちょうど、下まで伸びている角度なのかな???
今日当たりは、どこから見ても、
真っ白そうですね。
2007/11/23(Fri) 01:04 | URL | suriburi→ベンジャミンさんへ | 【編集
ウルルさん
富士山は、不思議な魅力がある山ですね。
見ると、いつも心のふるさとに帰ってきた気がする。
無性に見たくなる時があるんです。
うちの近くのスーパーの屋上からも見れる。
晴れた日に見ると、足が止まってしまう。
2007/11/23(Fri) 01:11 | URL | suriburi→ウルルさんへ | 【編集
りんごさん
コメントありがとうございます。

かみさんのためと思いながら、
本当は、自分も気分転換したいんです。
最近は、休みの日は、できるだけ外に出るようにしています。
いろんなことがあって、楽しい思いをして、
これは記事と写真を載せなければ
と思うんだけど、
めまぐるしさで、日がたってしまう。
のんびりお付き合い、よろしくお願いします。
2007/11/23(Fri) 01:17 | URL | suriburi→りんごさんへ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック