薬箱を買ってきた。

 

2代目。
前の薬箱は、
かみさんが機嫌の悪いとき、
なぜか、空を飛んでいた(笑)
あっちこっちにぶつかり、
蓋が壊れてしまった。

 

今回も、100円ショップで買ってくる。
100円ショップは、良し悪しが、色々あるけど、
この箱は、本当に便利。
超お買い徳。 

 

薬箱
 

今回は、僕の箱も買う。
左が僕で、右が花子さん。
前は、一つの薬箱を二人で使っていた。
間違えて、僕の痛風の薬を飲ませたこともあったっけ。

 

この、薬箱に入れてから、飲み忘れ、2重飲みがない。
かみさんには、手渡して飲ませるんだけど、
僕が飲ませたかどうか、忘れてしまう。
曜日と、時間が管理できるので、
本当に助かっている。

 

かみさんの、朝と夜の薬は、種類が多いので、
薬局で一包化にしてもらっている。
一包化になっていないと、僕も間違えそう。
多少高くなるけど、飲み間違え防止には
ちょうど、良い。

 

昔、病院でもらった薬は、
自分の判断で、適当に増減させていた。
今でも、何年も前の薬が、引き出しに残っている。

 

風邪気味のときなど、
どれが効果あるのかわからずに、
病院でもらった薬。
と言うことで、自分で選んで飲んでいた。

 

意外と、効くこともある。
でも、最近は、薬の安全性、危険性、効能。
結構、詳しくなっている。

 

やはり、Dr.に相談して、
処方された薬は、
信頼して飲むことが大事。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

☆ コメントを入れていただいた方へ ☆

 

せっかく入れていただいたのに、
返事ができず、申し訳ありません。
返事もしないくせに、コメントを楽しみにしている、
自分勝手な、私です。
遅くなっていますが、
少しずつお返ししています。
横の「コメントありがとう」の欄にお名前があったら
覗いてみてください。
 

 

☆ コメントを入れていただく方へ ☆

 

どうぞ、遠慮なく入れてください。
反発でもいいんですよ。
叱咤、大歓迎です。
自分の考えに固まっていると、
回りが見えなくなるんです

 

 

コメント
研修会
昨日,認知症の研修会に行ってきました。
私たちの住む地域は,高齢化率も高い上に,認知症の方がどんどん増えていっている。そして,産婦人科どころの問題ではなく,やがては精神科病床が消滅してしまう。といったお話から入りました。
講師は,大学の神経科の教授です。
アルツハイマーは,今は治る病気ではないけれど,
趣味を持つ。
本人が凹むことを強要しない。
楽しんでできる範囲の事をする。
コミュニケーションをとる。
よく噛んで食べてもらう。
早歩きの運動をする。
など,これまでの生活様式や習慣,こだわり,生活のリズムを継続することによって,進行の予防を防止することができるようです。
また,アリセプトは,結構効くお薬で,ご本人が攻撃的な時には,ある程度抑えれる漢方と併用する場合もあるそうです。
認知症は病気ですので,苦しみ・痛みが緩和できるように,お一人お一人にあった改善方法が探し当てればいいなあと思いました。
2008/03/06(Thu) 15:27 | URL | うどん | 【編集
失礼しました。
こないだコメントした時、こちらが名前を間違えて入力してました。
失礼いたしました。
改めまして、ちかのと申します。

薬箱、我が家のは1週間のやつです。もちろん100均の。
うちは1日1回なんですけど、結構飲まし忘れがあって・・・母のことは言われへんな~と思いますね~。
2008/03/07(Fri) 13:02 | URL | ちかの | 【編集
スリブリさんこんにちは。私は結婚していた頃には『いつか向こうのご両親のお役に立てれば…』とヘルパーこそ取ってはみたものの、結局離婚をしてしまい、お役に立てずじまいですトホホ…この春、母が『脳梗塞を患った祖母の身の回りのお手伝いをしたい』と田舎へ戻る事になり、スリブリさんのブログを読みながら『あの気の短い母に、本当に出来るのかなぁ…』とちょっと心配な毎日です。スリブリさんのお話は、色々と考えさせられる事も多く、とってもためになっています。
2008/03/07(Fri) 18:21 | URL | mayu | 【編集
うちも
ババ様用に 100均で買って来ました。
4つに区切っておけるように、『お弁当箱型』っぽいヤツです。
薬のセットはジジ様が。。。
ババ様は何でも『人頼み』(特にジジ様)になってしまって。。。
ジジ様もそこまで 過保護にしなくてもいぃと思うんですが・・・
なんせ 『他人』のキバは余計な事は言えません。。。w
2008/03/09(Sun) 20:34 | URL | キバっち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック