先日、いとこが他界し、
千葉県川越市まで、お通夜に参列した。

 

最近の花子さんは、
することがないと言って、
いつもベッドに入っている。

 

テレビも、あまり見ない。
横になってばかりでいると、
体を動かさないので、腰痛、気持ち悪さも出てくる。
うまく気晴らしが出来ないので、
気持ちの沈むことが多い。

 

前に、Dr.が

 

生活の中で、することがわからないので、
横になることが、多くなるのでしょう。

 

と言ったのを思い出す。

 

その日も、あまり調子が良くなかった。
朝起きてきたが、朝食はとらずに、
また、ベッドへ逆戻り。

 

仕事の途中、
何度か様子を見に行ったが、
横になっている。

 

そんなに寝てばかりだと、病人みたいだぞ。

 

病人だから平気だよ。

 

そんな返事が出来るんなら、大丈夫そうだ。

 

昼に2階へ上がった時に、
お通夜に行くことを伝えた。
あらかじめ言うと、
そのことばかり考えて、精神的な負担になる。
忘れてしまうことも多いんで、
いつも、直前に言う。

 

ただ、昼食前に言ったのが、
失敗。
チャーハンを作ったが、
一口も食べないで、
ベッドに行ってしまった。

 

朝から何も食べていない。

 

昼食を取るように言っても、
食べようとしない。
こうなったら、もう無理。
時間を置いて、様子を見る。

 

出かける前に、スーパーまでひとっ走り。
夕食のお寿司と、ケーキを買う。
最近、ケーキを1個だけ買うのに慣れた。

 

3時に家を出る。
6時からお通夜なので、余裕を持って出た。
途中、道に迷ったけど、高速がすいていたので、
5時少し過ぎに着いた。

 

走っている最中、いつものように、
かみさんからの電話は、鳴り続ける。

 

時間を見ながら、
ケーキ、アイスクリームがあるのを教える。
気をまぎらそうとしたけど、
あまり効果がなかったな~

 

腰痛、気持ちの悪さ、体の不調を訴える。
僕も毎回、同じ返事。
声を聞けば、少しは気持ちが治まるみたい。

 

お通夜が始まってからは、電源を切った。
その後、振る舞いを頂く。
トイレに行く時に、電源ON。
入れたと同時に、呼び出しの振動。

 

いつも書いているが、
電源を入れて、電話が鳴るのは、
偶然、タイミングが合ったのではない。
ずっと、掛け続けている証拠。

 

どうした、大丈夫?

 

う~ん
腰が痛い。

 

晩御飯にお寿司買ってあるよ。
食べた。

 

何にもないよ。

 

冷蔵庫にあるから見てみな。

 

何度も誘導して、やっと、冷蔵庫へ。

 

開けてみな。
あったろ。

 

何にもない。

 

一番大きな扉を開けて、
棚の2番目に入ってるよ。

 

わかんない。
もういい。

 

これを、何度繰り返したかな。
見つけて、あるのが分かっても、
数分置くと、忘れてしまうみたいで、
次の電話も、同じことを言う。

 

9時少し前に、食事の席を失礼する。
その頃には、もう、電池の充電がなくなって、
かみさんからの電話はかからなくなった。
こっちから、家の電話に掛ける。

 

今から帰るぞ。
少し待ってな。
なんか、食べた?

 

うなずき声だけで、
言葉はなかった。

 

帰りは早かったな。
1時間半くらいだった。

 

帰る前に、
モ○バー○ーへ行って、
照り焼きチキンバーガーと
オニポテ(オニオンとポテトのフライ)を買う。
かみさん、好きなんだな~
多分、僕が帰っても寿司は食べないんで、
食べやすいものを買った。

 

家に着く。
かみさん、ベッドに入っていたが、起こす。

 

ほら、ハンバーガー買ってきたぞ。

 

しぶしぶ起きてきた。
かみさんには、白ワインと、ハンバーガー。
僕は、日本酒と、残ってたお寿司。
食べながら、お通夜の話をする。

 

かみさん聞きながら、

 

美味しいね~

 

ハンバーガーを食べていた。
普段と変わらない笑顔。

 

大丈夫そう。
冷蔵庫を見たら、昼に作ったチャーハンがなくなっていた。
あと、リンゴとケーキも。

 

無事にすんで、よかった。
でも、かなり振り回されてしまったな。
僕の思い込みが強すぎたか。
でも、想像以上に、落ち着けない時もある。
波があるのは仕方ないけど、
僕も一緒に、波打たないようにしないと。

 

今は、その日の浮き沈みを、
次の日に持ち込まないように
心がけている。

 

( 心がけてるだけですよ。
  結構、尾を引くんだな~ ) 

 

 ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

 

 

コメント
やっぱり、長い時間離れてなければいけない時は大変ですね。
親族が一緒にいてくれると、ちょっと良いと思うのですが。
祖母が認知症になった後、祖父が長時間家を空けるような時は、母が留守番に行っていました。
でも、お嫁さんではダメなんですよね。
お嫁さんだってことを忘れちゃうの。
「お子さんが心配してるから、早く帰ったほうがいいですよ。」
なんて言われたそうです。
父や私だと大丈夫なんですよね。
「お父さんどこ行ったのかしら?」
「ちょっとお出かけだよ。
すぐ戻ってくるけど、おばあちゃん一人だと寂しいから私が留守番しにきたよ」
「あらそう、悪いわねぇ。」
の繰り返しなんだけど、私や父のことは忘れないんです。
弟はダメでした。
アイツは下っ端なので/笑。
コレは初孫の特権ですね/笑。

でも、無事に済んでよかったですね。
2008/04/25(Fri) 11:51 | URL | 流風 | 【編集
お疲れ様でした。
スリブリさんは 体調いかがですヵ?
GWお天気が良かったら 気晴らしにどこか出掛けられたらいぃですね!
花子さんも気晴らしになるでしょうから・・・
2008/04/25(Fri) 16:37 | URL | キバっち | 【編集
こんばんわ
スリブリさんおつかれさまです。
スリブリさんが、、ふたりいたらいいのに・・・
2008/04/26(Sat) 22:07 | URL | ぴかくん | 【編集
はじめまして
スリブリさん、はじめまして。
私の母は、アルツハイマー症と診断されて3年になります。
私の父は、毎日朝から晩まで母を怒鳴りつけてばかりで、見かねた私は去年の7月から実家で同居するようになりました。
母の介護のことで、どれだけ父と大ゲンカしたことでしょうか。
母と2人で何回涙を流したでしょうか?
でも、父の傍若無人さは全く変わらない。
世間体が悪いからと言って、診断後2年以上も介護サービスも利用しなかった父。
母の症状もストレスからか、目に見えて悪くなっていった。
母を父から少しでも離したくて、親戚の方々に父を説得してもらい、半ば強引にデイサービスを決め、通うようになったのが去年の11月。
そんなデイサービスも、父の用事とかで、すぐに休ませようとする有様。
デイサービスの職員の方やケアマネージャーさんに事情を話し、極力休ませないように協力してもらっています。

施設に入れたくとも、母子家庭の私の経済力と母の年金では、施設に入れることも出来ない。
無力な自分が情けない・・・。

70年以上、他人の言葉には耳を貸さずに、自分の思ったようにしか生きてこなかった父を変えるのは無理なのでしょうね・・・。
その性格のためか友人と呼べる人も居ず、趣味もない父。
だから、余計に母に固執するのでしょう・・・。

スリブリさんの優しさがうらやましい・・・。

2008/04/28(Mon) 16:27 | URL | yon | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック