久しぶりに、切れてしまった。
僕です。

 

そのことを書こうと思ってるんだけど、
あんなに、カッカしたのに、
原因が何だったのか、
思い浮かばない。

 

細かいことは、色々ありました。
でも、そんなことぐらいで、お互いに、
怒鳴りあうほどのことじゃ、ないんだけどな。

 

重なりすぎたのか。

 

花子さん、最近、また、腰痛が出てきた。
体の異変があると、
気分が落ち込む。
そのことばかりが気になって、
切り替えることが出来ない。

 

朝から調子悪かったな。

 

その日は、1時半に横浜で商談。
いつもだと、花子さんの昼食は用意して、
僕は、時間を見ながら、商談先の近くで、食事。

 

でも、数日前から、
かみさん、何をするのも、
意欲をなくしていたんで、
昼食を一緒にとることにしていた。

 

少し早目に、2階に上がる。
 ( 我が家は、仕事場が1階にあり、両親の住まい、
   2階が、僕と花子さんの、2世帯住宅 )

野菜を炒めて、タン麺を作った。
用意したが、全然食べようとしない。

 

麺がのびちゃうぞ。
早く食べなよ。

 

いらない。

  

しばらく置いといたが、一向に食べようとしないので、
仕方なく、片付ける。

 

おなか空いた。
なんかないの。

 

さっき食べないって言ったから、
片付けちゃったよ。
冷凍のチャーハンでも、温めるか?

 

いらない!

 

また、少しして、

 

なんか食べさせろ!!

 

ここで、切れてしまった。
いつもだったら、
どうってことなく、やり過ごせるのに。
疲れてたのかな・・・

 

僕が声を荒げると、かみさんも怒鳴り返す。
そのうち、殴りかかってくる。
これも、久しぶり。
僕は、手を上げたりしないが、
言わなければいいのに、口でやり返す。
それが、火に油を注ぐ。

 

かみさんの平手が、耳に当たってしまった。
強い耳鳴りと、痛みが走った。
 ( 今、病院に通ってるんです。
   この話は、また今度 )

 

かみさん、手荒くしたことに気がついたみたいで、

 

もう、いい!

 

と言って、玄関に。
そこで、うずくまっていた。

  

僕は、約束の時間があるので、
大急ぎで、着替え。
花子さんに声をかけ、家を出た。

 

花子さん、泣いていた。

 

出たのが1時だったので、遅刻かと思ったが、
道が空いていて、ギリギリ間に合う。
でも、運転している最中、憂鬱な気分だった。
商談中は、明るく振る舞うが、行き帰りは、
どっと疲れが出る。
肩の上に、
重いものが乗っている気分。

 

気持ちが、落ち込みっぱなしだった。
晴れることはない。

 

6時頃、家に帰る。
部屋に上がると、花子さん、
意外なほど、明るい。

 

どうだ、大丈夫か。

 

平気だよ。

 

笑顔に、救われる。
晩御飯の支度をして、食事。

 

テレビを見ながら、笑っている。

 

ずいぶん機嫌が良さそうじゃん。
出かける前は、ひどかったな~

 

なにが?

 

覚えてないの?
「暴力事件」があっただろ。

 

そんなの、あるわけないじゃん(笑)

 

すっかり、忘れているみたい。

 

夜、一緒に風呂に入ったら、
 ( 今は一人で風呂に入るのが難しくなり、
   一緒に入ってます。 )

花子さんの指の付け根が、
赤く腫れている。

 

僕の肩と足には、あざが。
ニヤリとしながら、
わざと、

 

あれ? ?
花子。
手に、ぶつけた痕があるぞ。

 

ほんとだ。
どうしたんだろう。

 

僕の足に、アザがあるな~

 

そこで、じっと目を見る。

 

エッ。
何もしてないよ。

 

そうか~???

 

これで、終り。

 

元気な頃、
花子さんとは、よく喧嘩をした。
一度、喧嘩をすると、
1週間口をきかないなんて、ざら。
この病になってからも、多少は、
尾を引いていた。

 

でも、今回は、
すっかり、忘れている。

 

認知症は、直前のことを忘れる。
最近、忘れることが強くなっている。

 

まあ、
嫌なことを、すぐ忘れるのは、
見習わないと。

 

僕が、いつまでも、気にして、
重く背負い込んでも、仕方ない。
切り替えを早くしないといけない。

 

まだまだだな。
花子さんに、教わってしまいました。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

コメント
同様に
分かりますね。

家の場合、滅多に荒れることはないのです。
なにか詰まると、ふさぎ込むタイプなんで
ぶつかることはなかったんですけど、
最近、僕に対して少し言い返すようになってきました。

一瞬一瞬を生きていると分かっているし
複雑な思考は無いとも思うのですが
フッと僕が自分の考えを優先したくなる。

まず聴いてやろうと、心しているんですがね。



2009/01/10(Sat) 00:41 | URL | M | 【編集
別のところに反応しちゃったわ。
スリブリさんと花子さんが、以前ケンカされて、
1週間も口をきかないことがおありだったこと、
想像できないなぁ。
まともにぶつかるのは、
それだけ、感覚が近いということかしら?
原因は、いつもはっきりしたことなのでしょうか?
よくそんなに黙っていられるのね。

なんだか、この記事の一件も、
私には普通の夫婦喧嘩に思えます。
そう感じるのは、
記事が、落ち着いて書かれているからもあると思うけど、
スリブリさんが花子さんを、妻として見ていらっしゃることと、
(妻>病人という意味です)
お二人のベースが、明るいからではないかしら?
ともあれ、
スリブリさんが、車で事故に遭われなくて(起こさなくて)
良かったです。
2009/01/10(Sat) 01:39 | URL | かめこ | 【編集
共感
はじめまして。通りすがりですがコメントさせて頂きました。私は20才で祖母が82才、50才の母が痴呆の祖母を看病しているのですが最近母がノイローゼ気味になっています。自分がしっかりしようと思うばかりにミイラ捕りがミイラになってしまった状態です。でもこのブログを読んで私が励まして3人で頑張ろうと思いました。イラッとしてしまう時もありますが、それも病気のせいなので理解して付き合っていきたいと思います。これからも閲覧させて頂くので更新頑張って下さい。応援しています。
2009/01/10(Sat) 04:07 | URL | 通りすがり | 【編集
はじめまして
全部は読んでませんが、ちょっと読ませていただきました。
私は実家住まいで、うちの母が、祖母がアルツハイマーになってから
12年自宅で介護してまいりました。その時代はまだ措置の時代で
介護分野がまったく遅れてる時代でした。

私には、自分の部屋がなく、生まれて小さい時から、
ずっとおばぁちゃんっ子で育ってきました。
中学になっても一緒に隣同士で布団を並べて…。

一番多感な時期、中学高校と、まじかでみてきて、
やはり大切に思う気持ちが、強ければ強いほど、
その反動で、相手につらく当たってしまう…。
他界しましたが、今でも自分が発したその言葉、態度、行動に
ものすごく後悔を感じます。

かめこさん
自宅の介護は予想以上に大変です。お気持ち察します…。
お母様がお疲れなのであれば、昼だけでもディケアを受けてみては
どうでしょうか?ショートステイ(短期入所)というのもあります。

私の彼女は介護福祉士をしており、今年で10年になります。
ケアマネージャの資格をいま取ろうと勉強していて、私は
まったく別の職業なのですが、もし何か悩みや、愚痴があれば
よろしければ、いつでもご相談くださいね。

一番は周りの理解。これが重要です。
…しゃべってる本人は、自分が異常だとは気が付いていないのですから…
2009/01/10(Sat) 06:00 | URL | straycats | 【編集
スリブリさん
ご無沙汰です
遅ればせながら、あけおめーことよろ♪
コメはあまり入れてませんが、ほぼ読ませていただいてます。

忘れる悲しみと、忘れる幸せ。
やっぱり前向きにとらえれば、忘れてよかった、ってことかな。
嫌なことは( -ω-)ノ⌒━~ ポイ 忘れちゃえ
今年も花子さんとお二人で、振り返って幸せだったと思えるような一年になるといいですね。
2009/01/10(Sat) 13:48 | URL | yell | 【編集
|・∀・)こんちゃ!
スリブリさん お疲れなんじゃ??
かめこさんのおっしゃる通り 車での事故がなくてよかったですぅ!
2009/01/10(Sat) 15:23 | URL | キバっち | 【編集
こんばんわ!
スリブリさんと花子さんでも喧嘩するんですね!昔は、一週間も口を聞かなかったことがあるなんて・・・・なんか、普通の夫婦、私たちと同じや!って、なんか違う意味で嬉しくなりました。

またまた、花子さんに教わりました
いい言葉ですよ。
前向きな姿は、当たり前の毎日を過ごしている私たち夫婦は、感謝しなくてはいけないなっておもいます。
見習っていきたいです
また、おじゃまします。

2009/01/10(Sat) 22:50 | URL | まさごっち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可