最近、もう一つ僕の介助が増えました。

 

それは、歯磨き。

 

花子さんの歯磨きは、一日1回、夜だけ。
これまでは、ずっと自分で磨いていたが、
磨き残しがあるんで、仕上げに、
僕が手伝うことにした。

 

我が家の歯磨きは、変わっている。

  

風呂上りに、テレビを見ながら、
座椅子に座って、15分磨く。
花子さんは、歯磨き粉(今は歯磨き粉なんて言わないか?)
をつけて。
僕は、何もつけずに。
歯磨き粉(正式名称がわからないので、再び)
をつけると、口の中が泡だらけになって、
テレビを見ながらなんて、とても無理だけど、
花子さんは、大丈夫なんだな~

 

歯を磨くと言うより、歯茎のマッサージが主。
これは、もう20年位前から。
花子さんが通ってた歯医者さんに教わり、
僕も一緒にやるようになった。

 

そのお蔭で、僕はこの年になっても、
すべて自分の歯。
一本も抜いてない。
歯医者さんで、磨き残しの検査
(薬品を口に含んで
赤くなると磨けていないという検査です)
をしても、
いつも及第点。

 

花子さんも、ずっとっしょにやってるんだけど、
最近は、同じところばかり、こすっているだけ。
これ、頭の中で、
前、横、上、下、表、裏の順番を考えるので、
今は難しい。

 

口を流しに洗面所へ行ったとき、
僕も一緒に行く。

 

口をすすいでから、今度は僕が磨いてあげる。
以前、歯茎の腫れが見えたときに
僕がやってあげようとしたら、
頑固に嫌がった。
今は、素直にやらせてくれる。

 

始めた一週間くらい前、
歯茎に少し歯ブラシを当てただけでも、
出血した。
傷つけないように、 無理してこすらず、
軽く、歯ブラシを当てる。
それでも、血が出てくる。

 

その日は、歯ブラシが真っ赤。
花子さんに見せたら、驚いていた。
腫れた歯茎の血は、出した方が良い。

 

毎日繰り返していたら、
最近は歯茎が引き締まってきて、
出血も少なくなってきた。

 

歯は大事だからな。
食べる楽しみを、いつまでも残してあげたい。

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

コメント
こんばんは~!
なんか いぃですね~!
夫婦で歯磨きかぁ~~!
そうですよね~!
『自分の口から食べる楽しみ』は、いつまでもあって欲しいですよねぇ~!
2009/03/10(Tue) 21:15 | URL | キバっち | 【編集
はじめまして
いつも拝見しております。歯科衛生士をしております。
歯磨き介助をされた経過を読ませていただき、思わずコメントしました♪
「家族の方の介助歯磨きが必要だなぁ」、「してもらえたらなぁ~」と思うケースでも、なかなかお願いしにくいものなんです。
ご主人に奥様の口腔ケアをしていただく時は、おむつ交換と同様の躊躇がおありになる方もおられます。
奥様の今できる部分を大切にされ、フォローが必要な部分を的確になされている事‥嬉しくなりました。
かかりつけ歯科での口腔ケア指導を実らせておられるのでしょうね!
腫れている歯肉が出血しても「やさしく」磨いておられる様子が目に浮かびます。
歯肉炎は、歯ブラシが触れるだけで派手な出血をすることがありますが、清潔に保っていく事で出血しなくなるんですよね。
血を見るだけで触りたくなくなるものですが、奥様に対する愛情が伝わってきました。
歯磨きで口腔内を刺激すると、脳内でサブスタンスPという物質が分泌され脳が活性化されると言われています。
毎日の習慣も、無意識に役立つ働きをしているんですね。
なんだか私が言うのも変ですが‥
ありがとうございます♪ 嬉しかったです♪
2009/03/11(Wed) 09:27 | URL | い〜よん | 【編集
今晩は
はじめましてm(_ _)m
アルツハイマーについて検索していたらちょうど目に入ったので拝見させていただきました。
外野の私が言うのはお気に障るかもしれませんが、是非あなたを応援したいと思いました。そして、勝手ながら、もしアルツハイマーについて入試で出された時、あなたの記事を引用させていただきたいのです。勝手なのは重々承知しております。しかし、あなたの日記を読んでいると奥様への愛情を感じ、感銘を受けずにはいられませんでした。ふと私の顔が緩み和んでいたのです。この気持ちを合格のためではなく、あなたへの敬意と感動として私に書かせて下さいm(_ _)m
奥様と一緒にがんばって下さい!!!私も、食べる楽しみを大事にしたいです。
2009/03/11(Wed) 21:26 | URL | とある受験生 | 【編集
はじめまして。
ケアウェルと申します。

ブログサーフィンをしていて、こちらに伺いました。
私は、在宅のヘルパー&2級ヘルパー講座の講師をしております。
4月からは、在宅のケアマネージャーとして勤務する予定の者です。

私たち介護職者も「歯磨き」について、もっと意識を高めるべきだと
最近思います。
やはり、口の中は歯も含めて、体で重要な役割を果たす部分ですから、そこの介助がないがしろになっては、いけないと思っております。
(個人的な意見で、失礼しました。)

私も、介護に関するブログ(「介護ブログ」といいます)を書いております。
具体的な介護の方法、介護保険など、「分かりやすく!」を、モットーに綴っております。
もし、お時間があったら、お立ち寄りくださいませ。

季節がら、ご自愛くださいませ。
2009/03/13(Fri) 12:17 | URL | ケアウェル | 【編集
はじめまして
はじめまして、最初の記事から今日の記事まで3日間かけて読ませて頂きました

正直何を言えば、どのような言葉を使えば伝わるのかわからないです。
それぐらい真っすぐに心の中に入ってくる毎日の葛藤やお二人の愛情の深さ、大変さや辛さでした。
私の母はうつ病でした。なにもできなくなってしまった母に、父はなにもせずただ母を責めきついことを言っていました。
なので、花子さんのことをきちんと理解して傍にいるスリブリさんの毎日をみて、驚きました。スリブリさんのような人もいるんだと思いました(もちろんいい意味です)
一昨年母は自分でいってしまいました。
私の父もスリブリさんみたく優しく母を支えてくれるような人だったら…と何度も思いました。

花子さんの心は幸せだと思います。大変なことはたくさんたくさんあると思いますが、花子さんはスリブリさんが旦那様でよかったと必ず思っています。
お二人の間には信頼や愛がたくさん溢れていると思います。

なんと言葉にしていいのかわからないのですが…このブログに出会えてスリブリさんのようなかたがいることを知れて私は幸せです。

言葉の表現に失礼があったらごめんなさい。
長文失礼いたしました。
これからも読み続けていきます、よろしくお願いします。
2009/03/13(Fri) 17:45 | URL | (^-^) | 【編集
始めまして
歯磨きという介助
奥様への愛を感じます

これからも楽しみにしています

私の在宅介護日記も読んでみてくださるとうれしいです
2009/03/13(Fri) 22:47 | URL | ねーちゃん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可