花子さん、おなかの風邪以来、
認知症の進行が、速まった気がする。

 

風邪の前までは、出来ていたのに、
急に、出来なくなったことが、多くなった。

  

寝込んだことと、関係あるのかな?
食欲、生活が戻れば、風邪の前の状態まで、
戻るのかな?

 

一度は良くなったが、
数日前、再発してしまった。
今回は、熱は出なかったが、
吐き気、腹痛は同じ。

 

病院に行って、再検査をしてもらう。
前回検査結果の、肝臓の数字が、良くない。

 

  GOT (肝臓病の有無)   
   50  標準 10~40    
  GPT (肝臓病の有無)   
   108  標準  5~45
  γ-GTP (アルコール・薬剤による肝臓障害の診断) 
   238  標準 45以下
  クレアチニン (腎臓の機能)
   1.06  標準 0.46~0.82
 
 
 CRP  (体内に炎症が起きているかの検査) 
   0.9  標準 0.3以下
   ( 今回の数値です。
     これが、前回指摘された、悪い数字です。
     前回は、200でした。 )

 

同じ薬を頂いて、しばらく様子を見ることにした。

 

進行を感じることは、色々ある。

 

尿失禁が出てきた。
   夜、寝てる時ではなく、昼間。
   お風呂に入るとき、服を脱がせていたら、
   オシッコの臭いがする。
   ズボン、パンツが大量に濡れていた。

 

   花子さんは、漏らした意識がない。
   ベッドに鼻を近づけても、臭いはしない。
   座椅子は濡れていないが、臭った 。
   歩ってる時に漏らして、そのままにしたかな。

 

   花子さんが気がつかないように、
   洗濯機の中に入れた。

 

暴力が、始まった。
   でも、以前の時みたいに、激しい暴力ではなく、
   蹴飛ばしたり、手でぶつ程度。
   自分の意思が伝えられず、
   不満が行動に出るんだろう。

 

   ハグをして、なだめれば落ち着く。

 

1階で仕事をしていると、2階から大きな音がする。
   力強く足踏みをしている。
   幸い、両親は耳が遠いので、音は聞こえない。
   でも、家が響くほどなので、感じてるかな。

 

   2階に上がると、ベッドマット、布団、椅子、ゴミ箱は
   ひっくり返っている。
   僕が仕事で外に出て、帰ってきた時も、
   同じ状態。

 

   ストレス発散と思えばよい。
   何も言わず、片付ける。
   家事が増えてるな~

 

衣服が着れない。
   以前から衣服の着脱は、
   手助けが必要だった。
   でも、着る服を渡して、
   向きを教えれば
   ( 向きを教えないと、裏表、
   前後は、60%以上、逆に着る )
   着ることが出来た。

 

   今は、服の形がつかめず、
   どこに手足を入れれば良いのか、分からない。
   靴下、靴も、片方だけ履いて、
   両足を履かなければいけないのに、気づかない。

 

判断力が、急激に落ちている。
   今までも、自分で決めることはなかったが、
   出来ないことが増え、
   こんなことまで!? と思うことが多い。

 

   一歩先を見なければいけない。

 

同様なことが、生活面のすべてに出ている。

 

体重も、3kg減ってしまった。
食欲が、戻らない。

 

早いとこ、食べれるようになって、
遊びに出かけるのを、
楽しく思えるようになれば、
風邪の前の状態まで、
戻ってくれるかな。

 

   この間、家族会の散策、
   鎌倉長谷寺の、紅葉ライトアップ、
   毎年恒例の、親友夫婦との
   ボジョレ・ヌーボを飲む会。
   色々と、連れ出してるんです。
   でも、のりがいまいち。
   僕にとっては、楽しいことだったんで、
   遅れ遅れで、 書きます  書く予定。 

  
    
 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

コメント
スリブリさん、こんばんわ。

花子さんの体調不良心配ですね。
アルツハイマー病は進行性の病だけれど、
それがわかっていても、
つらいものがあります。
でもスリブリさんが一緒に外に出掛たり、人と会ったりして
環境を変えたりと、脳を刺激して
花子さんの進行が遅らされているのも事実です。

今年のボジョレ・ヌーボは出来に関する前評判が良かったけど、
うちのママいつのまにか忘れていて
今年は機会を逃しました。

ランchanによろしく。
2009/11/27(Fri) 03:21 | URL | マーシャ | 【編集
初めまして。1年程前からブログ読ませて頂いてます。
私は、8年前に若年性アルツハイマーと診断された現在58歳の父の介護をしています。
ブログは母と読ませて頂いていますが、共感すること・勉強になることが、たくさんあります。
今回の風邪による進行の件ですが、医学的にではなく私たちの経験からですが、うちの父は毎年夏になると症状が悪化します。
そして、涼しくなってくると少し回復します。
暑いと頭が回らないのでしょう。
熱を出したことでそのような関係性があるのかもしれません。
父は風邪を引かないので、参考にならず申し訳ありません。
ちなみに、うちの父は花子さんより進行している状態です。
失禁やトイレの場所がわからず、私の部屋にすることも…
簡単な言葉でさえ、なかなか通じません。
が、私が住む場所は田舎なので
若年性アルツハイマーに対する理解もデイサービス等もなく
同じように介護をする者同士の交流の場もありません。
ですので、このブログの存在にとても感謝しています。
お互いこれから長いですが
自分を見失わぬよう、介護していきましょう。
長々とすみませんでした。
2009/11/27(Fri) 12:44 | URL | みん | 【編集
私の母が失禁が増えた時は
失禁パットの入ったパンツをはくように
デイサービスの方に教えて頂きました。
花子さんの抵抗が無いのであればパンツタイプ
のオムツを使用を考えてみてもいいと思います。
後、食欲の事ですが、母も一時期からガタンと食欲が落ち
痩せてしまった事がありました。
まだ自分で食事を食べていたので
本人がいらないと言う言葉をそのまま
受け止めていました。
でも、しばらくして最初は自分で食べていても
途中からどうすればいいのかが解らなくなって
いたみたいなのです。
それが解ったのは、デイサービスのスタッフに
教えて頂いたからです。
私たちは『食べてごらん』とあたり前に言っていましたが
母には食べるという事自体が解らなくなっていたのです。
教えて頂いてからは最初は自分で食べて、残りは口まで
運んであげるようにしました。
自分で出来る事は自分でさせなくては
という思いがありましたが
ちょうどその時期に主治医の先生に言われたのが
『出来なくなった事を探すのではなく
まだこれが出来ると考えてあげて下さい』と。

先月、母は何度か危篤状態になり
ましたが、少し持ち直しました。


2009/11/27(Fri) 13:17 | URL | コテツ | 【編集
こんにちは。
素人判断ですが、
体調不良が認知機能の急激な低下や不穏原因のような気もしますが・・・。早く病気を恢復したいですね。
妻の場合は少しの体調不良時の外出でも想像以上の疲労とストレスのようです。いつも出来ることでも、すぐに混乱して介助が必要になります。また、ちょっとした指のささくれでも、軽い不穏状態にもなります。要注意です!
自営の場合は難しいと思いますが、できるだけ側にいて優しい対応で不安を軽減するしかないのでしょうね。
2009/11/27(Fri) 13:42 | URL | のんた2号 | 【編集
こんばんわ!
確かに体調が悪くなると
症状も悪くなってしまうのかも知れませんよね・・・
って うちにジジ様は寝たきりの状態でそうなって来てますから・・・
もう キバの事は「分らない」そうです。(言葉が出ないので 首を振ります)
花子さんは 体調が良くなれば 少しは回復してくれるかも??

スリブリさんも お身体 ご自愛くださいね!
2009/11/27(Fri) 17:42 | URL | キバっち | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可