先日、月に一度の
精神科の診察があった。

 

前月は、Dr.が学会に出席だったので、
入院の時の、担当医に見て頂いた。

 

主治医の診察は久し振りだ。

 

名前を呼ばれて、診察室へ。

 

花子さん、お元気でしたか。

 

ハイ。

 

入院の時は、大変でしたね。
体の調子は、どうですか。

 

大丈夫です。

 

ご飯はちゃんと食べられますか。

 

ハイ。

 

夜は寝れますか。

 

ハイ。

 

僕のほうを向き、

 

どうですか?

  

はい。
退院後、見当識障害がかなり出て来ています。

 ( 見当識障害とは、時間や、場所、人など、自分の
   おかれている環境を理解する能力が、衰えている
   障害です。 )
いつも使っている、家の中が分からなかったり、
時間の感覚が、なくなっているように感じます。

 

入院前は、私が仕事でいなくても、
部屋にいることは出来たんですが、
どこにいれば良いのか、居場所が分からず、
いつも、付いて回っています。
仕事場に連れてきて、横の椅子に座らせています。

 

それから、これまでは、着る服が分からず、
順番に手渡ししていました。
渡せば、自分で着れたのですが、
今は、袖通しまで手伝わないと、
着れなくなりました。

 

そうですか。
環境の変化で、入院をきっかけに、
変わってしまうことがありますからね。

 

精神的には、わりと安定していて、
荒れたりすることはないです。
入院前は、腰痛がひどかったんですが、
真っ直ぐ、長期間寝ていたのが良かったのか、
痛がることが、なくなりました。
そのお陰で、穏やかに過ごせています。

  ( コメントで指摘されたのですが、
    腰痛がなくなったのは、胆管結石を取ったからかも
    しれません。
    結石の影響は、色々あるようです。 )

 

私の言うことを、素直に聞いてくれるので助かってます。

 

そうですか。
花子さん、全部ご主人がやってくれて
良かったですね。

 

はい。
ありがたいです。

 

そろそろ、デイサービスも考えたほうが良いですね。
ご主人がいないとき、急に体の具合が悪くなったら
大変でしょう。

 

・・・・・・

 

最近、家族会の集まりに、
二人で、出かけ始めました。
若年認知症の、ご夫婦の集まりで、
色々なところを、散策しています。

 

それは良いことですね。
だんだん慣れてくるといいですね。
では、薬は、いつもと同じで良いですか。

 

お願いします。

 

花子さんは、このDr.を信頼している。
良い関係が、保たれている。

 

頼りになれるDr.が、主治医で助かってます。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

 

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可