こんなタイトルだと、
皆さん、ビックリされるかもしれません。

 

愛犬、ランのことです。

 

そして、無事退院しましたので、
安心して、読んでください。

 

では、ここから。

 

 

 

 

3月11日(木)19時ごろ、
日課の、晩飯前散歩。

 

ランは、散歩途中で「オシッコ」をしてから、
その後、出なくなってしまった。

 

 

以前、花子さんが、「総胆管結石」で入院した時、
不思議なことに、ランも尿管に結石が詰まり、
病院で治療してもらった。

 

  その時 「どうなってんだ? これは!!」 で記事にしています。
             ↑
          ここをクリック

 

ランはすぐ治り、
それに合わせたように、
花子さんも、完治した。

 

同じ日に、同じような病気になり、
ランが、引き受けてくれたように感じた。

 

花子さんの、看病をしている時も、
ランには、たくさん励まされた。

 

花子さんも、同じ。
この前の日記にあるよう、
花子さんは、ランがいることで、
どれほど、心強いか。

 

大事な、大事な、家族です。

 

 

 

ランは、朝ご飯を食べると、
いつもトイレへ行き、
規則正しく、オシッコをする。

 

11日の夜から、12日の朝まで、
オシッコを、しなかった。
11時ごろ、もう一度見に行ったが、
やはり、していなかった。

 

落ち着きがなく、うろうろしている。

 

トイレに向かった。
一安心。

 

しゃがんで、踏ん張っているが、
オシッコが、出てこない。

 

短い間に、何度も繰り返す。
やはり、出ない。

 

病院へ連れて行こうと思い、
一階に降りて、仕事を片付け。
もう一度、上がる。

 

ランは、部屋から出て、ベランダにいた。
ベランダへ行ったら、
なんと、
吐いた跡が、4箇所あった。

 

病院へ電話する。
診察時間の12時を過ぎていたが、
診てくれると言う。
すぐに、連れて行った。

 

前回は、尿道からカテーテルを挿し、
詰まっている石をはずして、
オシッコが、出るようになった。

 

今回は、いくら挿しても、
先端が、入っていかない。

 

緊張していると、収縮して、
尿道カテーテルが入っていかないので、
お預かりして、麻酔をして見ます。
麻酔を掛けて、筋肉を緩ませてみましょう。
夕方、連絡します。

 

病院へ預けて、花子さんと帰る。

 

4時頃連絡があった。
6時に、出かける。

 

カテーテルが入っていきませんでした。
レントゲンを撮ったら、
膀胱から尿道にかけて、三角になっているんですが、
そこにすっぽりと、大きな石が詰まっています。

 

膀胱の中にも、大小の石が、10個以上あります。
これまで、s/d と c/dを食べていて、これだけあると、
薬で溶かすのは難しいです。

 

開腹手術をして、洗い流して、
全部取り出したほうが、良いと思います。

 

  ( s/d は、結石を溶かすドッグフード
    c/d は、結石を、出来にくくさせるフードです )

 

30分くらい、色々な説明をして頂いた。
細菌感染から出来ている石もあるらしい。
これは、溶かすことが難しい。

 

花子さんの、
胆管結石を、取り出す手術を、
行った後だったので、
僕も、多少知識があり、
疑問点を質問し、
適切な答えをもらえた。

 

お腹を切って、膀胱も切る。
ランがかわいそうだが、
完治させるために、必要。

 

手術を頼んだ。

 

 

 

手術後の話は、またあとで。

 

レントゲン写真を撮ったので、載せます。

 

レントゲン 

 

わかるかな?
膀胱の中に、大きい石が出来ている。

  

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/15(Mon) 21:36 |  |  | 【編集
大事に至らなくてよかったですね
うちも猫がいて、油断すると尿道結石になってしまいます。
数日で死にいたってしまうので、怖い病気ですよね。
動物は何もいいませんし・・・・・。
ランちゃん、手術は大変だったでしょうが、無事退院できたみたいでなによりです。花子さんも安心なさったのではないでしょうか。
2010/03/15(Mon) 23:06 | URL | テン@ボストン | 【編集
先に内容が記載されていたので安心しました


家族の一員であるランちゃんの病気は焦らされますよね

とりあえず無事で良かったです
2010/03/15(Mon) 23:09 | URL | よし | 【編集
成功したのね?
今はもう落ち着いているのかしら
ランちゃん 痛かったろうね 辛かったろうね
考えるだけで胸がつらくなるわ~

でも、 スリブリさんがしっかりお世話してて 様子がおかしいことも気が付いて
ランちゃんは 幸せだよ。  本当に良かった!
うちのにゃーも 石が出来やすい体質だから心配です。
月に1度はチッコ検査にも行ってます。

花子さんも 安心しただろうね。
術後の体力が 早く戻りますように・・・
2010/03/16(Tue) 00:35 | URL | ウルル | 【編集
感服してます
つい最近、テレビで若年性アルツハイマーを知り、ネットで調べたらたどり着きました。

私はまだ30代です。四歳児を毎日格闘しながら育てています。
今は引っ越し目前で、来月からは幼稚園が始まります。

そんなことだけで、毎日バタバタなのに、スリブリさんには感服します。

20代の時に、おばあちゃんの介護を数ヶ月経験しましたが、どんどん弱っていくおばあちゃんを介護するのは、精神的に参りました。

いつ、この生活から抜け出せるのだろう…と、思ってはいけないことをつい思ってしまうこともありました。

あの頃は、結婚したばかりで、若かったから余計に辛かったんだと思います。

おばあちゃんの介護に比べたら息子を育てるのは楽しくてたまりませんが…。

上手く表現出来ないけれど、スリブリさんの奥さまへの愛が凄く伝わるブログで、読んでいて自分も幸せな気分になったりします。

夫はもちろん愛しているけれど、夫に何か会った時、私スリブリさんみたいに出来るかしら? …しなくちゃね(笑)
2010/03/17(Wed) 01:28 | URL | 四歳児の母 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可