花子さんは、自分の居場所が分からないのは、
相変わらずだ。

 

1階の仕事場に、一緒に座らせているが、
僕が、仕事に集中したい時、 

 

ちょっと、2階に行ってれば。
ランが一人で、寂しがってるぞ。

 

2階になんて、行ったことがないから
わからないよ。

 

2階は、花子と僕の家だよ。
行ってかまわないよ。

 

わかんない。

 

じゃあ、一緒に行こう。

 

本当に、分からなくなっている。
始めての家に行くような、雰囲気だ。

 

 

 

そこで、

 

花子さんが一番落ち着く、
ベッドが置いてある部屋の壁に、
写真を貼ることにした。

 

  自分の家ということが、わかるように。

 

  花子さんと、僕と、ランの写真を貼って、
  落ち着ける場所だと言うことを、知らせるために。

 

  楽しく遊びに行ったことを、
  思い出してもらうために。

 

机の中を見て、とりあえず、写真を貼った。

 

寝室 

 

意外と、写真が少ない。
パソコンの中には、たっぷりと溜まってるんだけど、
プリントしないからな~

 

今度、たくさんプリントして、写真で、一杯にしてやろう。

 

映画、「明日の記憶」で、こんなシーンあったな。

 

ついでに、ベッドの間にいたランも。

 

ラン 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリック、お願いします。

    ↓
banner_03.gif 

 

コメント
素敵なアイディアですね
とても素敵なアイディアですね。
ずいぶん前にNHKのドキュメンタリーで見た、若年性アルツハイマーのご夫婦のおうちも、写真をいっぱい貼っていらっしゃったような記憶があります。
写真は視覚に訴えられるので、効果が期待出来そうですよね。
また、いろいろなアイディアも紹介してください。
2010/03/01(Mon) 00:28 | URL | しかまる | 【編集
ホント!
しかまるさんのおっしゃる通り
ステキなアイディアだと思います!
前に撮った写真なら また色々思い出して会話が弾むかもしれないですよね!?

余計な意見は『耳日曜』がいいらしいですよ~!

まだ 寒暖差が激しいです。
お二人とも お体ご自愛下さいね~!
2010/03/01(Mon) 20:42 | URL | キバっち | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/02(Tue) 12:53 |  |  | 【編集
はじめまして
1ヵ月半ほど前に最愛の妻が脳出血で倒れ、いまもまだ意識がありません。
でも、スリブリさんと同じように、周りの友人やペットのワンコに支えられて、なんとかここまで来ました。
子どもたちにも助けられています。
病気によっても、夫婦の愛情は変わらないということを、つくづく感じています。
病名や症状は違いますが、過去の日記、気持ちの持ち方など、とても参考になりました。
少し前の日記で話題になっていた、妻のことをブログに書くことの意味も、深く考えさせられました。
2010/03/02(Tue) 14:17 | URL | junflower | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可